藤原竜也はだまされていた!?「青のSP」第9話 毒親から子供たちを救え!第8話ネタバレと予告動画

[03月03日10時33分]  【ドラマ】

藤原竜也はだまされていた!?「青のSP」第9話 毒親から子供たちを救え!第8話ネタバレと予告動画

@カンテレ・フジテレビ系

香里(明日海りお)の事故を仕組んだのは校長(高橋克実)だった!しかし全ての事件の黒幕はまだ明かされていない!カンテレ・フジテレビ系の新火9ドラマ 藤原竜也主演「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」2021年3月9日(火)夜9時から放送の第9話のみどころと第8話ネタバレを紹介、予告動画は番組公式サイトで公開中。最新話はカンテレドーガ、Tverで無料配信中!



「青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-」は、中学校に配属されたスクールポリスが校内外で起こるさまざまな問題に立ち向かう学園エンターテインメント。3月2日に放送された第8話の平均視聴率は、関東地区で8.7%と前回と変わらず、関西地区では10.8%を記録し、前回から1.2ポイントダウンとなったが二桁をキープした(世帯別、ビデオリサーチ調べ)。

第8話で話題を呼んだのは、キーパーソンとなった体育教師の阿部(音尾琢真)。ブラック職場がテーマの第6話で職場改善を要求した新津(須賀健太)に味方するなど、正義感の強い一面ものぞかせ人気急上昇中だ。強面の容姿や、休日なしの“闇部活”を常態化させるスパルタ教師という噂から誤解を受けていたが、阿部がやっぱり良い先生だったことが明らかになった。Twitterでは「阿部先生」と「先輩」がトレンド入り。「阿部先生」は、こんな先生がいたら良いのに、最高にカッコいいといった称賛が上がり、「先輩」は、学生時代の部活の上下関係の思い出などのコメントが相次いだ。

香里の事故を画策した木島は逮捕されたが、まだ香里が追っていた事件の真相は明かされていない。暴行未遂事件の被害者・美月(米倉れいあ)とクラス委員長の尾崎香澄(鈴木梨央)が何かを知っているようだ。なにより、香澄の父で教育委員長の尾崎(升毅)がスクールポリスを導入した真意も気にかかる。

次週3月9日に放送される第9話では、高校受験の進路指導が始まる。親と異なる進路を希望する相良恭子(石井薫子)の授業態度が悪くなり、見かねた涼子は恭子にある提案をし…。

香里の事件の裏にまだ何か秘密があると考える隆平は、隠ぺいされた暴行未遂事件の被害者・美月に疑惑の目を向けて行動を監視する。一年前、香里は何を調べ、何をしようとしていたのか…。亡き恋人の思いを胸に、隆平が事件の核心へと迫る!!




※FODで1話~最新話まで配信中!

■前回:第8話 あらすじ
野球部のピッチャー・矢島裕(長島令玖)が、試合中に頭部にボールを受けて脳しんとうを起こす。矢島によると、マウンドから投球する際、目にレーザーが飛び込んできたという。矢島は友達からの信頼も厚く、恨みを買うようなタイプではない。そのことから隆平(藤原竜也)は、学校へ報告なしで部員たちに休みなく厳しい練習を課す“闇部活”を常態化させたり、いきすぎた指導で部員の鼓膜を破裂させたこともあるという顧問の阿部(音尾琢真)に対する嫌がらせではないかと考える。

ところが、厳しいが面倒見のよい阿部に対する生徒たちの信頼は熱く、恨みを抱く人物は見当たらなかった。隆平は、亡くなった香里(明日海りお)が、熱中症で部活帰りに事故にあった野球部員がいると話していたことを思い出し、事故以来、学校に来られなくなった坂木司(山時聡真)の家を訪ねる。

すると坂木は熱中症になったのは阿部が帰ったあとの自主練で先輩たちにシゴきを受けたのが原因だと話す。お見舞いにきた香里にそのことを話したところ、先輩にこれ以上口外するなと脅され、その後香里が死んだことを知り、自分も殺されるのではと思い怖くなって登校できなくなったのだと語った。

そのころ、三枝(山田裕貴)は目撃情報からレーザー照射をした犯人を確保。隆平は阿部とともに坂木の家を再度訊ねる。坂木の母が犯人に野球部にいやがらせをしてくれと頼んでいたのだ。坂木の母は何度も学校に抗議したにも関わらず、何も改善されていないことに腹を立てたのだという。抗議は校長の木島のところでもみ消され、阿部の知るところではなかったが「部活は、プロになれるかならないかではなく、今どれだけ熱中できるものがあるかが大事だ」と語り、「事件の事は本当にすまなかった。私の監督が至らなかったからだ」と土下座する。

そして、三枝から録音データを送ったのが野球部OBの松田宏太(水沢林太郎)と知らされた隆平は、松田を捕えて問い詰める。松田は香里の墓参りに来ていた隆平が赤嶺中学のスクールポリスになったことを知り、このままでは自分が捕まると思ったのだという。「浅村が疑われればいいと思った。それに、小川先生を邪魔に思っていたのは俺だけじゃない」と松田は他にも関与したものがいることをほのめかす。

浅村とともに校長室を訪れた隆平は、香里から熱中症の原因の話を聞いた木島が、松田を脅して自転車のブレーキに細工をするよう仕向けたと追及。木島はそれを否定するが、隆平は松田が録音していたボイスレコーダーを突きつける。そこには、隆平がスクールポリスとしてやってきたとき泣きついてきた松田を木島が切り捨てる様子が録音されていた。

「生徒を守るためだ。私は間違ったことはしていない」と自分の正義を語る木島を、隆平は容赦なく殴りつけてクビを締め上げる。駆け付けた三枝が「先輩やめろ!俺が先輩に手錠をかけなきゃいけなくなる」と止めに気入り、木島から隆平を引き離す。

木島校長は逮捕され、隆平は暴行罪で事情聴取を受けることに…。

■次回:第9話 あらすじ
岡部(遠藤雄弥)による暴行未遂事件を公表しようとした香里(明日海りお)を阻むべく、生徒を脅迫して香里を死に追いやったのは、校長の木島(高橋克実)だった。木島の逮捕で一年前の事件はすべて明らかになったかに思えたが、隆平(藤原竜也)は、事件の裏にまだ何か秘密があると考えていた。

3年生のクラスでは高校受験の進路指導が始まり、涼子(真木よう子)は志望先が親の意向と異なる相良恭子(石井薫子)のことで頭を悩ませていた。自分と同じ帰国子女が多い学校へ進学し、語学に磨きをかけたい恭子に対し、母親は家の病院を継がせるために、何としても医学部付属の高校を受験させるというのだ。一方的な母親の言動にいら立ちを隠せない恭子は、次第に授業態度も悪くなり、見かねた涼子は恭子にある提案をする。

一方、暴行未遂事件の被害者でもある美月(米倉れいあ)の進路相談には父親が現れる。その態度から、家庭内に問題があると考えた隆平は、美月を尾行。すると、向かった先には思わぬ人物が待っていた。さらに、木島の逮捕で岡部の身にも異変が…!?

一年前、香里は何を調べ、何をしようとしていたのか。亡き恋人の思いを胸に、隆平が事件の核心へと迫る!

「青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―」は、2021年1月12日(火)より毎週火曜夜9時よりカンテレ・フジ系全国ネットで放送。出演:藤原竜也、真木よう子、山田裕貴、泉澤祐希、音尾琢真、石井正則、須賀健太、高橋克実 明日海りお ほか。主題歌:SHE’S「追い風」、PR動画は番組公式サイトで公開されている。

「青のSP」番組公式HP
「青のSP」番組公式Twitter
「青のSP」番組公式Instagram

【2021年冬ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  4. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など
  5. 【「トンイ-同伊-」を2倍楽しむ】あらすじと予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,532タイトル、  85,918作品!