橋本愛「家庭教師のトラコ」の嫌いな言葉はどこまで増える?第5話は教育費4630万円を子供に残す方法!第4話ネタバレと予告 

[08月11日11時11分]  【ドラマ】

橋本愛「家庭教師のトラコ」の嫌いな言葉はどこまで増える?第5話は教育費4630万円を子供に残す方法!第4話ネタバレと予告 
<br/>

@日本テレビ

8月10日(水)に放送された日本テレビ系 新水曜ドラマ「家庭教師のトラコ」第4話で、完璧主義の真希(美村里江)が“お金より豊かな心”で完璧な家族の幸せを手に入れた!8月17日の第5話でガンを告知された智代(板谷由夏)が自慢の“角煮定食”を売り込み!第4話ネタバレあらすじと第5話見どころを紹介、予告動画は番組公式サイトで公開中だ。



「家庭教師のトラコ」は、合格率100パーセントを誇る、謎多き家庭教師・の主人公・トラコ(橋本愛)が、「年齢」も「抱えている問題」もまったくバラバラの3人の母親と3人の子供を救う“個別指導式ヒューマンドラマ”だ。

8月10日に放送された第4話では、ジャーナリストとしての信念を曲げられずリストラされてしまった完璧主義の真希が、自分の弱点と本当の幸せとは何かに気づくまでが描かれた。

これまで3つだったはずのトラコの嫌いな言葉に、「心配ない」が4つめの言葉として登場し、視聴者からは「嫌いな言葉増えた!」「3つだけじゃなかったの?」と驚きの声と、これから毎話増えていくのではといった予想があがってる。

再就職先が見つからず不安がいっぱいなのにも関わらず、「心配ない」と“半端な強がり”をみせる真希に、「世界には甘えられる家族なんかいないヤツが腐るほどいる」、なぜ素直に家族を頼れないのだと、コスプレを解いて素の自分で怒鳴りつけたトラコ。“家族”に何か大きな想いを抱いているトラコの過去がますます気になってくる場面だった。

「1万円、拾うのとあげるのどっちらが幸せだと思いますか?」というトラコの問い、それぞれの問いにも個性があり、どれが間違いともいえないところが面白い。(後記のネタバレあらすじでチェック!)

次週8月17日に放送される第5話では、ガンの告知をうけた智代(板谷由夏)に教育費「4630万円」を子供に残す方法が提案される。一方、中村家では、フリーのジャーナリストとして活動することを決めた真希(美村里江)が吹っ切れたように張り切る一方で、知恵がいつかママも死んでしまうのでは…と不安にかられる。

上原家では、守(細田佳央太)の成績がさらに上がってご機嫌な里美(鈴木保奈美)に何かプレゼントしたいと言われたトラコは「ママと養子縁組していただくってのは?」と答えて里美をうろたえさせる。トラコの行動がどんどん過激になっていくことを心配する福多は、自分の里親に会ってほしいと頼むが、トラコは「無理」と言って取り合わない。まだ裏の読めない福多とトラコの関係、何やら昔の出来事が引っ掛かっているようなのだが…。

結局、智代が用意できそうな金額は、父が残した店の火災保険4000万円を除けば187万円しかなかった。智代は元夫・満男(丸山智己)に会いにいくが、事情を聞くなり智代の死を前提に話を進める元夫に腹を立て帰ってきてしまう。すると、事情を知り不安に駆られた高志がトラコに相談、トラコは今後どうすべきか“3つの選択肢”を高志に示すのだが…?智代の手術は成功するのか?高額な教育資金はどうしたら手に入るのか?次回もトラコの手腕に期待!

■前回:第4話ネタバレあらすじ
トラコ(橋本愛)は、新聞社に勤める真希(美村里江)がリストラの危機に直面していることを知る。会社の方針に従わない真希にメール室へ異動の辞令が出たのだ。「いい加減、大人になれ」という上司に、真希は「子どもに説明できないことはできません」とたんかを切って自ら会社を辞めてしまう。

真希が会社を辞めたことを見抜いたトラコは、中村家の生活費を心配する。真希が仕事を失うと、家のローンや、知恵(加藤柚凪)が私立に合格した際の学費も重くのしかかってくる…。トラコは「ご主人に相談なさったらどうですか?」と助言するが、真希は「そんな必要ないです」と聞く耳を持たない。

その夜、トラコが同席する食卓で、真希は朔太郎(細田善彦)から、義母が振り込め詐欺に引っ掛かり、月末に必要な100万円をだまし取られたと聞かされる。「助けてやってくれないか」という朔太郎の頼みを、真希は「お義母さん、ちょっとのんき過ぎない?あたしなら絶対ひっかからない」と突っぱねる。実は前にも詐欺商法に引っ掛かった義母を助けたことがあるのだ。「先生、あたし、冷たいと思います?」という真希から今週の授業料1万円を受け取ったトラコは「質問です。1万円拾うのと1万円あげるのと、どっちが幸せだと思いますか?」と真希に問いかける。
上原家では、トラコの質問に、守(細田佳央太)が「俺なら1万円あげる」と答える。あげた一万円が、まわりまわって何十倍にもなって返ってくるからだというのだ。守の成績が近頃グングン上がっていることに喜ぶ里美(鈴木保奈美)は、拾うでもあげるでもなく「もらっとくわ」とお門違いな答えを言う。もらった一万円を授業料に上乗せすれば、守の成績がもっとあがるからだという。

一方、万福亭では、高志(阿久津慶人)は「あげる方」だと答える。理由はこれから考えるが、トラコの質問なら単純な答えではないだろうからという。そして、智代(板谷由夏)は「あげるのも、もらうのも、ありがたみがなくて嫌。自分の手できちんと稼いで、一万円を手に入れたい」と答え、トラコに「ある意味正解」と感心される。

そんな中、次の就職先がなかなか決まらない真希は次第に不安を募らせる。食費を切り詰め、電気代を節約しようとする中、母への援助をお願いしてくる朔太郎に対して「無理に決まってるでしょ!」と思わず声を荒らげてしまう。すると知恵が「バアバに自分のお小遣いをあげる」と言い出して、真希はやりきれなくなる。

翌日、真希はためらいがちにハローワークを訪れると、窓口に、相談員と話をするトラコの姿が。真希にできそうな仕事がないか調査していたトラコは、「人助けや社会貢献にもなり、能力によってはかなりの高収入が見込まれる」と、ある仕事を紹介する。それは、家族のフリをする代行業だった。

見知らぬ他人と家族のフリをするバイトを終えたその時、真希は朔太郎とバッタリ会ってしまい失業したことを知られてしまう。トラコが家事を引き受けることで真希は就活に集中できたが、やっと一社から内定がもらえたものの、「社の方針に従う」という条件に悩んでしまう。

帰宅した真希は、若奥様風のコスプレをし、家事を完ぺきにこなすトラコが家族と仲良く遊ぶ姿に怒りがこみ上げ、皆が自分の気持ちをわかってくれていない「私の言うことに黙って従え」と当たり散らす。さらに自分を見失った真希は、自分は絶対に引っかからないと言っていた“振り込め詐欺”(トラコが仕掛けたもの)にまで引っかかってしまう。さらに怒りを爆発させる真希に、トラコは「中途半端に強がって、まわりに心配かけるような真似はいい加減やめろ」と怒鳴りつける。トラコは強面のまま、その場を立ち去る。

福多(中村蒼)から、トラコが密かに録音したというレコーダーから、朔太郎と知恵の会話を聴く真希。2人が、今大変な時期にあるママを助けようとと話し合っている会話を聴いているうちに、真希の頑なだった心がほぐれていく。家族のもとに帰った真希は2人に謝り、「助けてほしい」と頭を下げた。自分ばかりが頑張っていると思っていたけれど、家族の支えがなければ何もできないと気づいたのだ。

「一万円はあげた方が幸せ。一万円を拾ったら、無くした誰かが不幸になるけれど、一万円をもらったり、あげたりするのはどちらも幸せな気持ちになるから」と真希は答える。金がなくても心だけは豊かであることがとても大切だということに真希はようやく気づき、自分を取り戻した。義母には100万円を援助し、電話口で感謝された真希は充実感と今ある幸せに感謝する。

一方、下山智代(板谷由夏)は病院で再検査の結果を聞かされ、途方に暮れた顔で帰ってくた。その日家庭教師にきていたトラコは智代がガンの告知を受けたことに気が付く。


※Huluで放送後より見逃し配信!Tverで最新回を無料配信中!

■次回:第5話あらすじ
トラコは、智代が胃ガンにかかっていることを知っても冷静だ。1週間後に手術を控えた智代は、生き生きと勉強に励む高志(阿久津慶人)を見るとどうしても打ち明けられず、「高志には病気のこと黙っててもらえますか?」とトラコにお願いする。

その夜、智代は珍しく弱気になる。貯金がほとんどなく保険にも加入していない…今死んだら高志にいくら残せるか…絶望的になる智代の前で、トラコは高志が大学を卒業するまでに必要な金額…つまり智代が安心して死ぬのに必要な額…4630万という数字をはじき出し、一緒に4630万円手に入れる方法を考えましょうと励ます。

中村家では、フリーで活動することを決めた真希(美村里江)が吹っ切れたように張り切る一方で、知恵(加藤柚凪)に元気がない。最近読んだ絵本に影響され、いつかママも死んでしまうのでは…と不安なのだ。

上原家では、守(細田佳央太)の成績がさらに上がって里美(鈴木保奈美)がご機嫌だ。お礼に何かプレゼントしたいと言われたトラコは、「ママと養子縁組していただくってのは?」と答えて里美をうろたえさせる。トラコの行動がどんどん過激になっていくことを心配する福多は、自分の里親に会ってほしいと頼むが、トラコは「無理」と言って取り合わない。何やら昔の出来事が引っ掛かっているようで…。

日本テレビ 新水曜ドラマ「家庭教師のトラコ」は、2022年7月20日(水)よる10時スタート。脚本:遊川和彦/主題歌:森山直太朗
「茜」/出演:橋本愛 中村蒼 美村里江 板谷由夏 鈴木保奈美 細田善彦 丸山智己 矢島健一 加藤柚凪 阿久津慶人 細田佳央太 塩顕治 長見玲亜 ほか。

日本テレビ「家庭教師のトラコ」番組公式サイト
◇番組公式Twitter: @torako_ntv ハッシュタグ:#トラコ
◇番組公式Instagram: @torako_ntv
◇番組公式TikTok: @torako_ntv
日テレドラマ公式YouTube

Huluで月額 1,026円(税込)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

【2022年夏ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「緑豆の花」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、時代背景、キャスト、豆知識など|韓国ドラマ
  2. 韓国ドラマ「緑豆の花」第24話(最終回)あらすじと見どころ:崩壊する心、兄弟の運命!チョ・ジョンソク短髪・洋装に
  3. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など
  4. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  5. 「鎌倉殿の13人」第38話小栗旬が坂東彌十郎を追い込み二代執権へ!第39話ネタバレあらすじと予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,669タイトル、  86,043作品!