チソンとチソンが3分間共演!韓国ドラマ「アダマス」第1話、異次元な世界観とクセつよキャラでファン魅了

[07月28日21時47分]  【ドラマ】

チソンとチソンが3分間共演!韓国ドラマ「アダマス」第1話、異次元な世界観とクセつよキャラでファン魅了

(c) 2022 Disney and related entities / ディズニープラス「スター」で独占配信中

チソンが真逆の性格の兄弟で一人二役に挑戦する韓国ドラマ「アダマス 失われたダイヤ」がtvNで7月27日(水)より韓国にて放送開始し、ディズニープラスの「スター」でも独占配信され注目を集めた。



「アダマス 失われたダイヤ」は継父を殺した親父の汚名をはがすために真犯人を探す、兄で検事のソン・スヒョン(チソン)、そして殺害証拠であるアダマスを探す弟で小説家のハ・ウシン(チソン)の双子兄弟の真実追跡ドラマ。

タイトルの『アダマス』は、“征服できない”という意味を持つダイヤモンドの語源になったギリシャ語。⇒タイトルの意味とインタビュー、韓国での声など

気になる第1話は、双子の兄弟スヒョンとウシンの正反対の性格や二人が置かれている全く違う状況をテンポよく描き、父の汚名を晴らすために、スヒョンとウシンがそれぞれ違う方法でアプローチを始めるまでが描かれた。

アマダス

■チソンとチソンが共演!?
2人の性格は、目覚めから職場に着くまで、置かれている立場は仕事へ向き合う姿勢を短い尺でしっかり見せてくれた。特に序盤、スヒョンとウシンがツーショットで対話するシーンはなんとたっぷり3分!二人でエレベータに乗り込んだ時には奥の壁の鏡に映る姿を合わせて、なんと4人のチソンが堪能できた。不自然に見せない映像技術も凄いが何よりチソンの演技に驚かされた。会話の間、視線の配りなどまさにチソンが2人いるとしか思えない。チソンはインタビューで、「ストーリーに集中して見ていくにつれ、同じようにしか見えなかった二人の人物が全く違って見えるようにしたかった」と語っていたが、早くも第1話にしてスヒョンとウシンが別人格だと思わせてくれた。

SNSでもチソンの演技力を絶賛する以下の声があった。

・さすがチソンさんの二役面白かったよーーーー!!!
・二役シーンの自然さもいい!
・顔は同じでも性格・雰囲気・考え方などの違いを演じている

一方で、「チソンが一人二役の設定はどうしても必要だった?やっぱ分かりづらい。」という声もあった。

また、第1話の後半は、ほとんどがヘソングループ会長の屋敷が舞台となったが、その豪華すぎる邸宅にも注目が集まった。ちなみにこの邸宅はドラマ「mine」でもロケ地となっていた。ここではクォン執事(ファン・ジョンミン)をはじめ超個性的な面々で、「21世紀に19世紀のマインド」といった台詞もあり、異次元の世界に飛び込んだ気にさせられた。その主であるクォン会長を演じたのは話題作に次々と出演しているイ・ギョンヨン。ディズニープラスで配信中の「ドクター弁護士」にも出演しており、そのイケオジぶりを認めながらも、「そろそろ視聴者に飽きられる気が…」といった心配の声も聞こえた。

気になる第1話の展開はこうだ。

■第1話あらすじ
ベストセラー推理小説作家ハ・ウシン(チソン)は、母親が亡くなる前に残した遺言と匿名の手紙を通じて継父の死に疑問を抱く。

そんな中、カンチョン刑務所で死刑宣告を受けている囚人イ・ドクスによる同房全員の虐殺事件が起きた。韓国では1997年以降死刑を執行していなかったが、この事件を受けて世の中は「死刑執行の再開を求める」声が沸き上がった。

1か月後、ウシンは依頼のあったヘソングループの総帥クォン会長(イ・ギョンヨン)の回顧録代筆依頼を受け、ある目的をもってヘソンウォンに侵入した。

ヘソンウォンでは最先端セキュリティシステムと徹底的な裏調査、そして従業員たちの不気味な視線の中で、オ女史(ウ・ヒョンジュ)から「オーナー一家のプライベートな領域、特に3階の会長執務室には許可なく入らないこと」と警告を受けた。

ウシンは、イ・ドンリム(シン・ヒョンスン)が勝手にアシスタントを買って出てついてきたおかげで計画に支障をもたらしたが、彼が持ってきたケシの花を追って花園で長男の嫁ウン・ヘス(ソ・ジヘ)と出会った。

アマダス
アヘンの違法栽培についてウシンが聞くが、「この家に違法はない。何でも可能だ」と悪びれないヘス。ここでインタビューもうけると言い、会長については「会社のために何でもできる方」と前置きし、「ヘリコプター事故で亡くなった義理の弟、本当に事故だったんでしょうか?」と意味深な発言。そして彼女は「ここではたくさんのことを知るほど、危険になるので、一日でも早くこの家を離れるように」とウシンに忠告した。

ヘリコプターで帰宅したクォン会長(イ・ギョンヨン)は、ウシンがヘスと会ったことも知っており、ヘスとの会話を一部始終知らせるよう強要。ウシンはこれをきっぱり断るが、クォン会長は許さない。それでも退かないウシンの断固とした態度に、クォン会長が引き下がった。

アマダス

一方、中央地検の検事のソン・スヒョン(チソン)は、TNC社会部の記者キム・ソヒ(イ・スギョン)から、大統領候補のファン・ビョンチョル(キム・ジョング)が、当選のために死刑法を利用しており、大盗イ・チャンウ(チョ・ソンハ)が死ぬことになる。そうなると、「検事のお父さんを殺した真犯人は、探せない」という言葉と共に資料をスヒョンに渡たした。

徹底的な裏調査をされて屋敷に入ったウシンだが、彼もまた独自調査をし、屋敷の保安総括責任者チェ総括(ホ・ソンテ)が、実はクォン会長監視のために秘密潜入中であることを探り出していた。これをダシに、監視システムから自分を外してほしい、と要求。そしてヘソンウォンに来た真の目的が「矢じりのロゴ、“アダマス”のため。消えた殺害の凶器。ヘソングループの象徴、ダイアモンドで作った矢、アダマスを盗む」と明かした。

気になる第2話は今夜28日(木)、tvNで放送後、24時ごろの配信となる予定。【「アダマス」を2倍楽しむ】ではドラマの見どころやキャスト紹介、インタビューなどまとめて紹介している。

【アダマス 失われたダイヤ】(全16話)韓国ドラマ紹介■作品紹介
制作国 : 韓国 制作年 : 2022年
スタッフ : 演出:パク・スンウ
脚本:チェ・テガン
原題:아다마스(アダマス)
キャスト :
ハ・ウシン役:チソン
ソン・スヒョン役:チソン
ウン・ヘス役:ソ・ジヘ
キム・ソヒ役 :イ・スギョン
チェ・テソン役:ホ・ソンテ
イチーム長役:オ・デファン


 公式ホームページ

kandoratop【作品詳細】【「アダマス」を2倍楽しむ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 韓国ドラマ「緑豆の花」最終回考:ドラマのその後は、ユン・シユンの悲しい幻想通りに…
  2. 韓国ドラマ「緑豆の花」第24話(最終回)あらすじと見どころ:崩壊する心、兄弟の運命!チョ・ジョンソク短髪・洋装に
  3. 韓国ドラマ「シスターズ」第10話あらすじと見どころ:またしても青い蘭が登場??ついに明かされたオム・ギジュンの素顔
  4. 【「奇皇后」を2倍楽しむ】(全話あらすじと見どころなど)
  5. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,671タイトル、  86,045作品!