マル激トーク・オン・ディマンド  全212回

マル激トーク・オン・ディマンド第569回これからわれわれは3・11とどう向き合うか

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

3月11日の大震災から1年が過ぎようとしている。メディア上では震災1周年特集企画が乱立しているが、復興も原発事故の収束も道半ば。このまま、この大きな節目を境に震災が急速に風化していく気配さえ感じられる。誰でも悲惨なできごとを脳裏から消し去りたいとの思いはあるだろうが、これだけの大きな震災と事故を、単なる過去の悲惨なできごとで終わらせていいはずがない。この震災が、これまでのわれわれのあり方の根幹を問う大切な教訓を多く与えていることだけは、まちがいないからだ。 この先われわれは3・11といかに向き合うべきかと考えるヒントを求めて、東京亀有の蓮光寺に本多雅人住職を訪ねた。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:本多雅人氏(真宗大谷派蓮光寺住職)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年03月10日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第568回東電・政府は何を隠そうとしたのか

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

火事で火が燃えさかる最中、とりあえず出火の原因究明や責任の追及は後回しにして、まず優先されるべきことは人命救助と消火になることはやむを得ない。しかし、起きた事故のスケールがあまりにも大きい場合、その収束に時間がかかるため、いつまでたっても原因究明や責任追及がなされないまま、事故そのものが風化してしまったり、世の中の関心がよそに向いてしまったりするリスクがある。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:日隅一雄氏(弁護士・NPJ編集長)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年03月03日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第567回消費増税ではDoomsdayは避けられない

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

今回は縁起でもないがdoomsdayをテーマに選んだ。原発事故の時もそうだったが、日本の将来についても、考え得る最悪の事態を知っておいた方がいいと思うからだ。より正確に言えば、今回はもう少し前向きに「doomsdayを避けるためにわれわれにはどんな選択肢が残されているか」を考えてみたい。doomsdayとは本来は聖書の黙示録に示されたハルマゲドンのことで、世界の終末を意味するものだが、ここでは日本という国家が破綻する日という意味で使っている。そしてここでいう国家破綻とは、財政破綻のことだ。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:野口悠紀雄氏(早稲田大学大学院ファイナンス研究科顧問)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年02月25日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第566回分配社会のすすめ

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

アメリカのリサーチ会社ピュー・リサーチセンターが2007年に世界47カ国を対象に行った世論調査で、「自力で生活できない人を政府が助ける必要はあるか」との問いに対し、日本では38%の人が助ける必要はないと回答したそうだ。これは調査対象となった国の中でもっとも高く、欧州の先進国や中国、韓国などはいずれも10%前後だった。伝統的に政府の介入を嫌うアメリカでさえ、そう答えた人は28%しかいなかったという。 この調査結果を聞いた経営コンサルタントの波頭亮氏は、日本では「人の心か社会の仕組みのどちらかが明らかに正常でない」と考え、経営コンサルタントの目で日本のどこに問題があるかを分析し、独自の処方箋を考案した。 それが氏が著書『成熟日本への進路 「成長論」から「分配論」へ』で提案する分配社会のすすめだ。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:波頭亮氏(経営コンサルタント)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年02月18日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第565回リスク社会を生き抜くために

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

昨年3月11日の地震・津波震災と原発事故は、多くの日本人の心に深い傷を残した。それはあまりにもひどい地震・津波被害の惨状やボロボロに壊れた福島第一原子力発電所の映像を目の当たりにした時の衝撃もさることながら、これまであたかも空気のように自分たちの日常を支えていた何かが壊れてしまったことからくる、喪失感や底なしの不安感といったものも含まれるにちがいない。 精神科医の斎藤環氏は、震災の精神的なショックの広がり方として、環状島モデルを紹介する。これは、実際の震災被害にあった中央と、震災から遙か遠く離れた地域では、人々は比較的冷静に状況を見ることができるのに対し、震災の周辺の人々が大きな精神的負担を感じることで、様々な異常行動を取る場合が多いことを指すのだそうだ。そのため、例えば買い占めや略奪のような災害時によく見られる反社会的な行為は、被災地よりもそこから少し離れた周辺で起きる場合が多いという。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:斎藤環氏(爽風会佐々木病院診療部長・精神科医)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年02月11日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第564回東大話法に騙されるな

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

「東大話法」なるものが話題を呼んでいる。東大話法とは東京大学の安冨歩教授が、その著書「原発危機と東大話法」の中で紹介している概念で、常に自らを傍観者の立場に置き、自分の論理の欠点は巧みにごまかしつつ、論争相手の弱点を徹底的に攻撃することで、明らかに間違った主張や学説をあたかも正しいものであるかのように装い、さらにその主張を通すことを可能にしてしまう、論争の技法であると同時にそれを支える思考方法のことを指す。 「人体には直ちに影響があるレベルではありません」「原子炉の健全性は保たれています」「爆発することはあり得ない」等々。3・11の原発事故の直後から、われわれは我が耳を疑いたくなるような発言が政府高官や名だたる有名な学者の口から発せられる様を目の当たりにした。あれは何だったのか。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:安冨歩氏(東京大学東洋文化研究所教授)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年02月04日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第563回だから消費税の増税はまちがっている

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

いよいよ消費税増税が決まってしまいそうだ。野田佳彦首相は今週始まった通常国会冒頭の施政方針演説で、消費税増税の方針を明確に打ち出した。自民党も元々消費税増税を主張していたことから、「与野党協議」という名の国対裏取引によって消費税増税が実現するのは、永田町を見る限りは時間の問題と受け止められているようだ。 確かに、財政事情や少子高齢化による人口構成の変化などで、何らかの増税は避けられないとの説が幅を利かせている。実際マル激でも、これまでそのような主張を多く紹介してきた。しかし、一見、常識的に見えるこの主張に何か問題はないのかを考えるため、消費税増税の必要性を真っ向から否定している元財務官僚の高橋洋一氏に、なぜ氏が消費税増税が間違っていると主張しているかについて、じっくり話を聞いてみることにした。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:高橋洋一氏(政策シンクタンク「政策工房」会長・嘉悦大学教授)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年01月28日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第562回われわれはどこから来て、どこへ向かうのか

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

われわれ人類は10万年という単位の時間に責任が持てるのだろうか。 福島第一原発の事故で原発の是非をめぐる議論が活発に交わされるようになったが、原発が存続する限り原発から出る使用済み核燃料は、10万年程度は地下で保管しなければならない。また、原発の副産物プルトニウム239の物理的半減期は2万4000年、核燃料に用いるウラン238にいたっては45億年だ。 今、こうした万単位、あるいは億単位の時間を議論するわれわれが一体何者なのかを考える上で、今週のマル激ではわれわれ人類の起源に思いを馳せてみることにした。これから10万年の間、放射性物質を地下保管しなければならないことを前提に原発を続けるということは、10万年前のネアンデルタール人が、現代の人類にまで影響が及ぶ行為を選択することと同じだ。少なくともそのスケール感を認識した上で、10万年単位でわれわれ人類がどこから来て、どこに向かっているかを考えてみた。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:篠田謙一氏(国立科学博物館人類史研究グループ長)

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年01月21日 ~ ]

Copyright (C) 2000-2012 Video News Network

プレスクラブ注目の会見、講演、シンポジウムをノーカットで。

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : ゲスト:井戸謙一氏(弁護士・元裁判官)、海渡雄一氏(弁護士)

再生方法 : Windows Media Player    帯域 : 300k

無料

配信期間 : [2012年01月16日 ~ ]

(C) 2000-2010 Video News Network

マル激トーク・オン・ディマンド第561回原発事故の裁判所の責任を問う

ビデオニュース・ドットコム    動画視聴サイトへ>>

「被告は志賀原発2号機を運転してはならない」 2006年3月24日、金沢地裁の井戸謙一裁判長は、被告北陸電力に対し、地震対策の不備などを理由に、志賀原発2号機の運転停止を命じる判決を下した。しかし、日本で裁判所が原発の停止を命じる判決は、後にも先にもこの判決と2003年1月の高速増殖炉もんじゅの再戻控訴審の2度しかない。それ以外の裁判では裁判所はことごとく原告の申し立てを退け、原発の継続運転を認める判決を下してきた。また、歴史的な判決となったこの2つの裁判でも、その後の上級審で原告は逆転敗訴している、つまり、原告がどんなに危険性を主張しても、日本の裁判所が最終的に原発を止めるべきだと判断したことは、これまで唯の一度もなかったのだ。

制作国 : 日本     制作年 : 2012年

キャスト : 上記キャストと同じ

再生方法 : Windows Media Player

無料

配信期間 : [2012年01月14日 ~ ]

(C) 2000-2010 Video News Network

[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「科捜研の女19」第18話、マリコが人質に!蒲原刑事はどうなったの?予告動画と第17話ネタバレあらすじ
  2. 【「不滅の恋人」(原題:大君)を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力
  3. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  4. 【「オクニョ 運命の女(ひと)」(獄中花)を2倍楽しむ】各話あらすじ、時代背景、豆知識など、韓国ドラマ
  5. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,885タイトル、  87,465作品!

相続の相談
このカテゴリで選択可能な配信会社