榮倉奈々×ジャルジャル後藤が夫婦役で初共演!オレオ新CM、10/3放映!先行公開とインタビュー(全文)

[09月29日11時00分]  【商品・CM】

榮倉奈々×ジャルジャル後藤が夫婦役で初共演!オレオ新CM、10/3放映!先行公開とインタビュー(全文)

モンデリーズ・ジャパン株式会社のビスケットブランド「オレオ」は、新TVCM「家族って、チームだ。」篇を2022年10月3日(月)より全国で放映し、Youtubeでも公開する。またCMに出演した女優・榮倉奈々とお笑い芸人・ジャルジャルの後藤淳平のインタビューも到着したのでご紹介しよう。



新TVCMでは「家族って、チームだ。」をキーワードに、榮倉と後藤が夫婦役を演じ、オレオを通して生まれる新しい家族の絆を描く。

責任感のあるママ(榮倉)は何でも自分がやらなければと、つい頑張ってしまいがち。そんなママは、一緒に家事をするパパ(後藤)にも、つい「ありがとう」ではなく「ごめん」と言ってしまう。そんなママに息子が発したある一言と、家族みんなでオレオを食べる時間をきっかけに、家族のチームワークが強まる様子をうつしている。
息子が発した言葉はCMで確認しよう。



インタビューでは初共演となった撮影の感想や、普段家庭で大切にしていること、お子さんの成長を感じたエピソードなど幅広く語っている。お互いのパパ・ママとしての考えに共感し合う場面も。

<インタビュー>
―本日の CM 撮影を終えての感想を教えてください。
榮倉:子供たちが元気でとても楽しかったです。
後藤:本当に短い間でしたけれども、榮倉さんと家族になれて嬉しかったです。

―初共演の印象を教えてください。
後藤:僕はもう、そのままの印象でした。非常にナチュラルな方で、ナチュラルに接していただきました。

―撮影の合間、どんなことを話されてましたか?
後藤:ちょっとした情報交換ではないですが、お子さんはおいくつですか?とか…
榮倉:そうですね!

―撮影でたくさんオレオを食べられてましたが、普段も食べられますか?
後藤:はい。家にあったら「ラッキー!」という感じで大好きなおやつなんですけど、今日は本当にたくさん食べて、さすがに頭がぼーっとしました。

―榮倉さんはどんな時にオレオを食べますか?
榮倉:現場にも用意してくださっていることが多いのですが、私は、割って食べるのが好きで。クッキーだけを食べるのも好きです。置いていてくれると嬉しくなります。

―後藤さんはどういうふうにオレオを食べるのが好きですか?
後藤:基本、やっぱり一口で、口の中いっぱいにしたいという。そのときすっごい幸せですし、贅沢やなと思うんですけど、砕いたりして、アレンジしたりするみたいなのもありますよね?とあるバイキングに行ったときも、「絶対オレオ入ってるやん」みたいな。
榮倉:アイスとかですよね。
後藤:オレオが入っているだけでワンランク上がるというか。アレンジメニューとかも良いですよね。

―お互いのパパぶり、ママぶりはいかがでしたか?
(笑い合う二人)
後藤:僕のパパぶり…短い間だったので、なかなか出す場面はなかったですけど。
榮倉:後藤さんはやっぱり慣れていらっしゃるんだなという印象でした。
後藤:あ、でもそれはもう榮倉さんもそうですよ。カメラ回る合間とかに牛乳が入っているグラスとかが、「倒れるよ~」とか「気をつけて」みたいな感じは、すごいリアルでした。倒れる、肘が当たるとか。よくあるんで。カメラ止まっている間が一番リアル家族でした。

榮倉:確かに。子供たちが無邪気でしたよね。
後藤:無邪気でした。元気でしたね。
榮倉:(自分も)元気になりました。
後藤:(子供たちは)緊張しないですね。すごい元気でした。
榮倉:でも「撮影終わるのが寂しい」って泣きそうになっていて…
後藤:生粋の仕事人ですね。
榮倉:純粋だな、と思ったんですけど…私は(笑)。
後藤:あ、ごめんなさい(笑)。

―家族でチームワークが大事な場面は?
榮倉:たくさんあります。特に上の子にはよく言ってしまうのですが、例えば(子供 2 人と自分の)3 人で過ごす日とか、まだ下の子が 1 歳台なのでヘルプが欲しくて、「チームだから、お願いね!」と声をかけて、一緒に手伝ってもらったり。その合言葉が結構やる気を奮い立たせてくれるみたいで、この言葉を言うとお手伝いをしてくれるっていうことになっています。

―今回の CM のように、普段から「チーム」という言葉を使われるんですか?
榮倉:そうですね、割と使っていたので、キャッチフレーズを見たときに、「おお~っ(拍手)」と思いました。

―今回の CM のように、「ありがとう」の代わりに「ごめんね」とついつい言ってしまう事は普段もありますか?
榮倉:あります。「すみません」とか…。「ありがとう」に置き換えられる言葉ですよね。その方が気持ちがいいよって人が言っているのを聞いたんです。その時に自分も「すみません」をよく使っていると気づいて反省しているところだったんです。「ありがとう」に置き換えようと思いました。

―普段家庭で大切にしていることを教えてください。
榮倉:笑っていようと心がけています。つい「こうしなきゃ」とか「こうしてあげなきゃ」みたいな気持ちに引っ張られて、それさえなければ楽しい出来事なのに、例えば(子供が)牛乳をこぼしても笑って終わるのか、「ちょっとやめてよ」という気持ちで終わるのかで全然違うと思います。
後藤:(何度もうなずきながら)わかります。
榮倉:なんでだろう、なんでだろうといつも思います。
後藤:後で考えたら大したことないのに…
榮倉:貴重な子供時代を楽しく過ごせたら絶対に良いですよね。
後藤:ありますね。コーヒーを飲んでて、子供がパーって物を投げて、(コーヒーが)バッと倒れたんですよ。そのときは「あーOK、OK!」って。「大丈夫?火傷してない?」みたいな感じでいけたんですよ。あ、いけたいけた(と思った)。なんですけど、1 日で 2 回起きたんですよそれが。それ(1 回目)が朝で、夕方にもう一回バーンって倒されたんですよ。そのときは「おい!」って言っちゃいましたね。そうなったときに、「あ~大したことじゃないのに…1 回目はできたのに 2 回目は言ってもうたな…」みたいな…。
榮倉:ありますね…。
後藤:ありますよね。
榮倉:楽しい思い出のはずなのですが…。
後藤:そうですね、楽しくしようと思ったらなんぼでもできるはずなんですけど。
榮倉:職業(柄)…(笑)?
後藤:そうですね(笑)。そういう職業なんで(笑)。やのに、ちょっと大ごとにしてしまうこと、ありますよね。「頼むわ」みたいな。



―子育てのこだわりを教えてください。
後藤:親・子供、というより、友達のような感じ…同じぐらいの目線でいけたらいいなというのは心がけてますね。「ウェー!」ぐらいの。で、向こうも「ウェー!」ぐらいの感じ(関係)でずっといけたらええなと思ってるんですよね。思春期とか入ってきても、ちょっと言いづらいようなことも言ってもらいたいし、そういう友達みたいな感じでいけたらええなっていう、願望ではあるんですけど。

―お子さんの成長を感じる時は?
後藤:やっぱり子供の成長って早いので。ついこの前まで抱っこしてたような子が、ふと見ると風呂上がりにパンツ一丁で立膝でテレビとか見てたときは、「おっさんやん!早いなぁ成長!」と思って。ついこの間こんなやってた(抱っこしてた)のに、おっさんなってる!みたいな(笑)。って感じることはありますね。
榮倉:それは早いですね。
後藤:あっという間ですね。

―家事の役割分担などされていますか?
後藤:そうですね、お風呂掃除は交代制にしています。子供が 2 人いて 4 人家族なので、4 人で交代制にしています。
榮倉:良いですね!
後藤:今日は僕、(次の日は)お兄ちゃん、弟、ママ。交代制です。

―CM の公開が10月から開始することにちなんで、ハロウィンの思い出を教えてください。
榮倉:ハロウィン、しますか?
後藤:近所の友達同士で公園に集まって、仮装して集まったりとかはしてますね。僕は参加できていなかったんですけどそのときは、でも友達同士で集まったり、やってます。やりますか?
榮倉:そんなに習慣がなくて、でも最近は、子供に仮装をさせるパパとママは多いので、それに乗っかったりはしてみるのですが…多分そのお誘いがなければ鈍感に過ごしていたなと思って。
後藤:家で家族だけでやったりとか?
榮倉:しないです。誘ってもらうと「じゃあなんか頑張って探そう」みたいな感じで…なので、自分が仮装して…というのはないです。子供に仮装をさせて、ということはありますが…
後藤:そうですね。
榮倉:公園に集まるのは親じゃなく…?子供たち?
後藤:子連れで親も集まって、基本子供が仮装をするんですけど、(参加した当時、子供が)「今年もやりたい」って言うから。「じゃあ、去年のがあるからちょうどいいわ」って着たら、ピッチピチで(笑)。新しく買ってあげなあかんねんな。1 年で体のサイズ変わりますから。
榮倉:成長しますからね。

―お二人が仮装するとしたら?
榮倉:自分ですか?そういう行事ごとはもう完全に裏方ですから…。
後藤:普段、役に入って仮装しているようなものですもんね。
榮倉:確かにそうですね。だからあまり気持ちが入らないのかな。
後藤:ハロウィンに対して。そうですよね。積極的に「こんな格好をして…」とかはあんまりないですよね。
榮倉:うーん…。きっと、背景になる木とかになりますかね…。
後藤:(笑)。かなりの仮装ですよ、木って(笑)。
榮倉:そうですね(笑)。
後藤:僕は…普段スーツとか着る機会がないので、スーツを着て弁護士、みたいなね。
榮倉:地味じゃないですか?
後藤:はじけた仮装をすると職業柄、スベってしまうんじゃないかなという恐れがあります。
榮倉:とても期待されそうですね。
後藤:そうなんですよ。どう笑かしてくれんねん、みたいに思われたら…今日の撮影中も子供たちに「面白いことしてよ」って言われて。「面白い話してよ」って、すごい言われて、「えへへへ」って、ごまかしました(笑)。いやーほんとにね、心臓がグッてなりましたね。

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  3. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  4. 「奇皇后」第51話(最終回)ネタバレあらすじとドラマのその後:チ・チャンウク&ハ・ジウォンの愛に涙腺決壊
  5. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,699タイトル、  86,072作品!