F1開幕戦 オーストラリアGPは予定通り開催

[03月09日01時34分]  【スポーツ】

F1開幕戦 オーストラリアGPは予定通り開催

3月に突入し開幕戦まであと少し。バルセロナでのプレシーズンテストも無事終わり2020年シーズン開幕戦のオーストラリアGPを待つばかり。それでは、今回は各チームごとの開幕戦に向けての様子を知らせよう。

◇レッドブル
2020年のマシンをテストしたマックス フェルタッペンは、「全域で早いマシンで嬉しい!」と好感触であったことを伝えてくれた。全チームを通して4番手のタイムを記録したのは順当なところか。1~3番手はもちろんメルセデスとフェラーリだ。ここで、4番手にレッドブルが入らなければかなりマズイことになり、マシンの仕上がりがイマイチよくないことになる。
ただ、フェルスタッペンが同じコーナーで2回スピンしてしまっていることが気がかりになるが、フェルタッペンは「攻めすぎたたため」と言っているので、あまり心配しなくてもよいのか。サスのセッティングに問題があるのか?空力の問題なのか?は、まだデータ不足で分からないようだ。
レッドブルのドライバーは、2019年と変わらずフェルタッペンとアルボン。マシンは、正常進化したRB16。ホンダ製パワーユニットの信頼が昨シーズン以上になるのは確かだろう。2019年よりも表彰台に上る回数や優勝の回数は確実に増えることに期待したい。

◇フェラーリ
フェラーリのドライバーは、2020年シーズンもベッテルとルクレール。マシンテストの日は、ベッテルの体調が思わしくなく、ベッテルは集合写真だけ参加して帰宅してしまった。マシンテストは、ルクレールに託されたのだ。
2019年シーズンは、どのチームよりも早いマシンとなっていた。シーズン後半で、直線番長ではどのサーキットでもオールマイティに戦えないことに気づき改良されたモデル。昨シーズンのマシン名は、SF90から2020年シーズンは、SF1000となった。100でなく1000となったのは、今シーズンはフェラーリがF-1参戦1000戦目となる節目の年になるからだ。まさに記念碑的モデルなのだが今シーズン活躍できるのか?今のところはまだ未知数としか言えない。

◇メルセデス
昨シーズンは、オーバーヒートに弱かったメルセデス。シーズン後半にも、オーバーヒート対策をおこなっていたが2020シーズンのマシンは、冷却システムを抜本的に見直しオーバーヒートしないマシンに仕上げたようだ。メルセデスのマシンの唯一の欠点だった、オーバーヒートも対策されたのでハミルトンもボッタスも磐石なレース展開を行えるだろう。
ハミルトンは、ショーマッハのもつワールドチャンピオン最多記録7度目に挑戦。メルセデスは、どのチームも成し遂げられなかったコンストラクターズチャンピオンの7連覇がかかっている大事なシーズンなのである。

◇アルファタウリ
レッドブルのサテライトチームのアルファタウリ。2019年シーズンは、トロロッソのチーム名で参戦していた。2020年シーズンからレッドブルのファッションブランド名アルファタウリにチーム名を変更された。2019年に使われたレッドブルのマシンがお下がりで当てられるが、コンストラクターズ3位のレッドブルの中古マシンでもかなりの戦闘力があるのは間違いない。アルファタウリの活躍なくしては、表彰台をホンダ製PU独占の夢もかなわないので是非とも頑張って欲しい限りである。ドライバーは、昨シーズンに引き続きクビアトとガスリー。

◇中団勢は?
上位勢は、メルセデス・フェラーリ・レッドブルの三つ巴の争いになるのは間違いない。それに続く、中団勢は、どうだろうか。コンストラクターズのポイントでは、145ポイントで4位のマクラーレンが断然優位のようだ。それに続くのがルノーで、91ポイント。マクラーレンとルノーのパワーユニットはルノー製で同じ。両チームとも安定した成績で表彰台こそ伸ばらないが確実にポイント圏内に入賞し、さらに上位に入っていることから得られた成績だ。この2チームに続くのがアルファタウリ(2019は、トロロッソ)。ホンダ製PUのさらなる信頼性UPとマシン熟成が進めばコンストラクターズ選手権4位も夢ではないだろう。

◇中国GPは、新型コロナウイルスで開催延期
2020F-1rd4中国GPは、新型コロナウイルスが蔓延しているため開催延期が決定している。新型コロナウイルスが終息すればF-1開催も出来るのだが、収束するのがいつになるのかで開催されるのか開催中止かどうなるのか分からない。ただでさえ年間22GPを3月中旬から11月末まで詰め込んでいるので、再び中国GPを開催するとなると4週連続GPやF-1サマーブレイクにやるとF-1の夏休みが2週間しか休めなくなってしまう可能性もある。

新型コロナウイルスの終息が、長引けば2020シーズンの中国GPは開催を取りやめになることもあるだろう。しかし、そこにはF-1開催権や放送権などお金がからむ問題が多いので開催しないと大変めんどうなことになるのだ。だいぶ前に、政情不安でバーレンGPが開催延期となって最終GPに組み込まれたことがあったのだが、中国GPではかなり寒い季節になるので最終GPでの開催は出来ないだろう。

さらに、ベトナムGPも4月開催となっているのだが実は中国とベトナムは地続きの隣国なのだ。いまのところベトナムGPは開催延期の話も聞かないがかなり雲行きが怪しくなって来ているのは確かだ。

開幕戦が行われるオーストラリアでは、イタリアからの入国を厳しく制限していてウイルス感染の恐れがあるイタリア人たちを2週間隔離状態にしているとか。これに対してFIAは、F-1関係者に対して対策をして開幕戦のオーストリアGPは無事開催されるようだ。
なによりも新型コロナウイルスの早期終息を願うばかりである。

DAZNのモータースポーツは、F-1に特化していてサポートレースのポルシェカップやF-1下位カテゴリーのF-2やF-3レースの練習走行から予選と決勝がすべてライブ配信され見逃し配信もあるのでF-1ファンに超お勧めなのだ。各GPを振り返るダイジェスト番組のF-1LABはインタビューとダイジェストシーンを加えた見ごたえあるもので、F-1初心者にも良く分かる解説がされていてお勧め。

DAZN

DAZNの申し込みはHPから出来て、とても簡単。DAZNでライブ配信を見るためには、視聴料が月額利用料1,925円 (税込) かかるが、ドコモユーザーは月額980円。DAZNは、1ヶ月間の無料体験を実施しているので、利用してみてはどうだろうか。


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. NHK総合「100日の郎君様」第10話ネタバレなしあらすじと見どころ:ウォンドク、胸キュン台詞連発!
  2. 「100日の郎君様」最終回考:ウォン・シムカップルで果たした復讐!最終回ネタバレと深読み
  3. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  4. 【「100日の郎君様」を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話のあらすじと見どころ、キャストの魅力、評判など
  5. 【「不滅の恋人」(原題:大君)を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,786タイトル、  86,503作品!