マル激トーク・オン・ディマンド  全212回

マル激トーク・オン・ディマンド第579回エネルギーデモクラシーのすすめ

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

今夏に予定されるエネルギー基本計画の見直しを控え、新しい日本のエネルギー政策のあるべき姿を議論している総合資源エネルギー調査会基本問題委員会の議論が大詰めを迎えているが、どうも様子がおかしい。エネルギー政策の大きな枠組みを議論するはずのところが、従来の枠組みの中で電源種別のシェアをいかに微調整するかの議論に終始しているようにしか見えないのだ。 エネルギー基本計画は日本のエネルギー政策の基本的な枠組みを決めたもので、現行の計画は2010年6月に閣議決定されていたが、2030年にエネルギー需要の50%を原発で賄う目標などが含まれていたことから、先の原発事故を受けて基本問題委員会が組織され、抜本的な見直しが行われていた。 この委員会の大きな目的は、エネルギーを通した新たな日本の社会像を議論することだった。しかし、委員会は委員長と事務局側によって定量的な議論に押し切られ、その未来像をどう描くか、という議論に踏み込むには至っていない。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:植田和弘氏(京都大学大学院経済学研究科教授)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年05月19日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第578回大統領選でフランスが選んだものとは

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

フランスの新しい大統領が決まった。10人が立候補した4月22日の第1回投票では過半数を獲得する候補者が出なかったため、5月6日に上位2候補による決選投票が行われた結果、第1回投票でも1位だった社会党のオランド氏が現職のサルコジ大統領の得票を上回り、当選を決めた。フランスでは故ミッテラン大統領以来、17年ぶりの社会党政権の誕生となった。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:山田文比古氏(東京外国語大学教授)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年05月12日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第577回終わりなき原発事故との戦い

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

史上初のレベル7原発事故からこの4月で26年目を迎えたチェルノブイリの最新情報を、神保哲生が取材報告する。 チェルノブイリ原子力発電所では、今も事故を起こした4号機から放射能が漏れ続け、それを押さえ込むための懸命の作業が26年経った今も続いていた。石棺はコンクリートが経年劣化を起こし、放射能が外部に漏れる恐れがあると同時に、巨大な石棺自体に倒壊の恐れが出てきたため、今度は更に巨大なドームで石棺を上から覆う工事が計画されていると言う。 しかし、爆発炎上した4号機の核燃料は依然として取り出すことができていない。損傷を受けた原子炉から核燃料を取り出し、安全な場所に保管しない限り、本当の意味で原発事故は収束したとは言えないのだ。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年05月05日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第576回原発大国から地熱大国へ

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

日本は天然資源に乏しい国と言われて久しいが、実は日本には世界有数の天然資源がある。それが地熱だ。環境学者のレスター・ブラウン氏はかつてビデオニュース・ドットコムのインタビューで、活発な火山帯に属し強度の地震が多発する日本には原発は適さない発電方法だが、その裏面として、地熱発電には絶好の条件が揃っていると指摘し、まったくその逆を行く日本のエネルギー政策を訝った。 実は日本はアメリカ、インドネシアに次いで世界第3位の地熱源を保有する地熱大国なのだ。ところが、実際の地熱発電量を設備容量で見ると、日本は現在世界で第8位に甘んじており、こと地熱発電量では人口が僅か30万余のアイスランドにさえも遅れをとっている状態だ。しかも、地熱のタービン技術に関しては、富士電機、三菱重工、東芝などの日本メーカーが、世界市場を席巻しているにもかかわらずだ。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:村岡洋文氏(弘前大学北日本新エネルギー研究所教授)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年04月28日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第575回今こそ電力の自由化を進めよう

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

政府は先週末、関西電力管区内の需給逼迫を理由に大飯原発の再稼働に踏み切り、地元自治体との交渉を始めた。関電が出してきた需給データによると、この夏最大で20%もの電力が不足する可能性があるという。しかし、何とかして原発を再稼働させたい関電が出してきたデータだけを元に、原発を再稼働させて本当にいいのだろうか。 実は、政府は電力会社が出してきた需給情報の信憑性を精査する術を持っていないため、電力会社の主張をそのまま受け入れるしかないのだという。ことほど左様に、地域独占体制の下、電力会社はやりたい放題やってきたし、独占がそれを可能にしてきた。しかし、そろそろ地域独占の本当のコストを再考すべき時に来ているのではないか。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:高橋洋氏(富士通総研経済研究所主任研究員)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年04月21日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第574回中国の熾烈な権力闘争にわれわれは何を見るか

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

まさに三国志さながらの劇的な権力闘争だった。3月15日中国直轄市重慶トップの薄熙来が突如解任された。4月10日には中国共産党中央委員会政治局委員としての職務も停止され、次世代のリーダーの一人と目されていた大物政治家薄熙来の完全失脚が決定的となった。今や大国となった中国での突然の政変に、世界は息を呑んだ。 中国は秋の共産党大会で、事実上の国家元首である党総書記に習近平が就任することが確定していると見られ、一般には平穏な権力委譲が行われると考えられていた。ところが、今回の事件はその水面下で、熾烈な権力闘争が繰り広げられていたことが、図らずも露わになった。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:葉千栄氏(東海大学総合教育センター教授・ジャーナリスト)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年04月14日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第573回12年目にして見えてきたこと

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

2001年の番組開始以来12年目に入ったマル激。 当初のマル激はゲストを呼ばず、神保・宮台の2人がその週のニュースから様々な論点を見付け出して論じるスタイルだった。12年目の節目に、久しぶりにゲスト無しのオリジナルスタイルのマル激をお送りしたい。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年04月07日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第572回3・11から1年+3週間

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

5回目の金曜日に特別企画を無料放送する5金スペシャル。今回はジャーナリストの津田大介氏と哲学者で津田塾大学准教授の萱野稔人氏をゲストに、震災・原発事故から1年あまりが過ぎる中、あえて今、われわれが考えておかなければならないことは何かを議論した。 震災・原発事故から1周年にあたる3月11日、マスメディアは軒並み震災・原発事故の特集を組み、当時の映像や震災・事故直後に何が起きたのかを、検証する企画を発信した。ところが、それから一夜が過ぎると、マスメディア、特にテレビは前日の放送が嘘のように、震災や原発に触れることをパタッと止めてしまった。 震災そして原発事故は、様々な形で現在の日本が抱える病理や難問を浮き彫りにした。そしてその問題の多くは、震災よりも遙か以前から、日本が抱えていたにもかかわらず、解決できないまま、ずるずると引きずってきたものだった。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:津田大介氏(ジャーナリスト)、萱野稔人氏(哲学者)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年03月31日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第571回タブーはこうして作られる

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

どんな国にも触れてはならない話題はある。これを禁忌と呼んだり、タブーと呼んだりする。 タブーはポリネシア語で聖なるものを意味するtabuに語源があると言われ、本来は触れてはならない聖なるものや、その裏返しの触れてはならない穢れたもののことを指すものだ。 だから、本来タブーにはタブーたる由縁がある。しかし、日本の場合は本来の定義に当てはまるタブーは必ずしも多いわけではない。むしろ、もっと単純な、そしてやや恥ずかしい理由で、多くのタブーが生み出されているようだ。 「タブーに挑戦する」をスローガンに数々のタブーに挑戦してきた雑誌『噂の真相』の副編集長として、文字通り数々のタブーに挑戦し、実際に右翼団体の襲撃も経験した川端幹人氏は、日本のタブーには暴力、権力、経済の3つのパターンがあり、これにメディアが屈した時にタブーが生まれていると言う。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:川端幹人氏(ジャーナリスト・『噂の真相』元副編集長)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年03月24日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第570回年金問題の本質

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

年金が危ない。このままでは早晩破綻することがわかっているのに、誰も手を打とうとしない。野田政権が消費税増税という政治的なコストを払ってまで意欲を見せる「社会保障と税の一体改革」は年金問題の本質にはまったく切り込んでいない。 年金制度に詳しい学習院大学の鈴木亘教授によれば、本来950兆円ほど積み上がっているはずの年金積立金が、110兆円程度しか残っていない。しかも、年金は保険料を支払う労働人口の減少と受給する高齢者の増加のために、毎年赤字が膨らみ続けている。つまり、今も僅かに残った100兆円あまりの年金積立金を切り崩しながら運営されているため、今後、さらに少子高齢化が進めば、2030年代には積立金が枯渇し、年金が支払えなくなることが確実だと言う。 現行の年金制度は2004年に「100年安心プラン」などという触れ込みで改変され、国庫負担金も3分の1から2分の1に増額された。それが、あと20年と持たずに破綻が確実な状態にあると言うのだ。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:鈴木亘氏(学習院大学経済学部教授)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年03月17日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「科捜研の女19」第18話、マリコが人質に!蒲原刑事はどうなったの?予告動画と第17話ネタバレあらすじ
  2. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  3. 【「オクニョ 運命の女(ひと)」(獄中花)を2倍楽しむ】各話あらすじ、時代背景、豆知識など、韓国ドラマ
  4. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  5. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,885タイトル、  87,459作品!

相続の相談
このカテゴリで選択可能な配信会社