「青春スター」#10ビハインドとカズタが「これでダメなら日本に帰る」覚悟を語った映像公開!

[07月25日17時15分]  【音楽】

「青春スター」#10ビハインドとカズタが「これでダメなら日本に帰る」覚悟を語った映像公開!

「ABEMA(アベマ)」は、2022年7月21日(木)夜9時30分より日韓同時、日本独占無料放送のグローバルK-POPアーティストへの道のりを追う男女の新たなオーディション番組「青春スター」の#10を放送し、TikTok投票中間順位1位のカズタが決意を語ったビハインド映像が公開された。



本番組では、世界を舞台に活躍するスターが誕生する瞬間をお届けするとともに、参加者たちによる完成度の高いステージパフォーマンスや、オーディション番組ならではの挫折や葛藤、そして共に苦悩を乗り越え芽生える友情や希望など、参加者たちの成長過程をリアルに描く。オーディションを勝ち進んだなかから最終的に7組のデビューが確約され、日本デビューも予定。さらに優勝者には1億ウォンの賞金が贈呈される。

決勝戦への最後の関門となる準決勝がスタートし、デビューできる7組が決定した#10。準決勝は、アイドル派がチームでパフォーマンス、ボーカル派とシンガーソングライター派が個人でパフォーマンスをし、準決勝1次と2次の点数の合計が高い順にTOP7が決定。

#10で放送された準決勝1次では、エンジェルミュージシャンたちの居るエンジェルルームがオープンし、参加者たちに直接フィードバックができる状態に。これまで参加者たちを温かく見守ってきたエンジェルミュージシャンたちだが、準決勝からは音楽のプロとして厳しいフィードバックをする場面もあった。さらに会場にいる200人のスターメーカー(※)の投票では、過去最高点と過去最低点が出るなど波乱の準決勝の幕開けとなった。

青春

アイドル派は2組のチームに分かれ、イ・ハンジュン、カズタ、チャン・ヒウォン、チョン・ソンユン、パク・ヒョンからなるキューピッドチームはEXO「Love Shot」を、キム・スンヒョク、ヤン・ジュニョク、ユン・ドハ、ロビン、ロレンスからなるプレイチームはBTS「I NEED U」をそれぞれ披露することに。プレイチームのドハは「ラッパーも2人いるし、うちはバランスがすごくいい」と自信をのぞかせます。「あとは、パフォーマンスをどう修正するかを悩んでいます」と明かすと、同じチームのヤン・ジュニョクは、「正直ほぼ全部(振り付けを)変えると思う」と少し不安げ。すると相手チームのカズタが「大丈夫だよ、ジュニョクがいるから。ジュニョクが…」とジュニョクについて話始めようとすると、カズタと同じチームのヒョンが「ならあっち行ってよ~!」、ハンジュンが「このままだったらカズタ兄さんを除いて『Candy』を踊るよ!」と嫉妬。カズタとヒョンの隣にいたソンユンも悲しげな表情を浮かべ、それをみたカズタは「ごめんごめん!もうやめよ!もう教えないよ」とじゃれ合う場面もあった。

青春スター

そして、それぞれの中間評価では、エンジェルミュージシャンのなかから、踊りのプロであるWINNERのカン・スンユンとWAYBのNO:ZEに見てもらうことに。しかし、プレイチームはスンユンさんに「思っていたより微妙だった」「期待していたより全体的に締りがない」「ジュニョクとロビンとドハのパワーに他がついていけていない」「スンヒョクは体調が悪そうだし、パワフルな曲だからロレンスの振りが遅れてる。そこを直さないといけない」などと痛烈なフィードバックを受ける。

その一方で、キューピッドチームのパフォーマンスを見たスンユンは「完璧だよ!指摘することがないよ」と、その完成度に思わず笑みがこぼれ「今回は一人一人が引き立っていて良いね、よかった」と絶賛。フィードバックをうけてカズタは「僕やソンユンだけが引き立っているとかではなく、一人一人に目がいくというのはチームがすごく良いということなので嬉しいです」と喜びをあらわにするも「ここでダメなら日本に帰る覚悟でいます、もう若くないので」「最後のチャンスだと思ってます」とようやく掴んだラストチャンスにすべてをかける姿勢をみせた。

ついに来週は、デビューメンバーが決定する準決勝2次。アイドル派は2組とも同じ課題曲で点数を競い、ボーカル派とシンガーソングライター派は男性と女性に分かれ、それぞれ共通の課題曲を歌い点数を競います。「尋常じゃない」「初めて鳥肌が…」「決勝で会いましょう」エンジェルミュージシャンたちが賞賛したのは?デビューが確定し、賞金1億ウォンを懸けた決勝に進むTOP7の切符は誰の手に―。#11にもぜひご期待ください。

『青春スター』#10ビハインド箇所
BTS「I NEED U」(キム・スンヒョク、ヤン・ジュニョク、ユン・ドハ、ロビン、ロレンス)
EXO「Love Shot」(イ・ハンジュン、カズタ、チャン・ヒウォン、チョン・ソンユン、パク・ヒョン)

TikTokでは、8月2日(火)23時59分まで視聴者投票を受け付け中だ。『青春スター』の予選・本選ステージには、審査員がおらず、会場にいる192名のスターメーカー(※)と8名のエンジェルミュージシャンによる合計200票の投票によってオーディションが展開されていく。さらに、それに加えて最終回での優勝者選定には、視聴者投票の結果が25%反映されるので、審査員がいない状況で進んでいくオーディションの中で視聴者投票も重要な役割を果たすので、ぜひみなさんも参加されては?(※)スターメーカーとは、「青春スター」の参加者を応援する世界中のファンの名称

▼TikTok投票中間順位(#10終了放送時点)
1位:カズタ(アイドル派)/3,105,900P
2位:チョン・ソンユン(アイドル派)/1,803,700P
3位:ヤン・ジュニョク(アイドル派)/1,544,800P
4位:パク・ヒョン(アイドル派)/1,500,900P
5位:ロレンス(アイドル派)/1,312,000P
6位:イ・ハンジュン(アイドル派)/1,223,200P
7位:リュ・ジヒョン(シンガーソングライター派)/984,300P
8位:ロビン(アイドル派)/951,500P
9位:キム・ジョンハン(シンガーソングライター派)/811,900P
10位:キム・プルム(シンガーソングライター派)/811,000P

TikTok視聴者投票サイト
『青春スター』公式HP

■ABEMA『青春スター』放送概要
#10配信URL:https://clk.nxlk.jp/m/OKtQBFI6C
#11放送日時:2022年7月28日(木)夜9時30分~
#11放送URL:https://clk.nxlk.jp/m/pYLWCtIwC

▼MC:チョン・ヒョンム

▼エンジェルミュージシャン
イ・スンファン
ユン・ジョンシン
キム・イナ
イ・ウォンソク(Daybreak)
ユンナ
ソユ(元SISTAR)
カン・スンユン(WINNER)
NO:ZE(WAYB)

■ABEMA『青春スター』放送概要
#10配信URL:https://abema.tv/video/episode/577-2_s1_p10
#11放送日時:2022年7月28日(木)夜9時30分~
#11放送URL:https://abema.tv/channels/special-plus/slots/BCaCtWohfFPc5V

▼MC:チョン・ヒョンム

▼エンジェルミュージシャン
イ・スンファン
ユン・ジョンシン
キム・イナ
イ・ウォンソク(Daybreak)
ユンナ
ソユ(元SISTAR)
カン・スンユン(WINNER)
NO:ZE(WAYB)

「ABEMA」はテレビのイノベーションを目指し新しい未来のテレビとして展開する動画配信事業。登録は不要で、国内唯一の24 時間編成のニュース専門チャンネルをはじめ、オリジナルのドラマや恋愛番組、アニメ、スポーツなど、多彩なジャンルの約20チャンネルを24時間365日放送している。
さらに、月額960円のABEMAプレミアムに登録すると、限定コンテンツの視聴や「動画ダウンロード機能」「見逃しコメント機能」など「ABEMA」の全ての機能が利用できる。

ABEMAの公式サイトはこちらから


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「緑豆の花」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、時代背景、キャスト、豆知識など|韓国ドラマ
  2. 韓国ドラマ「緑豆の花」第24話(最終回)あらすじと見どころ:崩壊する心、兄弟の運命!チョ・ジョンソク短髪・洋装に
  3. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など
  4. 「哲仁王后 俺がクイーン!?」第19-最終回ネタバレあらすじ:戻ってきた王妃ソヨンとチャン・ボンファン|全20話版
  5. 「鎌倉殿の13人」第38話小栗旬が坂東彌十郎を追い込み二代執権へ!第39話ネタバレあらすじと予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,668タイトル、  86,042作品!