止まらない愚痴や不満を実際に『犬も食わねどチャーリーは笑う』スタッフとチャーリーがお寺で供養してみた!

[10月02日17時00分]  【映画】

止まらない愚痴や不満を実際に『犬も食わねどチャーリーは笑う』スタッフとチャーリーがお寺で供養してみた!

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』公式SNSにて実施した「誰にも言えない愚痴をお焚き上げ、みんなの愚痴供養箱」のキャンペーンで寄せられた全719通に及ぶ投稿を、スタッフとチャーリー(ぬいぐるみ)が実際に新潟県へ足を運び、供養のお焚き上げを実施した。映画予告動画は公式サイトで視聴できる。

映画関連記事



『犬も食わねどチャーリーは笑う』は、香取慎吾が『凪待ち』以来3年ぶりに主演を務め、今や日本映画界に欠かせない女優となった岸井ゆきのがヒロインとして共演、さらに井之脇海、的場浩司、眞島秀和、きたろう、浅田美代子、余貴美子ら個性豊かな実力派キャストが脇を固め、市井昌秀が監督・オリジナル脚本を手掛ける新作映画。

炊き上げ

今回、お焚き上げを引き受けてくださったのは、昨今のデジタル社会におけるネット上の「炎上」は、現代型の災難であるという考えのもと「炎上」を供養することを目的に、2018年から日本初の炎上供養専用サイトを開設したことでも話題となった新潟県の国上寺。これまでに、お寺で行う炎上供養に加え、企業への出張炎上供養など、さまざまな炎上の供養を執り行うなど、現代社会に寄り添った新しい形の供養を提案してきた国上寺さんにご協力をいただき、今回のお焚き上げが実現した。

炊き上げ

本キャンペーンで寄せられた愚痴の中から、最も共感を集めた投稿へ送られる“イイ愚痴だね!賞”は、エコミングさんによる「えこひいきがすご過ぎる上司へ」が受賞。「私の会社の上司はとにかく、若くて可愛い子にだけ、優しいんです」という上司の不平等さに対する愚痴が綴られ、「40代おばちゃんは、仕事頑張るから、邪魔はしないでくれ!そして、えこひいきばかり良い加減にしてくれ!!」と魂の叫びで締めくくられた投稿が多くの共感を集めた。その他にも本キャンペーンに寄せられた個性的な愚痴は、住職による供養内容の目視から始まり、投稿内容が綴られた紙を護摩木へ巻き付け、護摩壇お焚き上げが行われ、無事に供養された。

本作劇中では、岸井ゆきの演じる日和が、お寺での供養ではなく“旦那デスノート”と呼ばれるサイトで、香取慎吾演じる夫の裕次郎への不満や愚痴を投稿しストレスを解消している。他にも個性的なキャラクター達による“旦那デスノート”への痛快な投稿内容はストレス解消になること間違いなし!ぜひ本作を観て、日頃の不満や愚痴を“供養”してみて欲しい。

犬は食わねど【作品情報】
出演:香取慎吾(『凪待ち』)、岸井ゆきの(『やがて海へと届く』 )
監督・脚本:市井昌秀(『台風家族』)
音楽:安部勇磨
主題歌:「こころのままに」/never young beach
配給:キノフィルムズ/木下グループ 
©2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS

公式HP
◇公式Twitter:@inucha2022

【映画関連記事】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  4. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  5. 「奇皇后」第51話(最終回)ネタバレあらすじとドラマのその後:チ・チャンウク&ハ・ジウォンの愛に涙腺決壊

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,699タイトル、  86,072作品!