BTSはもう国連の常連!100万人以上のファンが視聴!BTS、国連総会演説&パフォーマンスに外信が集中報道

[09月22日15時19分]  【芸能】

BTSはもう国連の常連!100万人以上のファンが視聴!BTS、国連総会演説&パフォーマンスに外信が集中報道
<br/>

BTSが第76回国連総会で「未来世代と文化のための大統領特別使節」として演説を通じ伝えたメッセージに外信も注目!動画ニュースなど紹介。

BTSは20日に開催された国連総会特別イベント「SDGモーメント」の開会セッションで青年と未来世代の声を全世界に伝えた。 パンデミックの状況の中で、より健康に生きるために努力する若い世代の話などを紹介し、共感を集めた。



BTSは挑戦を恐れない未来世代について「コロナによる『ロストジェネレーション』ではなく『ウェルカムジェネレーション』という名前の方がふさわしい。 変化に怯えるよりはウェルカムと言いながら前に進んでいく世代という意味」と強調した。 メンバー全員が韓国語で演説したのに続き、会場など国連総会を駆け巡りながら軽快な魅力の「Permission to Dance」のパフォーマンスを披露し、注目を集めた。

BTS

アメリカの有力メディアは、このようなBTSの行動を深く取り上げている。 ニューヨークタイムズは「国連のメインステージに上がったBTS…100万人以上のファンがリアルタイムで見守った」という見出しの記事をホームページに掲載した。 ワシントンポストも「100万人の視聴者が月曜日を最も熱く盛り上げたイベントを見守った」と言及した後「7人のメンバーは若い世代の経験を分かち合い、未来を見る観点がパンデミックによってどう変わっているのかについて話した」と伝えた。

音楽専門メディアビルボードは「BTSは愛と共同体のメッセージをグローバル舞台にもたらした。 彼らは世界をよりきれいで効率的な場所にするために集中する若い世代に希望のメッセージを伝えた」と紹介した。

BTSが2018年と2020年に続き2021年に3度目となる国連演説に参加したことについて、IT専門メディアのマッシャブルは「BTSはもう国連の常連」と評し、ローリングストーン、バラエティー、ティーンボーグなどの主要メディアがBTSの国連総会での演説とパフォーマンスにフォーカスを当てた。

一方、BTSは第76回国連総会での演説やUN SDGモーメントとのインタビューをはじめ、メトロポリタン美術館の韓国室への訪問、米ABC放送のインタビューなど、活発な特使活動を行っている。

関連リンク
https://www.nytimes.com/2021/09/20/world/asia/bts-un-performance.html
https://www.washingtonpost.com/world/2021/09/20/bts-at-unga
https://www.billboard.com/articles/columns/k-town/9632612/bts-perform-permission-to-dance-un-general-assembly-video
https://mashable.com/video/bts-un-assembly-hall-https://www.rollingstone.com/music/music-news/bts-united-nations-permission-to-dance-1229365
https://www.teenvogue.com/story/bts-climate-change-covid-19-un-permission-to-dance-watch

kandoratop【BTS関連記事】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  2. 藤田(駿河太郎)生存説が濃厚に!?「アバランチ」第8話で渡部篤郎がアバランチに“ある提案”を…第7話ネタバレと予告動画
  3. 今夜放送「FNS歌謡祭」第1夜のタイムテーブル&全歌唱曲発表!東方神起も約2年ぶりに日本の音楽番組に登場!
  4. 【「善徳女王」を2倍楽しむ】(歴史背景と全話あらすじ、キャストの魅力など紹介)
  5. 「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」第19-最終回(20話)あらすじと見どころ:想定外の謀反の結末!BSフジ

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,596タイトル、  85,981作品!