池田エコライザが“令和のドロンジョ”に!泥川七音がなぜドロンジョとして悪に手を染めたのか?90秒予告編

[09月25日22時47分]  【ドラマ】

池田エコライザが“令和のドロンジョ”に!泥川七音がなぜドロンジョとして悪に手を染めたのか?90秒予告編

タツノコプロが誇る国民的人気キャラクター、ドロンジョ!表裏一体の正義と悪をテーマに、“ドロンジョ”が“ドロンジョ”になるまでを描くダークエンターテインメント「DORONJO/ドロンジョ」(全11話)が、池田エライザ主演で10月7日(金)からWOWOWプライムにて毎週金曜午後11時から放送!オンデマンドでも配信する。番組サイトで90秒スペシャル予告映像が公開中だ。



「DORONJO/ドロンジョ」は、放送開始から45年を経た今もなお、多くの人々に愛されるアニメ「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」を原作に、タツノコプロが誇る国民的人気キャラクター・ドロンジョの過去を全く新しい視点で描いたダークエンターテインメント。

主人公の泥川七音がドロンジョとして悪に手を染めることになるまでの知られざる過去や壮絶な生きざまを描く。WOWOW連続ドラマ初出演にして初主演を務める池田エライザが主人公の七音、後のドロンジョに扮する。

ドロンジョの敵である、後のヤッターマン2号・聖川愛花を山崎紘菜、後のヤッターマン1号・高岩田ガンを金子大地、ドロンボー一味としてドロンジョと行動をともにする後のボヤッキー・飛悟を矢本悠馬、後のトンズラー・匠苑を一ノ瀬ワタル、七音の伯父で育ての親・正治を平山祐介、七音の実母・躑躅我鸞を霧島れいか、七音の実父・詩音を近藤芳正、愛花の父親・誠一郎を高橋和也、七音が関わるある事件の捜査を担当する刑事・軍沢を古田新太が演じる。“令和のドロンジョ”に期待が高まる。

■あらすじ
これは、ドロンジョがドロンジョになる、少し前のこと――。
泥川七音(池田エライザ)は、幼いころに親に捨てられ、傾きかけたボクシングジムを営む伯父、正治(平山祐介)に引き取られた。そんな七音は、正治からの厳しいボクシング指導を受け、アマチュアボクシングの日本代表を視野に入れていた。
七音のライバルは、大手企業の社長令嬢でボクシングセンスも抜群である聖川愛花(山崎紘菜)。美貌を活かしてインフルエンサーとしても活躍する愛花と、犯罪被害者支援活動をしている幼なじみのガン(金子大地)は、「世の中を良くしたい」という同じ志を持っていた。
そして、世界大会出場の日本代表を懸けた七音と愛花の一騎打ちが行なわれる。
しかし、七音の人生を決める試合の直後、ある壮絶な悲劇が七音を襲う――。



■作品概要
原作:「タイムボカンシリーズ ヤッターマン」(タツノコプロ)
脚本:喜安浩平 内藤瑛亮 大塩哲史 佐東みどり
監督:内藤瑛亮 横尾初喜
音楽:有田尚史
プロデューサー:山田雅樹 小林祐介 星野恵
制作協力:ダブ
製作著作:WOWOW AX-ON
出演:
池田エライザ
山崎紘菜 矢本悠馬 金子大地 一ノ瀬ワタル 田中俊介
平山祐介 霧島れいか 近藤芳正
高橋和也 古田新太

WOWOW「DORONJO/ドロンジョ」番組サイト
映画・スポーツ・海外ドラマみるならWOWOW

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  4. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  5. 「奇皇后」第51話(最終回)ネタバレあらすじとドラマのその後:チ・チャンウク&ハ・ジウォンの愛に涙腺決壊

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,699タイトル、  86,072作品!