なつは妹・千遥に会えるのか?!「なつぞら」第14週:「なつよ、十勝さ戻って来い」あらすじと見どころ、予告動画

[06月29日09時32分]  【ドラマ】

なつは妹・千遥に会えるのか?!「なつぞら」第14週:「なつよ、十勝さ戻って来い」あらすじと見どころ、予告動画

@NHK

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第14週の「なつぞら」は、妹・千遥が十勝の柴田家を訪ねてくる!そして明かす自分の人生とは?急ぎ北海道へ戻るなつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)は千遥に会うことができるのか?第14週(7月1日~7月6日)「なつよ、十勝さ戻って来い」のあらすじと見どころをご紹介、予告動画は番組公式サイトで公開中。

6月24日から放送された第13週は、”雪次郎の乱”と”なつの恋の予感”に話題が集まった。菓子職人を目指してなつ(広瀬すず)と共に上京した雪次郎(山田裕貴)は、もともと高校の演劇部に入っていて、演劇に大きな夢を持っていた。しかし、一人息子であるため、演劇の夢はあきらめて、菓子職人となるために東京で修行していた。再び演劇に目覚めた雪次郎を厳しく、そして優しく見守るとよ(高畑淳子)、雪之助(安田顕)、妙子(仙道敦子)の家族が描かれた。失敗しても戻っていいという台詞に家族の暖かさがあふれていた。

そして、6月26日に放送された第75話で、監督見習の坂場(中川大志)となつの階段でのシーンに「恋の予感?」と話題になった。中川が演じる坂場は、東大出身で理屈っぽいキャラクターで、高畑勲監督がモデルと言われている。そのシーンは、階段から落ちそうになったなつは手を振り回すと、坂場がなつの腕を掴み助け、「大丈夫?」「…大丈夫」と2人はじっと見つめ合ったシーンだ。天陽(吉沢亮)の結婚にも驚きの声があふれた。天陽の妻は第14週から登場し、大原櫻子が演じる。

そして、第14週は、なつの妹・千遥が十勝の柴田家を訪問する。行方がわからなかった妹のことが判明し、なつと咲太郎(岡田将生)が十勝に会いに行く。千遥のこれまでの人生がどうだったのか、なつたちは千遥に会えるのかが気になるところである。また、久しぶりに草刈正雄、松嶋菜々子、藤木直人、清原翔。北乃きいなど、十勝編で人気のあった人達が登場する。妹・千遥はいったい誰が演じるのかも第14週の楽しみとなっている。

【2019年春ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

第13週は、なつ(広瀬すず)の幼馴染の雪次郎(山田裕貴)が家族の反対にあいながらも俳優を目指す姿や、アニメーターとして成長してゆくなつの姿が描かれた。

光子(比嘉愛未)から、雪次郎(山田裕貴)が川村屋を辞めると聞いたなつ(広瀬すず)は、雪次郎をアパートから風車へとつれてくる。芝居の道に進む決意を固めた雪次郎を必死に説得するなつ。しかし、本人の意思が固いうえ、咲太郎(岡田将生)も本人の意思を尊重すべきとなつに伝える。光子は雪次郎が直接家族に相談するように告げる。



なつが職場でため息をついていると、茜(渡辺麻友)がやってきて、坂場(中川大志)のことで悩んでいるのかと興味深そうに尋ねてくる。そんななつは、坂場が質問にきた馬の動きの動画をまかされる。しかし、そう簡単には進まなかった。会社の階段で馬の動きを模索していると坂場が通りかかる。川村屋で聞けなかった”アニメーションにしかできないこと”について話を聞こうとするが、自分で見つけるべきといわれる。

雪次郎が役者になるため川村屋を辞めると言い出してから数日後。朝、なつがカーテンを開けると、窓の下に懐かしい、とよ(高畑淳子)、雪之助(安田顕)、妙子(仙道敦子)の姿があった。風車のカウンターに腰掛けた三人、すると亜矢美(山口智子)と咲太郎が現れた。雪次郎が劇団に入りたいといった背景に、咲太郎の影響があるはずと考えていた雪之助が口火をきり、咲太郎が誘ったのかと尋ねる。咲太郎は家も大事かもしれないが、雪次郎の夢も大事だという。雪次郎の部屋を用意したのは咲太郎だった。川村屋に雪之助が訪ねてゆくと、まじめにやっていたという話を聞く。

その話を聞いてから、雪次郎の部屋をみんなで尋ねる。雪之助たちの説得に対し、雪次郎は、自分の夢を追わせてほしいと必死に懇願する。しかし、雪次郎の抵抗もむなしく川村屋に連れ戻されてしまう。なつは、雪之助と雪次郎、お互いの気持ちがわかるだけに、どうしていいのかわからないのだった。雪次郎を連れて、川村屋に行った雪之助は、一緒に川村屋で働くという。泣きながら作業をする雪次郎をみたとよは、雪次郎に「もう行きな」とつげる。覚悟があるなら、もう二度と戻らずにといい、雪之助も説得する。雪之助は、一人川村屋に残り、万が一に雪次郎が帰ってきても居場所があるようにと働き続けている。

階段を落ちそうになった時の自分の動きを思い出したことで、どうしてもうまく描けなかった動画を完成させたなつ。早速会社で下山(川島明)や麻子(貫地谷しほり)に完成した動画を見せると、ふたりとも悪くない反応。ところが午後になり、その動画用紙を見た露木(木下ほうか)が、なつたちのいる作画課に乗り込んできた。なつが描いた新しい手法を許せない露木に対し、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)はそこに東洋動画の将来があると言う。予算があまりない以上、若い人の才能にかけるのがいいという。露木を説得し、なつの動画を採用する。

雪之助から、雪次郎に雪月を継がせたい理由は、とよが開拓した店だったからそのまま続けたいと雪之助は思っていた。その話を聞いたなつも家族に対する思いを雪之助に伝える。その後、なつたちが風車を訪れると、とよと咲太郎(が酒を酌み交わし陽気に歌っていた。すると雪之助が風車の女将・亜矢美に、明日の朝、店を貸してほしいと願い出る。そして、風車に呼び出された雪次郎は、雪之助にバタークリームのケーキを作るように言われた。みんながその味を納得できれば俳優を目指していいという。ケーキを食べた雪之助は「これくら努力しろ」という。そして、夢がかなわなかったら、恥ずかしがらずに十勝に帰ってこいという。

昭和33年春、なつが携わった新作の漫画映画「わんぱく牛若丸」の制作がついに終了。仲、露木、麻子ら、東洋動画のメンバーで打ち上げが行われる。そこで井戸原から指名を受けたなつは、かつて農業高校で歌った曲を熱唱する。和やかな雰囲気で打ち上げが行われる中、陽平(犬飼貴丈)と顔をあわせたなつは、十勝にいる天陽(吉沢亮)が結婚する話を聞かされる。驚きを隠し切れないなつだったが、陽平にはお祝いの言葉を告げる。風車に戻ると、信哉(工藤阿須加)が訪ねてきて、帯広支店に転勤になったと話す。

「わんぱく牛若丸」は大ヒットした。坂場はアニメーションでしかできないことを”ありえないことのように見せて真実を描くこと”だと考えているとなつに話す。そして、それから1年し、なつは動画の仕事を続けていた。電話が普及し、北海道とも連絡がとれるようになっていた。


【第14週(2019/7/1-2019/7/6)あらすじ
■第79話(月)
短編映画の制作が決まり、なつ(広瀬すず)と麻子(貫地谷しほり)は原画を任されることになった。演出部からは坂場(中川大志)が参加。早速3人は企画を考え始める。勝手になんでも決めていく坂場のやり方に、麻子は早くも不安を口にする。一方北海道・十勝では、富士子(松嶋菜々子)と砂良(北乃きい)が庭で話をしていた。そこにやってきた照男(清原翔)は、ふたりの背後に人の気配を感じ…。

■第80話(火)
富士子(松嶋菜々子)からの電話で、なつ(広瀬すず)の妹、千遥が十勝の柴田家に来ていると言われたなつ。千遥が富士子に伝えた言葉になつは激しく動揺する。千遥に会いたいなつは、すぐにでも十勝に帰ろうと、会社に許可をもらい早退。知らせを聞いた咲太郎(岡田将生)も、すぐに風車へ。妹の消息がわかったことに安堵する。そのころ十勝では、千遥が柴田家の面々に対し、なつたちが来る前に帰ると告げていた…。

■第81話(水)
なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)の妹・千遥が、突然柴田家に姿を現した。その日の晩ごはん、富士子(松嶋菜々子)は、なつの好物で千遥をもてなす。富士子や泰樹(草刈正雄)、剛男(藤木直人)たちのやり取りを見ていた千遥は、ふいに自分の境遇を語りだす。それを聞いた泰樹は、千遥に翌朝早起きしていっしょに働こうと提案する。千遥は泰樹の申し入れにうれしそうにうなずき、そして…。

■第82話(木)
柴田家にきている妹の千遥に会うため、急いで十勝に向かったなつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)。早朝、帯広に着いたふたりは雪月に立ち寄り、雪之助(安田顕)の運転する小型トラックで柴田家に到着。なつの到着を待ちわびていた富士子(松嶋菜々子)をはじめ、懐かしい面々との久々の再会を喜ぶなつ。あとは千遥との再会を待つばかりのなつに対し、泰樹は思わぬことを口にする…

■第83話(金)
千遥に会いたい一心で十勝にやってきたなつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)。しかし、柴田家に着いたころには、すでに千遥の姿はなかった。泰樹(草刈正雄)にも、なぜ千遥がなつの到着を待たずに出て行ったのか、その理由がわからない。そんななか、なつと咲太郎あてに、千遥からの一通の手紙が届く。そこには、戦後、なつたちと離れて暮らした千遥の生い立ちや、なつに会わないまま帰った本当の理由が記されていた…。

■第84話(土)
妹の千遥に会うことが叶わなかったなつ(広瀬すず)は、久しぶりに天陽(吉沢亮)を訪ねる。4年ぶりの再会に喜ぶふたり。天陽の隣には、一生懸命に働く天陽の妻・靖枝(大原櫻子)の姿があった。天陽の両親・正治(戸次重幸)とタミ(小林綾子)もなつを出迎え、近況報告に花を咲かせる。その後、アトリエで天陽とふたりきりになったなつは、靖枝との馴れ初めについて天陽から聞かされるが…。

【作】大森寿美男
【出演】広瀬すず/岡田将生/山口智子/比嘉愛未/工藤阿須加/井浦新/貫地谷しほり/川島明/小手信也/渡辺麻友/山田裕貴/松嶋菜々子/藤木直人/草刈正雄ほか
【語り】内村光良

「なつぞら」公式サイト
 <総合>(月~土)午前8時~8時15分/午後0時45分~1時[再]
 <BSプレミアム>(月~土)午前7時30分~7時45分/午後11時30分~11時45分[再]
   (土)午前9時30分~11時[1週間分]
NHKPRサイト「なつぞら」関連動画・記事
Twitter公式アカウント「@asadora_nhk」

【2019年春ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】




[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  2. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  3. 激動の最終回!「オクニョ 運命の女(ひと)」第51話 新たな時代の幕開け!あらすじと見どころ、予告動画
  4. 恋にウブなオトコ兄弟のラブコメ「俺様アニキと妄想好きなボク」12/7 BS12で放送開始!予告動画で先取り
  5. 【「不滅の恋人」(原題:大君)を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,910タイトル、  87,405作品!

相続の相談