★「歴史ドラマ」を楽しむ-韓国三大悪女-『女人天下』チョン・ナンジョン編②

【特集/韓ドラここが知りたい/三大悪女】

★「歴史ドラマ」を楽しむ-韓国三大悪女-『女人天下』チョン・ナンジョン編②

そもそもタイトルの“女人天下”という言葉は、女性が政治などの場面で、自分の都合のいいように利益を独り占め(壟断=ろうだん)することを意味した言葉で、韓国ではまさに、朝鮮王朝の前期、ずばりこのドラマの時代を指している。

ドラマ「女人天下」はナンジョンの生涯を「誕生から少女期」「キーセンとなって皇后の側近になり政争に加わる出世期」「事実上の女帝政権を確立し天下を動かした女人天下期」と3つに分けて描いている。(ここからは完全ネタバレ。読んでからドラマを観ても十分楽しめるよう配慮しているが、気になる方は先にドラマの視聴を!)

【少女期】
ドラマで一貫してナンジョンが追い求めたのは“身分”である。ナンジョンは“両班(ヤンバン)”の娘として生まれながら、妾の子ということで“賤民”として世間からさげすまれて育った。本人は自身を両班だと思っているが実際はそうでない。両班どころか王族の血を引いた本当なら“やんどころのないお姫様”だったのだ。それが、父親であるパルングン(巴陵君)が無実の罪に問われ、ナンジョンがお腹にいた実母は命からがら逃げるが、倭寇にうたれナンジョンを産み落とした後、絶命してしまうのだ。ナンジョンは僧侶のタンチュに助けられ、本妻の嫉妬でお腹の子を亡くしたヨンランと両班のチョン・ユンギョムの子として育てられることになる。

子供の頃、ナンジョンに繰り返される本妻とその子供たちの執拗ないじめは、ナンジョンの心に世間の身分差別に対する激しい怒りを植えつけた。この頃のナンジョンは、少々気は強いが、可愛く利発で母思いのとってもいい子だった。

無実の罪で流刑されていたパルングンは赦され、我子を探す旅に出る。第4話ではナンジョンと実父パルングンとの出会いの場面がある。このとき、(育ての)母ヨンランが真実を語らなかったのはなぜだろう?夫を欺いたことへの罪悪感?さらにひどくなるだろう本妻の怒りを恐れて?僧侶タンチュとの約束?はたまた、ナンジョンを手放したくないという母性愛?ヨンランに聞いてみないことには分からないが、もし、ここでナンジョンがパルングンの娘であるということが告げられていたら、彼女は「三大悪女」なんて不名誉なレッテルを貼られず、父パルングンを補佐する「三大賢婦」となれたはずだ。もっとも、これではドラマにならないが…。

さて、パルングンを演じたのは、ベテラン俳優のペク・ユンシク。ドラマ「ソウルの月」でその優れた演技力が評判となり、映画「犯罪の再構成」、「ケンカの技術」「イカサマ師」とたくさんの映画に出演している実力派俳優だ。特に映画「イカサマ師」では、息子で俳優のペク・ドビンと父子共演を果たし、話題となった。(ペク・ドビンは、木村拓哉の「HERO」で通訳役を演じた俳優)
劇中、パルングンを“宗親”とよんでいるが、これは、直接政治をつかさどる役名ではない。朝鮮王朝の王室の一家親戚の問題をつかさどる機関で、“宗親府”では、王子たちを監督し、王室の過失を見つけ出しては糾弾する役割をもっている。パルングンはその長老、つまり、王朝の“良心”という役どころ。

もうひとり、底意地の悪い本妻役を演じているのは、キム・ヘスク。この名前だけでピンと来た方は韓ドラ検定(?)上級者といっていいだろう。あの、「冬ソナ」のユジンのママだ。彼女は、現代から歴史ドラマまで幅広いジャンルで、韓ドラの「オモニ(母)役」を演じている。コミカルからシリアスものまでこなせる実力派女優。さすが、200人を超える人物が登場するドラマ。日本でも有名な韓ドラの常連俳優がたくさん出てくるので、それを見つけるのも面白い。

≪ 朝鮮王朝の身分制度 ≫

最後に当時の身分制度“両班→中人→常民→賤民”について説明したい。これは、前の高麗王朝時代に作られた身分制度でそれほどの変化はない。

まず、最上位の“両班”とは、もともとは文班(文官)と武班(武官)を併せてそうよんで、朝廷=政府の官職についている人をよぶ名前だった。朝鮮王朝では、官職につくことのできる支配階級全体をさす言葉となった。当時は日本の力も弱く、今の中国の明国のご機嫌さえ取っておけば国内は安泰だったので、武班とは名ばかりで、武士としての鍛錬は全くされてなかった。いわゆる“平和ボケ”である。とにかく当時は両班が官吏として政治の実権を握り、経済、学問、文化までを支配する社会だった。

“中人”は、儒教しか学べない両班と違って、外国語、医学、法律、天文、数学などの雑学といわれる実用的な学問を究め、そういった仕事をする人々をさす。“常民”は両班や中人の下で農業、商業、工業を行う平民で、良民とも呼ばれたが、生活はとても厳しいものだった。ほとんどは農民で、彼らには厳しい税が課せられていた。最下層の“賤民”は、奴婢として物と同じく売り買いの対象とされた人々で、普段の生活は常民とさほど変わらない。常民、中人は“科挙”という厳しい試験に合格すれば朝廷の要職である官吏になれるが、それにはとてつもなく長い試験期間と財力が必要となるため、実際には両班の子供しか官吏にはなれなかった。

kandoratop[韓国三大悪女メニューへ]
「女人天下」を2倍楽しむ

コリア・エンターテインメント「女人天下」で予告動画配信中

GyaO!「女人天下」話数限定の無料視聴ページ
GyaO!ストア「女人天下」2話-40話有料の視聴ページ
GyaO!ストア「女人天下」41話-80話有料の視聴ページ
GyaO!ストア「女人天下」81話-120話有料の視聴ページ
GyaO!ストア「女人天下」121話-150話有料の視聴ページ

★本サイトで掲載されている記事、写真については無断使用・無断複製を禁止いたします。


_________________________________
(c)SBS Productions Inc.(c)SBS Productions Inc.【PR】DVD情報
「女人天下」 全9BOX 発売中
発売元:コリア・エンターテインメント
詳しくは、「女人天下」DVD-BOXのコーナーで紹介。



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

配信サイト  :  韓国ドラマ(作品紹介)    動画番組視聴or特集ページへ>>

再生方法 : 紹介したページには上の※印から移動できます

Photo by (c)Tomo.Yun (yunphoto.net)
キャスト: チョン・ナンジョン(カン・スヨン) / 文定(ムンジョン)/ 王后(チョン・インファ) / キルサン(パク・サンミン) / ヌングム(キム・ジョンウン)
原作:パク・チョンファ 、演出:キム・ジェヒョン(金在衡)

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. NHK総合「100日の郎君様」第9話ネタバレなしあらすじと見どころ:ウォンドク、自分探しのために王宮へ!
  2. 「100日の郎君様」最終回考:ウォン・シムカップルで果たした復讐!最終回ネタバレと深読み
  3. 【「不滅の恋人」(原題:大君)を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力
  4. 韓国ドラマ「ボーイフレンド」第16-最終回あらすじと見どころ:プロポーズ、そしてそれぞれの愛のかたち!TVO
  5. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,796タイトル、  86,520作品!