映画『茜色に焼かれる』池松壮亮、仲野太賀、前田敦子ら絶賛コメントが続々到着!

[05月13日18時00分]  【映画】

映画『茜色に焼かれる』池松壮亮、仲野太賀、前田敦子ら絶賛コメントが続々到着!

主演・尾野真千子×監督・石井裕也『茜色に焼かれる』が5月21日(金)より全国公開となるが、池松壮亮、仲野太賀、前田敦子ら絶賛コメントが続々到着!予告動画は公式サイトで公開中だ。

『茜色に焼かれる』は、今の世相に正面から対峙し、もがきながらも懸命に生きようとする「母の生き方」を捉えた圧倒的な愛と希望の物語。



この世界には、誰のためにあるのかわからないルールと、悪い冗談みたいなことばかりがあふれている。まさに弱者ほど生きにくいこの現代に翻弄されながらも、正面から立ち向かう一組の母子がいた。この生きにくい世の中で、もがきながらも懸命に生きる親子、不器用ながらも己の信念に従って生きる主人公・良子の姿が、観る者の胸に深く突き刺さる感動作。果たして、彼女が最後まで絶対に手放さなかったものとは?

あかねあえて今の世相に正面から対峙することで、人間の内面に鋭く向き合ったのは、若手実力派監督の石井裕也。傷つきながらも、自身の信念の中で真っ直ぐに生きる母親を、尾野真千子が驚くべき存在感で体現。茜色の希望をたなびかせて、厳しくも澄みきった人間賛歌がここに誕生。激しくも切ない魂のドラマが、真っ赤な希望をともす。13歳の息子・純平を演じるのは『ミックス。』(17)でも存在感を出した次世代の注目株・和田庵。その純平が憧れを抱く良子の同僚・ケイには『あの頃。』(21)の新進女優・片山友希、そして、交通事故で命を落とす夫・陽一をオダギリジョー、良子とケイを見守る風俗店の店長を永瀬正敏が演じ、それぞれ確かな人間力を見せてくれる。

この度、本作の公開に向け、著名人の方々から絶賛コメントが続々と到着した。

誰しもが歯を食いしばり、生きてる。誰かを傷つけない為に、演じてる。母ちゃんから受け取った誇りは、きっとあの少年を勇敢にする。親子の帰り道、純真な愛の告白に涙が溢れました。
仲野太賀 (俳優)

人類の終末感に相応しい美しい夕焼けと、生き延びてきた自己の物語。どんなに世界に傷つけられても田中良子は生きている。その魂の咆哮に、涙が止まらなかった。身一つで請け負う女性のその圧倒的な姿は、夕焼けよりも美しい。
池松壮亮 (俳優)

石井監督やっぱりすごいです。尾野さん、はじめとするみなさんの熱演、本当に全てが素晴らしすぎて、魂が震える感覚を知れた気がします。「愛」の底力って計り知れない。
前田敦子 (女優)

このクソのような世の中で真面目に誠実に日本の映画を撮ろうとしたらこうなった。そんな映画だ。
古舘寛治 (俳優) 

今の社会にこびりつく理不尽な決まり事に踏みつけられる母と子の、ひたすらにしなやかでひたむきな姿に、ただ心を締めつけられる。我が事として、今見るべき物語。
松尾貴史 (タレント)

静かな笑みという鎧でなんとか自身を保っていたひとりの母親が、鎧を脱ぎ捨て、丸腰で闘う姿に、唖然とし、落涙し、そして強く励まされた。
角田光代 (作家)

激しい作品だ。良子の苦しみが、純平の切実さが、ケイの絶望が、そしてどうしたって溢れでてしまうあらゆる愛が、願いが、見ているわたしたちに一つずつ突き刺さる。
加藤千恵 (歌人・小説家)

どこかで大きなどんでん返しや、救いがあってほしいと願いながら見続けた。私たちは「努力すれば報われる」とか「神様はきっと見ている」と心のどこかで信じているけれど、本当にそうだろうか?誰にも救ってもらえない人生は、どう生きるのが正解だろうか。そんなことを考えた。
はあちゅう (ブロガー・作家)

人は哀しい。どうしてこんなに哀しいんだろう。映画を観て、あたしは泣いた。映画に、自分やまわりの人々を投影したからだ。それでも、人でありたいと願う多くの仲間に、この映画を勧める。観て良かった。
室井佑月 (作家)

完全なる不幸の中に散りばめられた、一瞬の幸せの一つ一つに心が震える。しかもその単純ではないコントラスト表現の見事さと、尾野真千子の喜怒哀楽の素晴らしさにも目を見張った。
齋藤薫 (美容ジャーナリスト/エッセイスト)

「なんで怒らないの」何度もどこかで聞いた言葉だ。人に起きたことなら怒れるのに、なんでだろう。自分の怒りと素直に向き合えた時、人は解放されるのかもしれない。
伊藤詩織 (映像ジャーナリスト)

公営団地に暮らす母子家庭、母の失恋そして包丁の追憶。息子の境遇が我が身に重なり、感情移入してしまった。格差が格差を生む理不尽な社会に差し込む茜色の未来が美しい。
鮫島浩 (ジャーナリスト)

日本のシングルマザーが経験するありとあらゆる苦難がこれでもかと。それをコロナ禍がさらに直撃した。でも、誇りは捨てない。この怒りは誰に届くだろうか?
上野千鶴子(社会学者)

追いつめられ、壊れかけつつも、踏みとどまっているーーその際(エッジ)を生き抜くすべての人々が等身大の〈自分〉を見出せる映画だ。
湯浅誠 (社会活動家・東京大学特任教授)

不条理を一身に浴びながら、それでも生きていく主人公が眩しい。溜めすぎた怒りを、悲しみを、叫びを受け止めながら、終いに癒しに導かれる。すごい映画でした。
三浦瑠麗 (国際政治学者/山猫総合研究所代表)

「生きる」とは、幸せを求めることと考えている人たちにこそ、見て欲しい。墜ちても落ちても抗い生きる。つらい苦しみの中にこそ在る生きる意味。こころに刺さります。
水谷修 (夜回り先生)

息苦しい社会なのに、息の苦しさは隠蔽される。この作品は、その隠蔽を剥がして剥がして剥がして明らかにする。荒々しい息が聞こえてくる。たじろぐ。情けないほどにたじろく。
武田砂鉄 (ライター)

※順不同、敬称略

『茜色に焼かれる』5月21日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開

『茜色に焼かれる』公式サイト



尾野真千子
和田庵 片山友希 大塚ヒロタ 芹澤興人 笠原秀幸 泉澤祐希 前田勝 コージ・トクダ
前田亜季 鶴見辰吾 嶋田久作/オダギリジョー 永瀬正敏
監督・脚本・編集:石井裕也 製作:五老剛 竹内力
ゼネラルプロデューサー:河村光庸
エグゼクティブプロデューサー:飯田雅裕
プロデューサー:永井拓郎 神保友香 共同プロデューサー:中島裕作 徳原重之 長井龍
『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ:朝日新聞社 RIKI プロジェクト
製作幹事:朝日新聞社 制作プロダクション:RIKI プロジェクト
配給:フィルムランド 朝日新聞社 スターサンズ
主題歌「ハートビート」/ GOING UNDER GROUND(ビクターエンタテインメント)
©2021『茜色に焼かれる』フィルムパートナーズ
2021年/日本/144分/カラー/シネマスコープ/5.1ch R-15+

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  2. 皓ランに熱愛発覚!NHKBSP「コウラン伝 始皇帝の母」第34話予告と第33話ネタバレ:特殊な結婚
  3. 【最終回ネタバレ】NHKBSP「コウラン伝 始皇帝の母」第34話:母の愛を見せた皓ラン!呂不韋の最期
  4. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  5. 「馬医」第16話あらすじと見どころ:クァンヒョン、今度は監禁!チニョンに婚姻話が…

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,545タイトル、  85,931作品!