6日、高橋克典、木村多江、檀蜜出演の人生を変える一杯のコーヒーの物語「珈琲屋の人々」スタート!予告動画

[2014年04月06日16時48分]  【ドラマ】

今夜6日(日)からNHKBSプレミアムで放送開始するドラマ「珈琲屋の人々」は、東京下町のレトロな喫茶店『珈琲屋』に集う人々を主人公とした全5回で放送する短編ドラマ!短編小説が原作で、高橋克典、木村多江、檀蜜、小林稔侍が出演する大人の物語…番組公式サイトに予告動画が公開されている。

原作は、2009年『小説推理』(双葉社)にて掲載された池永陽の短編小説。2013年には「ちっぽけな恋」というタイトルで続編が出ており、今年1月から「続々・珈琲屋の人々」の連載が開始されている人気作品だ。

物語の舞台となるのは、東京下町の商店街にひっそりと佇むレトロな喫茶店『珈琲屋』。悩める心を店主のいれる美味しいコーヒーで幸せにしてくれると、常連客がいっぱい。そんな奇跡のコーヒーをいれるのは、店主・宗田行介。しかし、行介も心に大きな傷を持っていた。行介は、人を殺めた過去があった。自分は決して幸せになってはいけないとストイックに生き、亡き父の「一杯の珈琲が人生を変えることもある」という言葉を信じ、珈琲をいれ続けていたのだった。

主人公の行介を演じるのは1月期のフジ「医龍4」で、敏腕経営コンサルタント役をクールに演じた高橋克典。行介の心の傷と大きなかかわりを持つ女・冬子役は物憂げな表情が美しい木村多江。メインキャストの二人を見るだけでも大人チックなストーリー展開を予感させるが、ドラマでは、二人の許されない愛を縦軸に、毎回喫茶店に現れる客の持つ問題や悩みを横軸に描いていく。他にも、小林稔侍が行介の事件を担当していた元警察官の秋元役を演じ、檀蜜が謎めいた空気感を醸し出すおでんや「伊呂波」の美貌の女将役を担当する。他にも八嶋智人、渡辺えり、吉行和子らベテラン実力派が脇を固める。また、倉科カナや美山加恋、秋元龍太朗といった注目の若手俳優も登場する。

気になる今夜放送の第1話では、そんな行介の心の傷と大きなかかわりを持つ一人の女が現れる。女の名前は冬子(木村多江)。観察するように行介を見つめ、カップに口をつける彼女に、行介はひかれるが、それは決して交わるはずがない恋の始まりだった。

日ごろの忙しさは忘れ、ゆっくりとコーヒーを飲みながらじっくり味わいたいドラマだ。

NHKBSプレミアムドラマ「珈琲屋の人々」は、6日より毎週日曜日夜10時から放送。予告動画は番組公式サイトで視聴できる。

【2014年春ドラマを一挙紹介】  【各話のあらすじ】


NHKBSプレミアムドラマ「珈琲屋の人々」番組公式サイト







[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  2. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  3. 【「イニョプの道(下女たち)」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、時代、キャスト紹介
  4. 【「王女の男」(姫の男)を2倍楽しむ】全話あらすじと予告動画
  5. 【「黄金の私の人生(原題:黄金色の私の人生)」を2倍楽しむ】あらすじ、見どころ、キャストの魅力、イベントレポート

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,877タイトル、  87,505作品!

相続の相談