BS11「恋心は玉の如き」第31-35話あらすじ:癒えぬ傷~幸福な朝

06月20日17時45分ドラマ
©Shenzhen Tencent Computer Systems
Company Limited

BS11にて再放送の「恋心は玉の如き」(全45話)は、「孤高の花〜General&I〜」ウォレス・チョン×「花様衛士〜ロイヤル・ミッション〜」タン・ソンユン2 大トップスターが夢の共演を果たした中国ラブ史劇、2024年6月21日(金)からの第31話~第35話のあらすじを紹介、YouTubeにて日本版予告動画を公開中だ。



「恋心は玉の如き」は、愛に不器用な男と、芯の強い才女が政略結婚…互いに無関心だった結婚生活のはじまりが、次第に優しさと思いやりに溢れる夫婦へと変わっていく、2022年共感度No.1の大ヒットの中国ラブロマンス時代劇だ。

■キャスト
徐令宜(じょれいぎ)役:ウォレス・チョン(鍾漢良)
羅十一娘(らじゅういちじょう)役:タン・ソンユン(譚松韻)
林世顕(らんせいけん)役:タン・シアオティエン(唐曉天)
喬蓮房(きょうれんぼう)役:ハー・ホンシャン(何泓姍)

■第31話:癒えぬ傷
無事に徐家へ戻った徐令宜と羅十一娘だったが、令宜の態度はよそよそしく、荷物も半月泮 へ引き揚げて別居生活に戻ってしまった。令宜は母親に嘘をついてまで十一娘を守ったが、十一娘に信頼されていなかったことがわだかまりとなっていたのだ。十一娘は羅五娘から懐妊の報告を受ける。幸せそうな五娘に早く子を産んだほうがいいと言われ、十一娘は思案顔に。そして令宜の傷が癒えていないことを知り、薬を塗るため半月泮を訪れた。

恋心はep32©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited■第32話:死に絡む思惑
羅二娘は羅十一娘に王煜の死の真相究明を徐令宜から願い出てくれと頼んだが、色よい返事はもらえなかった。業を煮やした二娘は弔いの装束で徐家の前に跪き続け、花見の宴を台なしにする。徐家には王煜の姉の姜若夫人も訪れ、やはり徐令宜の口添えを請うが、徐大夫人は頑として受け入れず、姜若夫人は暗に徐嗣諄の婚約の破談を示唆して帰っていく。羅夫人から「嗣諄の縁談が破談になれば許さない」とくぎを刺された十一娘は苦しい立場に立つ。

恋心はep33©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited■第33話:目には目を
王家で病を患いながら、ろくな手当ても受けられない羅二娘のために、長年蓄えた銀子を届けようとする楊姨娘だったが、羅家から盗みを働いたと疑われ、銀子を取り上げられたうえ、納戸に閉じ込められてしまう。楊姨娘に罰を与えた羅夫人は、その後、銀子を王家に届けさせるが、王劉氏に見とがめられ、結局、二娘の手には渡らなかった。徐令宜の策により、王煜を殺した者が捕まったことで、自分が区若夫人に操られていたことを知った二娘は…。

恋心はep34©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited■第34話:重なる別れ
徐家の主母として家政に専念するよう、徐大夫人に釘を刺された羅十一娘は、仙綾閣から離れる覚悟を決める。十一娘と酒を酌み交わした徐令宜は、十一娘から仙綾閣への深い愛着を聞き、その決意を押しとどめるよう諭すのだった。羅家では病が重かった羅夫人が危篤に陥り、十一娘たちが実家に集まる。そんな中、実家に戻った羅二娘は同じく重篤な状態ながら放置されていた母の楊姨娘と再会。羅家の家族たちによる冷酷な扱いに憤りを示す。

恋心はep35©Shenzhen Tencent Computer Systems Company Limited■第35話:幸福な朝
羅十一娘のもとを去った徐令宜は文姨娘の誕辰を祝いに訪ねたが、心ここにあらず。一方、傷ついた十一娘が1人庭園をさまよっていると雲行きが怪しくなり激しい雨が降り出した。雨の中、転ぶ十一娘に差し出された傘。期待を込めて見上げると、そこにいたのは冬青だった。落胆し、なかなか立ち上がれない十一娘を今度こそ令宜が抱き上げる。そのまま西跨院まで送り届けられた十一娘は立ち去ろうとする令宜の腕をつかみ…。

BS11「恋心は玉の如く」番組サイト
 2024年5月10日スタート 月-金15:59-17:00 再放送
 2023年11月27日~2024年1月26日 月~金 13:00-14:00 BS初放送終了
トレーラー

【華流ドラマ】【作品詳細】【関連・各話あらすじ】