「ラスト・スキャンダル」キャストの魅力

【特集/韓ドラここが知りたい/ロマンス&ラブコメ】

「ラスト・スキャンダル」キャストの魅力

2008年10月2日、韓国芸能界に自らの手でその命にピリオドを打った名女優がいた-女優チェ・ジンシルだ。1988年にMBC特別採用タレントとして芸能界デビューし、同年、MBCドラマ「朝鮮王朝500年-閑中録」で女優活動を本格的にスタートした。幅広い世代から愛された彼女は、91年には大鐘賞新人賞、春史賞新人賞、百想芸術大賞人気賞などを受賞し、“結婚したい女優№1”の国民的女優となった。その彼女が最期に残したのが「ラストスキャンダル」。タイトルどおりの作品が遺作となってしまった。このドラマは大ヒットし、続編も同じキャストで撮る事が決まっていた矢先の訃報に、関係者は大きな衝撃を受けた。中でも特に大きなショックを受けたのは共演者のチョン・ジュノだっただろう。彼をこの作品にキャスティングしたのは、チェ・ジンシルその人だったのだから…。

[韓ドラここが知りたい!TOPへ]
[ロマンス&ラブコメ]メニューへ

チェ・ジンシルは台本を読んとき、この相手役にはチョン・ジュノがぴったりと考え、彼女自身が彼に電話をかけて出演交渉を行った。制作発表会でチョン・ジュノは「チェ・ジンシルさんからの電話に出て、台本を見る前に出演を決心した」と語っていた。チェ・ジンシルも「チョン・ジュノさんが出演を承諾してくれて幸せだった」と話し、共演者として相思相愛のキャスティングだった。

チェ・ジンシルチェ・ジンシル当時、チェ・ジンシルが40歳で、チョン・ジュノ38歳。ほぼ等身大の人物を演じた二人の役どころは、チェ・ジンシルがチリチリパーマに黒ぶちのビン底メガネの39歳のダザおばさんだ。家族の面倒と生活に追われるうちに、女の盛りを過ぎてしまったごく平凡な主婦。

チョン・ジュノチョン・ジュノ一方、チョン・ジュノ演じるドンチョルはドラマの中でもトップスターで、ソニとはお互い初恋の相手同士だった。そんな二人が、片や冴えない中年のおばさんに、片や年齢を7つもサバを読んで輝くトップスターの座にいる。「ラスト・スキャンダル」は、今は全く違う境遇にある男女が20年ぶりに再会し、次第に惹かれあっていく大人のための、童話のような可愛くちょっぴり切ない最高・最強のラブコメディだ。ドラマは、全16話で初回放送時には視聴率は10.2%だったものの、第4話には16.6%と視聴率はうなぎのぼりで、最終話は21.1%を記録した。

MBCの作品で育ったチェ・ジンシルだが、チョン・ジュノもまたMBCの作品「同期間」でデビューした。その後は抜群のルックスを活かしてCMやテレビドラマ「ルル姫」などで活躍した。その後、映画界へと進出し、「大変な結婚」、日本でTOKIOの長瀬智也でリメイクした「マイ・ボス マイ・ヒーロー」のオリジナル版で主演したのが彼だ。ラブストーリーの貴公子役からシリアスな悪役、そしてユーモアたっぷりのコメディーまで様々な役柄をこなす韓国屈指の実力派俳優である。イ・ビョンホン主演の最新作「アイリス」にも出演している。

大人の童話「ラスト・スキャンダル」大人の童話「ラスト・スキャンダル」二人のトップスターによる大人のラブコメは、MBC演技大賞で「国民が選んだチェ・ジンシルが主演した最高のドラマ」に選ばれ、同時にデビュー当時から長きに渡り数々のMBCドラマに出演し、MBCドラマに貢献したことが認められ、彼女にMBC特別功労賞が送られた。この章はチョン・ジュノが代理で受賞している。また、この作品でチョン・ジュノが最優秀男優賞を、チェ・シンジルとチョン・ジュノの両名にベストカップル賞が贈られた。

この二人を支える脇役陣も名優が顔を並べる。
ドンチョルの兄で、ソニを優しくいたわるチャン・ドンファンを演じたのはチョン・ウンイン「善徳女王」では妖女ミシルの弟役を演じている。チョン・ジュノとは「マイ・ボス マイ・ヒーロー」でも共演している。高校1年生から演劇を始めた演技力には定評がある。

ソニをだまして離婚する元夫アン・ユシクに扮したのは、キム・ビョンセン。「女人天下」のカン・スヨン主演の映画「ウェスタン・アベニュー」で役者デビューし、「バラ色の日々」の主人公で映画祭の新人賞を総なめにした。ドラマでは「ホ・ジュン」「オールイン」などの名演で知名度をぐんと上げた。

他にも、ソニの恋のライバルとなる女優役にはモデル出身のピョン・ジョンス、ソニの一人娘には「春のワルツ」にも出演したハンボベ、ドンファンの息子(?)には「イサン」にも出演する天才子役のイ・インソンと、日本でも良く知られている俳優を起用している。

ドラマの見どころはコチラから。

文中紹介しているドラマについては韓ドラ早見表(歴史ドラマ編)と、韓ドラ早見表(現代ドラマ編)をそれぞれ参考にされたい。どれも随時更新するので、マメにチェックするのをお忘れなく!

[韓ドラここが知りたい!TOPへ][ロマンス&ラブコメ]メニューへ

韓流αの第5弾として、5月6日(木)からフジテレビで放送!

現在配信中のサイトがあるかナビコンで調べよう。
ナビコンで「ラスト・スキャンダル」を検索

★本サイトで掲載されている記事、写真については無断使用・無断複製を禁止いたします。







配信サイト  :      動画番組視聴or特集ページへ>>

再生方法 : 紹介したページには上の※印から移動できます

画像:©All Rights Reserved by MBC 2008
・韓国初放送:2008年
・放送局:MBC
・放送回数:全16話
・監督・演出: イ・テゴン、脚本: ムン・ヒジョン
・出演:チェ・ジンシル、チョン・ジュノ、チョン・ウンイン、ビョン・ジョンス、キム・ビョンセ、キム・チョン、ハン・ボベ、イ・インソン

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  2. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  3. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  4. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  5. 百済の財産と邪悪な王女!サドの純情愛に感涙必至「帝王の娘 スベクヒャン」第34-38話あらすじと見どころ!予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,699タイトル、  86,072作品!