★「歴史ドラマ」を楽しむ⑩『朱蒙』で一番の悪者は誰?

【エンタテインメント/ドラマ/韓国】

『朱蒙』には主人公以外にも魅力的な人物が続々と出てきて、その中の誰かを時代主役に据えてサイドストーリー(外伝)を作っても、ヒット作が何本もできるだろう。

チュモンと志を共にした初恋の人ソソノ、哀れな侍女プヨン、妻のイェソヤ、実父ヘモス、母ユファ、継父クムワ王、神女ヨミウル、大商人ヨンタバル、国に忠誠を誓うブトゥクブル…。みんな魅力あふれる人物。しかしなんと言っても敵役ながら圧倒的な存在感があったのはテソ王子だ。

テソ王子は、扶余国の第一王子として、文武両道、冷静沈着で次代の国王に一番近い場所にいる…はずだった。しかし、父クムワ王が側室のチュモン母子を寵愛するあまり、正妻のテソ母子らを疎んじ、約束されたはずの世継ぎの座が危うくなった。
どんなに努力しても、父の愛は決してテソに注がれることはなかった。父クムワ王の目には、チュモンしか見えなかった。

ドラマでは、テソ母子を徹底的に「悪者」として描いているが、考えてみて欲しい。「ある日突然、父が身重の愛人を連れてきて一緒に住まわせ、母と自分を遠ざけ、愛人母子だけをかわいがる」。ありえない!絶対に許せない!チュモンに向けるテソの異常なまでの憎悪の目。憎しみの炎が見えるようだ。メラメラと燃えるあんな激しい目を見たのは、アニメ「巨人の星」の星飛雄馬ぐらいだ。憎しみの炎が強ければ強いほど、テソが父に求めた愛の強さが見てとれる。テソは父の愛に飢えていた。テソはただただ父に認めてほしかったのだ。確かに彼は卑怯な手を使いすぎた。だが、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」というではないか?そこのところをチュモン母子もわかってあげなきゃ・・・。

このドラマで一番の悪者は、クムワ王(チョン・グァンヨル)だ!側室を持つのが当時の王族の特権だったとしても、正妻や実子をないがしろにする人間に、民を幸せになんてできるものか!

ところが哀れなテソ王子も父に代わる愛を見つけた。その相手が大商人の娘ソソノ(ハン・ヘジン)。だが、愛に不器用なテソ王子、あまりに強引すぎた。そんな強引さがソソノのチュモンへと向かう恋慕を追い立ててしまった。挙句に肘鉄を喰らってしまう。こうなりゃチュモンを憎むことでしか、自分の存在価値をみつけられない・・・。

テソ王子を演じたキム・スンスは、『許浚(ホ・ジュン)』という朝鮮王朝時代に実在した名医のドラマにも王子役で出演している。主演の名医は、『朱蒙』でクムワ王を演じたチョン・グァンヨル。キム・スンス演じる王子はこの名医を父のように慕っている。しかし、ここでもチョン・グァンヨルは彼を見捨ててしまうのだ。まあ、『許浚』では止むに止まれぬ事情があったのだが、同じ人物から2度も捨てられたのだ。哀れなキム・スンス!もちろん、ドラマの中での話だが…。

テソ王子は悪者というより、愛に不器用だった哀れな王子だったのかもしれない。

字幕

制作国 : 韓国     制作年 : 2006年

スタッフ : 監督/演出: イ・ジュファン、キム・グンホン、脚本: チェ・ワンギュ、チョン・ヒョンス

キャスト : チュモン(朱蒙)(ソン・イルグク)/ソソノ(召西奴)(ハン・ヘジン)/テソ(帯素)(キム・スンス)/ユファ(柳花)(オ・ヨンス)

配信サイト  :  楽天ショウタイム    動画番組視聴or特集ページへ>>

再生時間  :  70分    再生方法 : Windows Media Player    帯域 : 768k/2000k

無料

Copyright(C)MBC, iMBC All Rights Reserved.

[PR]

【エンタテインメント/ドラマ/韓国】
【「イ・サン」を2倍楽しむ】(時代背景と全話あらすじ、キャストの魅力など)

アジアの宝石「宮廷女官チャングムの誓い」のイ・ビョンフン監督の大ヒット作。

【「IRIS-アイリス-」を2倍楽しむ】(あらすじ、見どころ、イベントレポなど)

【エンタテインメント/ドラマ/韓国】
【「IRIS-アイリス-」を2倍楽しむ】(あらすじ、見どころ、イベントレポなど)

このコーナーは、アジアの超大作スパイドラマ「IRIS-アイリス-」を2倍楽しむためのコーナーです。

イ・ミンホ主演「走れ!サバ」、走るのは誰?

【エンタテインメント/ドラマ/韓国】
イ・ミンホ主演「走れ!サバ」、走るのは誰?

「台・日・韓版、徹底比較」しているので、ぜひ参考にされたい。

NHK大河ドラマ 徳川家康

【エンタテインメント/ドラマ/歴史・時代劇】
NHK大河ドラマ 徳川家康

大河ドラマも21年目を迎えて、山岡荘八原作の大長編『徳川家康』が登場。

【エンタテインメント/ドラマ/韓国】
★『キツネちゃん、何してるの?』タイトルの謎

[2007年11月09日 ~ ]

【『韓ドラ』ここが知りたい!】 2005年に大ヒットした『私の名前はキム・サムスン』の脚本家、キム・ドウが贈るラブコメ第2弾の『キツネちゃん、何してるの?』は、ちょっとエッチな雑誌の女記者ビョンヒと 、9歳年下の青年チョルスが綴る愛のメッセージ。

【エンタテインメント/ドラマ/韓国】
★「歴史ドラマ」を楽しむ⑭新ヒーロー登場?‐『チェオクの剣』 (後編)キム・ミンジュン

[2008年09月19日 ~ ]

【『韓ドラ』ここが知りたい!】 「冬のソナタ」に代表される一大ブームは影を潜めたが、韓ドラはひとつのジャンルとして成立しており、その中でも歴史ドラマはしっかりと固定ファンを掴んでいる。

【エンタテインメント/ドラマ/韓国】
★「歴史ドラマ」を楽しむ⑬新ヒーロー登場?‐『チェオクの剣』 (中編)イ・ソジン

[2008年03月21日 ~ ]

【『韓ドラ』ここが知りたい!】 これまでの歴史ドラマの域を超えた「フュージョン時代劇」というジャンルを作り出した『チェオクの剣』は、スタッフや出演者の熱演で多くのファンを虜にし、「茶母廃人」なる社会現象までを引き起こした。

【統一新羅・渤海と高麗時代】 俳優チェ・スジョンが演じた英雄たち

【エンタテインメント/ドラマ/歴史・時代劇】
【統一新羅・渤海と高麗時代】 俳優チェ・スジョンが演じた英雄たち

【『韓ドラ』ここが知りたい!】 今回はドラマ『海神』『大祚栄』『太祖王建』の背景となった時代。

【エンタテインメント/ドラマ/韓国】
★「歴史ドラマ」を楽しむ⑪新ヒーロー登場?‐『ソ・ドンヨ』チョ・ヒョンジェ編

[2008年11月04日 ~ ]

【『韓ドラ』ここが知りたい!】 歴史ドラマに初チャレンジした俳優をチェック!チョ・ヒョンジェと初めての出会いはMBC2003年の作品『ラブレター』のアンドレア。

【エンタテインメント/ドラマ/韓国】
★「歴史ドラマ」を楽しむ⑨『朱蒙』と新作『風の国』を比べると?

【『韓ドラ』ここが知りたい!】今、韓国で放送されている『風の国』は、『朱蒙』で 主役を演じたソン・イルグクが主演している歴史大河ドラマ。

[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  2. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  3. 【「千秋太后」を2倍楽しむ】(歴史背景と全話のあらすじ、見どころ紹介)
  4. 【「六龍が飛ぶ」を2倍楽しむ】(各話あらすじ、見どころ、キャスト、時代背景など)
  5. 【凍える華】(全102話)ドラマ紹介

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,313タイトル、  81,776作品!

キャプチャーイット