新作公開記念!『トイ・ストーリー4』6/24地上波初ノーカット放送!ボー・ピープ20年ぶり再登場、吹替に竜星涼、チョコプラ登場

[06月22日21時00分]  【映画】

新作公開記念!『トイ・ストーリー4』6/24地上波初ノーカット放送!ボー・ピープ20年ぶり再登場、吹替に竜星涼、チョコプラ登場

©2019 Disney/Pixar. All rights reserved

トイ・ストーリーシーリーズ最新作『バズ・ライトイヤー』公開を記念して、6月24日の日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(夜9時から)では第4作目となる『トイ・ストーリー4』を本編ノーカットで地上波初放送!衝撃のラストに涙が止まらない感動作の予告動画は番組サイトで視聴できる。



おもちゃの世界を舞台にウッディやバズの冒険を描くディズニー/ピクサーの人気シリーズ『トイ・ストーリー』。シリーズの大人気キャラクター・バズの原点を描く『バズ・ライトイヤー』7月1日の公開に合わせ、金曜ロードショーでは2週連続でシリーズ第3作、第4作を放送!そして第2夜となる6月24日(金)は、2019年に公開された、おもちゃたちの新たな旅立ちを描いたシリーズ第4作を初放送する。シリーズ4作を通して主人公のバズ・ライトイヤーは所ジョージ、ウッディは唐沢寿明が声の出演をしている。⇒映画シリーズ公式サイト

明日24日放送の『トイ・ストーリー4』は、ウッディが手作りおもちゃのフォーキーと出会い、かつての仲間との再会をきっかけに今まで見たことがない大冒険を巻き起こす。

『トイ・ストーリー2』で別の持ち主の元へ渡ったボー・ピープが強くたくましい姿で再び登場!吹替は戸田恵子が担当、以前よりアクティブでカッコいいボー・ピープを生き生きと演じている。そしてフォーキーの声を竜星涼、新おもちゃダッキー&バニーの声をチョコレートプラネットの2人が挑戦する。いつか子供に持って帰ってもらうことを夢見る遊園地の景品ぬいぐるみのダッキー&バニー。もふもふで可愛い外見をしているが、実は毒舌コンビというギャップに注目したい。

物語の舞台はウッディたちが、新たな持ち主のボニーのもとにやって来てから1年後。ある日ボニーが幼稚園の工作で作った手作りおもちゃ・フォーキーを持って帰ってくる。ウッディはおもちゃの仲間たちに、フォーキーがボニーの一番のお気に入りと紹介するが、フォーキーは自分をゴミだと思い込み逃亡してしまう。ボニーのためにウッディはフォーキーを探す冒険の旅へ出発するが、そこでウッディはかつての仲間、ボー・ピープと再会。新たなおもちゃたちと出会い、想像しなかった世界を目の当りにする。これまで「おもちゃの幸せは子供のそばにいること」と考えていたウッディ。しかし、たくましく生き生きしたボーとの出会いで、ウッディは「新たな世界」の扉を開くことになるという物語が展開していく。

第1作から第3作までのシリーズを通して、おもちゃたちは子供の成長や幸せを見守る役目を果たしてきた。第4作でもそのメッセージは変わらないが、これまでアンディやボニーなど特定の持ち主のもとで暮らしてきたウッディにとって、誰の所有物でもないボー・ピープの存在が、彼に大きな衝撃を与える。

このボー・ピープはシリーズ1、2でウッディのガールフレンドとして注目を集めた、電気スタンドについている陶器製の羊飼いの人形だ。髪にはピンクのリボン、水玉模様のスカートをはいて杖を持っていつも3匹の羊たちと行動している。心優しい性格でウッディを何かと気にかけていた。実はこのボーにはモデルがあって、マザーグースの童謡「Little Bo Peep(小さな羊飼い)」に出てくる女の子がモチーフになっている。

そんなボー・ピープが自分が思うままに、公園やイベントなど子供たちの集まる場所へ行き、仲間たちと生き生きと暮らす。「おもちゃにも自分らしく生きる道がある」というメッセージが込められており、ラストはウッディたちが出した決断に涙が止まらない感動作となっている。まさに大人向け“子離れ”のストーリーだ。映画公開当時、完璧なラストで幕を閉じた前作『トイ・ストーリー3』の後を受けた作品だけに、違和感を覚えるファンも多かったようで賛否両論の入り混じったが、おもちゃたちの可愛さや友情はそのまま。家族で見ても十分楽しめる作品だ。

※最新作※
最新作『バズ・ライトイヤー』は、「バズ・ライトイヤーというおもちゃはSF映画から誕生した」という設定で描かれるシリーズのスピンオフ。アンディ少年はこの映画が大好きだったのだ。北米では6月17日され、日本でもいよいよ7月1日に劇場公開される。⇒『バズ・ライトイヤー』公式サイト
ビデオ・オン・デマンド・OTTサービス「ディズニープラス」では、『トイ・ストーイー』全シリーズとともに、バズ・ライトイヤーの進化を探る「無限の彼方へ」などを配信しているので、最新作の鑑賞の前にチェックしておくと映画がもっと楽しめるはず。ディズニープラス

■第4作:あらすじ
カウボーイ人形のウッディは持ち主だったアンディの手を離れ、小さな女の子・ボニーのおもちゃになった。ある日ボニーは、幼稚園の体験入園で先割れスプーンを使っておもちゃを作り、フォーキーと名付ける。自分はゴミだからとすぐにゴミ箱に入りたがるフォーキーの面倒を見ることになったウッディ。しかし、家族旅行の途中でフォーキーが車から逃げ出してしまう!

なんとかフォーキーを説得し、ボニーのいる町に辿り着くウッディだが、アンティークショップで昔の仲間、ボー・ピープのランプを発見する。ボーを探して店内に入ったウッディは、人形のギャビー・ギャビーにフォーキーを人質に取られてしまう。そこでアンディは再会したボーと協力して、フォーキー救出作戦を開始する。

■声のキャスト
バズ・ライトイヤー:所ジョージ、ウッディ:唐沢寿明、ボー・ピープ:戸田恵子、フォーキー:竜星涼、ギャビー・ギャビー:新木優子、ダッキー:松尾駿(チョコレートプラネット)、バニー:長田庄平、デューク・カブーン:森川智之、ギグル・マクディンプルズ:竹内順子、ジェシー:日下由美、ミスター・ポテトヘッド:辻萬長、ミセス・ポテトヘッド:松金よね子、ハム:大塚周夫、スリンキー・ドッグ:辻親八、レックス:三ツ矢雄二

■スタッフ
監督:ジョシュ・クーリー
製作総指揮:アンドリュー・スタントン、リー・アンクリッチ、ピート・ドクター
脚本:ステファニー・フォルソムANDアンドリュー・スタントン
音楽:ランディ・ニューマン

日本テレビ「金曜ロードショー」番組公式サイト

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 韓国ドラマ「緑豆の花」第24話(最終回)あらすじと見どころ:崩壊する心、兄弟の運命!チョ・ジョンソク短髪・洋装に
  2. 韓国ドラマ「シスターズ」第10話あらすじと見どころ:またしても青い蘭が登場??ついに明かされたオム・ギジュンの素顔
  3. 【「緑豆の花」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、時代背景、キャスト、豆知識など|韓国ドラマ
  4. 「哲仁王后 俺がクイーン!?」第19-最終回ネタバレあらすじ:戻ってきた王妃ソヨンとチャン・ボンファン|全20話版
  5. 【「哲仁王后」を2倍楽しむ】韓国ドラマ、各話のあらすじ、見どころ、時代背景

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,671タイトル、  86,045作品!