NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」安子(上白石萌音)は娘・るいを連れて大阪で一人働く!第4週ネタバレと第5週予告動画

[2021年11月26日09時28分]  【ドラマ】

NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」安子(上白石萌音)は娘・るいを連れて大阪で一人働く!第4週ネタバレと第5週予告動画

@NHK

空襲で母(西田尚美)、祖母(鷲尾真知子)を亡くし、父(甲本雅裕)までも突然になくなってしまった安子(上白石萌音)!戦死の連絡があったものの、夫・稔(松村北斗/ SixTONES)の無事の帰還を待ち続ける!そんな安子に姑(YOU)の冷たい仕打ちは増すばかり!勇(村上虹郎)の助けで大阪で娘・るいと菓子の行商で暮らしてゆく!連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」第5週「1946-1948」(11月29日~12月3日)のあらすじと見どころをご紹介!予告動画は番組公式サイトで公開されている。



ラジオ英語講座と共に歩んだ祖母・母・娘、3世代ヒロインに小さな奇跡がおとずれるオリジナルストーリー「カムカムエヴリバディ」、11月22日から第4週が放送された。第4週は、今までの放送の中では最も辛いシーンの多い週となった。太平洋戦争末期、安子(上白石萌音)の夫・稔(松村北斗/ SixTONES)は出征したまま、子供を産むも戦況は悪化してゆき、岡山も空襲の被害を受け、愛する母・小しず(西田尚美)、祖母・ひさ(鷲尾真知子)がなくなってしまった。敗戦後、父・金太(甲本雅裕)はなんとか立ち直ったと思ったが、突然の死に見舞われてしまう。更につらい、稔の戦死を知らせる公報も届いた。

朝ドラ受けの「あさイチ」は第17話が放送された11月23日(火)は祝日のため放送がなかったが、ドラマ大好きで知られる博多華丸大吉の華丸は「自宅にいたので思う存分泣けた」とツイートしている。翌24日の放送で、「まだ気持ちが追いつけない」といいつつも、ラストシーンで金太が配給の砂糖を貯めていたものに注目し「湿気てない?あさイチは裏技とか知ってるはず」と笑いに変えた。更に25日の放送では直前の放送で金太の死がわかると、鈴木奈穂子アナウンサーは涙を隠し切れず、言葉にならなかった。今回のドラマでは「死をしっかり描く」とドラマの制作統括・堀之内礼二郎は語っている。

11月29日から放送される第5週では、終戦後、なかなか行方のわからない稔と待ち続ける安子に姑・美都里(YOU)の冷たい仕打ちが待ち受ける。復員した勇(村上虹郎)がいなければ娘・るいを雉真家に取られてしまう。勇の機転で大阪にむかった安子は一人で娘を育てるために菓子の行商を始める。そして、再び、懐かしい英語に出会う。カムカム英語を毎朝二人で聞くのがささやかな楽しみとなっている安子とるいのもとに大型発注が舞い込んできた。

舞台が大阪に移ることで第5週以降、登場人物が新たに加わることになる。安子が逃げ込む「おぐら荘」の大家役は若井みどり、安子が大阪で出会う主婦で「カムカム英語」をいつも聞いている小川澄子役は紺野まひるとなる。更に「カムカム英語」の平川唯一役にさだまさしも満を持しての登場となる。

【第4週(2021/11/22-11/26)あらすじ
稔(松村北斗)の出征を見届けた安子(上白石萌音)。稔の子を授かっているとわかったのは、稔が出征したふた月後のことだった。ラジオからは連日アメリカからの攻撃の知らせが流れ、勇(村上虹郎)も徴兵が決まり、戦争はさらに安子たちの日常を変えてゆく。時が経ち、安子は元気な女の子を出産した。名前は『るい』。稔が考えた名前をつける。しかしその名前に込められた本当の意味は、周囲には明かせないものだった。稔は男でも女でも、日本でも外国でも通じる名前としてルイアームストロングから取っていたのだ。

るいは安子の愛情のもとすくすくと育ってゆく。しかし、戦況は以前にもまして厳しいものになっていった。ラジオからは東京や大阪への空襲のニュースが流れていた。

1945(昭和20)年。安子(上白石萌音)は赤子のるいを連れて橘家に帰り、久々にひさ(鷲尾真知子)や金太(甲本雅裕)、小しず(西田尚美)たちと思い出話に花を咲かせ、あたたかな時間を過ごしていた。そしてとうとう岡山でも空襲が始まり、安子はるいをおぶって、焼夷(い)弾が降る中を必死に逃げ惑う。実家でもひさ、小しず、金太たちが防空壕へ向かう。ひさ、小しずを防空壕に逃がすと、金太は消火のために二人を置いて火事のほうへ向かっていった。雉真の防空壕で助かった安子はるいを美都里(YOU)に預けて実家の様子を見に行くと、座り込んでいる金太がいた。金太の話では、防空壕に焼夷弾が落ちて、ひさ、小しずがなくなってしまったというのだ。金太は自分がその防空壕に入るように指示したことで二人を殺してしまったと嘆き続けた。

空襲で、ひさと小しずを亡くした金太(甲本雅裕)は、空襲からひと月たっても床に伏せ続け、心と体は回復しないままだった。安子もまた、金太の世話をしながらも母と祖母の死を現実として受け入れられない。そして8月15日、ラジオからは玉音放送が流れ、日本は終戦を迎えた。金太は布団の上で号泣していた。

ある日、安子はお供えのおはぎをつくろうと、金太にあんこの作り方を教えて欲しいと声をかけるが、金太は精神を病んだまま何も言えない。闇市で小豆を買って、砂糖はないながらもなんとかおはぎをつくって金太の布団に持ってゆく。最初はそのおはぎを投げ捨てた金太だったがあんこを食べると、「こんなものを小しずたちのお供えにできない」と焼けた家にもどり、配給の砂糖をためていた缶を探し出した。

「たちばなの菓子で救われる人が、きっとおるはずじゃ」再び、菓子作りへの意欲を取り戻した金太。戦後焼け野原となった岡山の町も、少しずつ復興に向け動き出していた。安子は材料集めに奔走し、幼い頃からの憧れだったあんこ炊きを金太から教わる。そうして出来上がったおはぎを売りに町へ出ると、持ち逃げしようとする小さな手が…。その男の子を引き止めた金太は、とある賭けをする。それは、作ったおはぎの一部をその少年に託し「いくらで売るかはお前が決めろ」といって、売上の1割がその少年の儲けだとする。周りにいた人はあきれるが、金太はその少年に算太(濱田岳)のおも影をみていたのだった。

その晩、小豆を煮ている金太のもとに算太が復員してきたように見えた。そんな算太に「みんな死なせてしまった」と金太は打ち明ける。算太は「戦争だったから仕方ない」と全く責めることはない。そして、金太はエンタツアチャコを聴いていた戦前の在りし日の家族の団らんを思い浮かべていた。その金太の死が伝えられたのは翌朝だった。菓子作りに命を燃やした金太の突然の死を見守ったのは、おはぎを持ち逃げしようとした男の子だった。金太におはぎ売りを託された男の子は商いの楽しさを知り、新たな人生を歩みはじめる。

そして戦後から3か月半。4年ぶりに「基礎英語講座」が復活した。安子は、稔の帰りを心待ちにしながら英語の勉強を再開する。るいをあやしながら家事をしていると1人の復員兵の姿が現れた。それは勇だった。千吉や美都里、安子は喜び、早く稔も帰ってくるように祈っていた。しかし、そこい届いたのは稔の戦死の連絡だった。安子は稔の無事をいつも祈っていた神社にふらふらと歩いてゆき号泣するしかなかった。



【第5週(2021/11/29-12/3)あらすじ
■第21話(月)
安子(上白石萌音)は稔(松村北斗)のことを思い続けていた。すくすくと育つるいの成長が安子にとっての心の支えだった。そんな安子を勇(村上虹郎)は気にかけ続けているが、美都里(YOU)は安子にひどくきつく当たるようになっていた。とうとう美都里は安子を雉真家から追い出すよう千吉(段田安則)に持ちかける。

■第22話(火)
千吉(段田安則)からるいを雉真家の養子にすることを求められた安子(上白石萌音)。その姿を見かねた勇(村上虹郎)は、るいを連れて岡山を出るよう安子を説得する。勇の援助を受け、るいと2人きり大阪へと向かったのだった。たどり着いたのは稔(松村北斗)が学生時代に住んでいたおぐら荘。大家の計らいで安全に暮らせる部屋を手に入れた安子は、お菓子を作って売ることで生計を立てようとしていた。

■第23話(水)
安子(上白石萌音)は試行錯誤を繰り返しながら芋あめを作るが、そう簡単には売れない。るいを守る一心で自分はろくに食べもせず、働きづめの日々を送っていた。そんな中、安子は住宅街の民家から漏れ聞こえる英語の歌に出会う。それは平川唯一という講師の『英語会話』第一回放送だった。それから毎日仕事終わりに民家の軒先に立ち寄り『英語会話』に夢中になって聴いていたのだが、ある日、空き巣に疑われてしまい…

■第24話(木)
1947(昭和22)年。米や砂糖、小豆など菓子作りの材料が少しずつ手に入るようになり、安子(上白石萌音)はおはぎやおまんじゅうを作って売り、るいとつつましく暮らしていた。カムカム英語は日本中で爆発的な人気を誇っている。倹約して買ったラジオから聞こえるカムカム英語は、安子とるいの毎日の楽しみだった。そして1年の時が経った頃…安子のもとにおはぎを毎朝200個仕入れて欲しいという依頼が舞い込んだ。

■第25話(金)
安子(上白石萌音)の前に突如現れた千吉(段田安則)。安子に、るいを連れて雉真家に戻ってくるよう説得するためだった。しかし、安子の固い決心は揺らぐことはない。安子は一層おはぎ作りに精を出し、大口の顧客を増やすために営業にも回るようになっていった。これまで安子とるいの日々の楽しみだったカムカム英語を聴く余裕すらないほど、忙しい日々を送っている。息つく間もなく、作業に没頭する安子だったが…

【脚本】藤本有紀
【出演】上白石萌音,松村北斗(SixTONES)、村上虹郎,YOU,段田安則 他
【語り】城田優
公式Twitterアカウント「@ asadora_bk_nhk」

 <総合>(月~土)午前8時~8時15分/午後0時45分~1時[再]
 <BSプレミアム>(月~土)午前7時30分~7時45分/午後11時00分~11時30分[再]
   (土)午前9時45分~11時[1週間分]

「カムカムエヴリバディ」番組公式サイト
「カムカムエヴリバディ」NHK-PR 関連動画・記事
「カムカムエヴリバディ」番組公式Twitter @asadora_bk_nhk
「カムカムエヴリバディ」番組公式Instagram @asadora_bk_nhk

【2021年秋ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  2. NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」新婚の深津絵里とオダギリジョーは京都へ!第13週予告動画と第12週ネタバレ
  3. NHK「アンという名の少女3」第8話あらすじと見どころ:突然におとずれる変化
  4. 側室ソンヨンの幸福と苦悩…「イ・サン」第63話あらすじ、見どころと予告動画&前2回ダイジェスト-NHK
  5. 【「善徳女王」を2倍楽しむ】(歴史背景と全話あらすじ、キャストの魅力など紹介)

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,608タイトル、  85,993作品!