【最終回ネタバレ】竹内結子「スキャンダル専門弁護士QUEEN」スピンドクターの真骨頂発揮!関連動画

[03月16日07時00分]  【ドラマ】

【最終回ネタバレ】竹内結子「スキャンダル専門弁護士QUEEN」スピンドクターの真骨頂発揮!関連動画

©フジテレビ

与田(水川あさみ)クライアントの吾妻(山本耕史)を守るため氷見(竹内結子)に世間の注目を集めさせる!更なる窮地に追い込まれる氷見。しかしそこには大いなる大逆転が待ち受けていた!フジテレビ「スキャンダル専門弁護士QUEEN」最終回(第10話)はFODならびにTVerにて見逃し配信。

竹内結子、6年ぶりの連ドラ主演として注目をあびた「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」。途中、竹内結子の電撃入籍発表など話題に事欠かなかったのだが、初回視聴率が9.3%、2話5.8%、3話6.4%、4話7.1%、5話7.3%、6話6.8%、7話6.2%、8話6.1%、9話6.6%、そして最終回が6.0%(数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)という結果に終わった。

クライアントをスキャンダルや社会的トラブルから守るため、さまざまな情報操作を行う危機管理専門の弁護士(スピン・ドクター)氷見江(竹内結子)が主人公の、異色のリーガルドラマ。

ストーリーはもちろんのこと、劇中で使用された衣裳が世界的ハイブランド「BOUCHERON(ブシュロン)」との全面的タイアップも話題に。氷見江のエレガントでラグジュアリーなファッションは、毎回視聴者を楽しませた。

これまでさまざまなリーガルドラマが放送されたが、日本でスピン・ドクターをフォーカスしたドラマは本作が初。そのぶん、視聴者に馴染みがなかったのが、視聴率低迷の原因だったかもしれない。

しかし、竹内結子を筆頭に、水川あさみ、斉藤由貴、中川大志、バカリズムの息の合った掛け合いは魅力的だった。ストーリー的にも、国民的アイドルの解散、マタハラ、パワハラ、W不倫やDV、電子マネー詐欺などタイムリーな話題がふんだんに織り込まれており、最後まで視聴者を飽きさせなかった。

■最終回(第10話)ネタバレあらすじ
5年前の氷見(竹内結子)が行ったとされる選挙法違反疑惑の記事が『週刊文新』に掲載される。それは与田(水川あさみ)がクライアントである吾妻涼介(山本耕史)を守るため、東堂裕子(泉里香)にリークしたものだった。

与田は吾妻に、氷見を公的な場に引きずり出してほしいと頼む。吾妻は、証人尋問は無理だが調査会の名目ならと、了承。そして、氷見への調査会が開かれることとなった。

マスコミを入れた調査会では、フリージャーナリストの茂呂(佐野岳)、かつての同僚だった与田、マネーク社長・村西(飯田基祐)らが次々と氷見に不利な証言を重ねる。氷見はその全てを否認するのだが、その様子はすべて全国に放送され、選挙違反行為を氷見江が行ったことが確定したかのようだった。

氷見の反論もままならぬうちに調査会は終了。最後に林光蔵総務大臣(山田明郷)が氷見に発言の場を与えると、「私たちは5年前からこの時を待っていた」と氷見が発言した。

そのころ、真野(斉藤由貴)は明時党のドン・五十嵐幸夫(小野武彦)のもとへ。調査会の様子をモニターで見ていた五十嵐は、自分たちが氷見を陥れたことをペラペラしゃべる。それをすべてスマホで録音していた真野。

一方、藤枝(中川大志)は、五十嵐、林、村西の密談の様子を録画。会話も全て録音していた。3人は、5年前に起きたある事件と、選挙法違反疑惑をすべて氷見に押しつけようと話しをすすめる。最後に五十嵐は、娘婿でもある吾妻を、万が一のときには「切れ」と2人に命じていた。

その動画と五十嵐の音声が調査会会場で流され、さらにネット、SNSでも拡散。五十嵐らの悪事はすべて晒されることに。

そもそも5年前、氷見が殺人容疑で逮捕されたことから全ては始まった。当時、明時党で不正行為を公にしようとしていた田村は、上からの様々な圧力で不正を公にすることができなかった。そんな田村が相談した相手が、五十嵐の娘で吾妻の妻である美咲(山崎紘菜)。美咲は「信用できる人に相談するから」と田村に伝えたが、追い詰められた田村は歩道橋の上から飛び降り自殺してしまった。

美咲が相談した相手は氷見だった。そこで氷見は、吾妻と結託して五十嵐らの不正行為を公にすべく、綿密な計画を立てる。五十嵐らの不正行為の証拠を集め、それを公の場で明らかにする。そのため氷見は敢えて与田に、自分を公の場で明時党と対峙できる場を設けてほしいと頼んでいた。

すべてが明らかになり、五十嵐、林は責任を追及され辞任。村西もマネーク社長を辞任。組織ぐるみの選挙違反、隠ぺい行為に世間の目は厳しく、次の総選挙で明時党は惨敗。

時期党首となった吾妻が、明時党を新しく生まれ変わらせるため立ち上がった。これらすべて、5年かけて吾妻と氷見が成し遂げた成果だった。

普段の生活に戻った鈴木法律事務所の面々。そこには氷見の姿も。藤枝が「氷見さん、辞めたんじゃないんですか?」と訪ねると鈴木(バカリズム)は有給と答えた。

フジテレビ木曜劇場「スキャンダル専門弁護士QUEEN」最終回(第10話)は3月14日に放送された。脚本:倉光泰子/三浦駿斗。出演:竹内結子/水川あさみ/中川大志/泉里香/バカリズム/斉藤由貴ほか。第10話ゲスト:山本耕史/山崎紘菜/小野武彦。

番組公式Twitterアカウントは「@queen_scandal」。番組公式Instagramアカウントは「queen_scandal08」。FODにて全話見逃し配信。TVerにて、最新話放送終了後より1週間無料見逃し配信。

フジテレビ木曜劇場「スキャンダル専門弁護士QUEEN」番組公式サイト
FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料!「FODプレミアム」

【2019年冬ドラマ】【関連記事・各話のあらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 韓国ドラマ「不滅の恋人」最終回考:最終回ネタバレとドラマが伝えたかった事、気になるドラマのその後は?
  2. 田中圭主演「あなたの番です」第14話 まだまだ謎が深まる!そして新たな犠牲者が!予告動画と13話ネタバレあらすじ
  3. 【「イニョプの道(下女たち)」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、時代、キャスト紹介
  4. 最終回「不滅の恋人」第20話あらすじと見どころ:兄チュ・サンウクと弟ユン・シユン最後の戦い!豆知識:若き王は王役ご用達の子役
  5. 【「秘密の扉」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景、豆知識

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,839タイトル、  87,232作品!

相続の相談