BTS、第36回日本ゴールドディスク大賞にて自身初の10冠!海外アーティストによる初の快挙

[03月14日00時00分]  【音楽】

BTS、第36回日本ゴールドディスク大賞にて自身初の10冠!海外アーティストによる初の快挙

BTSが、「第36回日本ゴールドディスク大賞」で「ベスト・エイジアン・アーティスト」を含む10冠に輝き、海外アーティストによる10冠獲得は史上初の快挙となる!Youtubeにてベストアルバム『BTS, THE BEST』収録楽曲などのミュージックビデオが公開中だ。



3月14日0時に「第36回日本ゴールドディスク大賞」受賞作品・アーティストが発表となり、BTSが4年連続となる「ベスト・エイジアン・アーティスト」の受賞に加え、同賞史上最多受賞を更新。さらに「アルバム・オブ・ザ・イヤー(アジア)」、「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー(アジア)」「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード(アジア)」など計10冠の快挙を達成した。

昨年6月にリリースした日本のベストアルバム『BTS, THE BEST』で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」(アジア)と「ベスト 3 アルバム」(アジア)を受賞。映像作品『BTS MAP OF THE SOUL ON:E』が「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー」(アジア)、「Butter」が「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(アジア)、「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ストリーミング」(アジア)、「ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」「ベスト5ソング・バイ・ストリーミング」、「Permission to Dance」が「ベスト5ソング・バイ・ストリーミング」、Coldplay X BTSの「My Universe」が「ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード」(洋楽)にて受賞し、計 10 冠獲得の快挙を成し遂げた。

10冠はBTSとして最多受賞で、海外アーティストによる10冠獲得は史上初の快挙。昨年の8冠から記録を更新した。「ベスト・エイジアン・アーティスト」の4度受賞は過去最多で、史上初の記録となる。また、昨年に続き、アーティスト部門、アルバム部門、ミュージック・ビデオ部門、ダウンロード部門、ストリーミング部門におけるアジア賞においてオブ・ザ・イヤーをすべて受賞し、2021年がBTSが主役であったと証明した。

BTSは3月10日と12~13日にソウル蚕室(チャムシル)総合運動場メインスタジアムでコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-SEOUL」を開催。さらに、4月にはラズベガスでの公演も決定。4月3日(現地時間)に発表される米国最高のポピュラー音楽授賞式グラミー賞の受賞候補へのノミネートも注目されている。

日本ゴールドディスク大賞HP

BTS 公式ホームページ
Youtubeオフィシャルチャンネル
BTS ユニバーサルミュージック公式ページ

kandoratop【BTS関連記事】


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  2. 「馬医」第35話あらすじと見どころ:王を驚愕させた外科手術!サアム道人逮捕!?
  3. 特別施療庁の不正を糺せ!明かされる素性!「馬医」第36話を放送!あらすじと予告動画-NHK
  4. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  5. 「馬医」第37話あらすじと見どころ:3年ぶり感動の再会!コ首医の遺志を継いで…

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,646タイトル、  86,030作品!