山﨑賢人と松下洸平は決別!「アトムの童」オダギリジョーに協力するもゲームの案が浮かばない!第7話ネタバレと第8話予告

[2022年11月28日11時43分]  【ドラマ】

山﨑賢人と松下洸平は決別!「アトムの童」オダギリジョーに協力するもゲームの案が浮かばない!第7話ネタバレと第8話予告

@TBS

11月27日「アトムの童」(TBS、日曜夜9時)第7話が放送され、順調にいっていた那由他(山﨑賢人)と隼人(松下洸平)の前に、またもや興津(オダギリジョー)が現れた!12月4日放送の第8話で、二人の仲は決定的に決裂する!予告動画が番組公式サイトで公開されている。




ゲーム業界を舞台に、若き天才ゲーム開発者・安積那由他を山﨑賢人が演じ、大資本の企業に立ち向かう姿と周囲の人たちとの関わりによって成長していく姿を描く「アトムの童」の第7話が27日に放送された。

第7話の冒頭からしばらくは「アトムの童」が会社として順調に進んでいる「穏やかな」シーンが続く。会社には新しい人材も入り、ゲームの売り上げも順調に推移していた。社長の海(岸井ゆきの)はついにおもちゃ制作を復活されることを誓う。まるで最終回のラストシーンような穏やかなシーンだが、もちろん、そんなことは長く続かない。

一つは、偶然出会ったティムというシアトルに住んでいる青年の技術に那由他(山﨑賢人)と隼人(松下洸平)は大きな希望を見いだす。一緒に会社をやりたいと思い、退社を願い出る。ジョンドゥの二人を失うことは大きな損失だが、やりたいことを後押しするのが会社の理念といって送り出すことにした。

二つ目はそんなところに会社が乗っ取られそうになった「SAGAS」の興津社長(オダギリジョー)が助けを求めに来る。大財閥の「宮沢ファミリー オフィス」は一族の発展のためと、社会的に「正しい」ことをするといって、独占している特許を公開するためにSAGASをターゲットにしたのだ。

12月4日に放送される第8話では興津の申し出を受ける那由他と、ティムとの協業のためにシアトルに渡る隼人の決別を迎える。SAGASでの圧倒的な開発環境をみた那由他はそのすごさに驚くが、小さなアパートで隼人と一緒に考えていたようにはゲームの案が浮かんでこない。ジョンドゥは一人ではできないのだ。

第8話からはラスボスともいえる山﨑努が登場することになる。興津が最後に頼む相手なのだが、いったいどんな人物なのか?

■前回:第7話ネタバレあらすじ
「アトムの童」が新たなスタートを切って数年後、従業員も増え、会社はかつての活気を取り戻していた。ゲームの打ち上げも順調で、娯楽系のゲームだけではなく、シリアス系のゲームも売れていた。若い従業員も増え、海(岸井ゆきの)も喜んで経営に邁進していた。

そんな中、那由他(山﨑賢人)と隼人(松下洸平)はゲームクリエイターの交流会で、ティムというアメリカ人と出会う。ティムのもっている技術に二人は引かれ、それをゲームに取り込むことを楽しそうに語る。次のステージを見据えるようになっていったのだ。ティムはシアトルで一緒に企業しないかと誘ってきた。大きな選択だったが、二人はその申し出を受けることにした。海に退社を願い出る。当然、反対されると思ったが、「アトム」はみんなの夢を応援するといって、一ヶ月後に退社することが決まった。

一方、興津(オダギリジョー)は「SAGAS」の株が大財閥の「宮沢ファミリー オフィス」に大量取得され始めたことに危機感を覚えていた。社長の宮沢沙織(麻生祐未)は技術を公開することで公平な競争ができるといい、ゲーム部門を切り離すように興津に言う。もちろん、そんな申し出に賛成はできない。経産省の堂島由里子(西田尚美)に助けを求めるが、「蜜月は終わり」といって切られてしまう。実は沙織はすでに由里子を取り込んでいたのだ。

「SAGAS」の危機に、興津は那由他たちに助けを求める。もし、成功すれば「アトム玩具」がもっていた特許を返すという。最初は全員が憤るが、那由他は自分が去って行く「アトムの童」に技術を残せるならと興津の申し出に応じようとする。隼人はティムとの約束はどうするのだと那由他に迫るが、那由他はシアトルに発つのが2週間遅れるだけだといって、興津の元へ向かう。興津からはプレゼン用の数十秒を作ってくれればいいと言われているが、隼人は「那由他がそれで納得することはない。結局、何年もいることになる」といい、自分はティムのもとへ向かった。

■第8話あらすじ
宮沢沙織(麻生祐未)を社長とする「宮沢ファミリーオフィス」による「SAGAS」の買収問題が浮上する中、宿敵・興津(オダギリジョー)は成功したらアトム玩具がもっていたアトムロイドの権利を返すといって那由他(山﨑賢人)と隼人(松下洸平)たちに協力を依頼した。

那由他はアトム玩具のためにもとSAGASで開発するが、隼人は一人シアトルへ向かうことを決め、二人の溝は深まり、決別することとなった。

新作ゲームの開発に取り組む那由他だが、期日が迫る中、アイデアが浮かばず行きづまってしまう。

不利な状況を察した興津は、最後の頼みの綱である、ある男(山﨑努)の元へ向かうが…。そんな中、運命の株主総会が開幕する。

TBS 10月16日スタート日曜劇場「アトムの童」。出演:山﨑賢人、松下洸平、岸井ゆきの、オダギリジョー、麻生祐未、西田尚美、岡部大(ハナコ)、馬場徹、六角慎司、戸田菜穂、皆川猿時、塚地武雅(ドランクドラゴン)、でんでん、風間杜夫、栁俊太郎、林泰文ほか。番組公式Twitterアカウントは「@atom_no_ko_tbs」。PR動画は番組公式サイトにて公開中。

TBS日曜劇場「アトムの童」番組公式サイト

【2022年秋ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  4. 百済に新王誕生!守百香の咲くころに…「帝王の娘 スベクヒャン」第69-最終回あらすじと見どころ、予告動画
  5. 「哲仁王后 俺がクイーン!?」第19-最終回ネタバレあらすじ:戻ってきた王妃ソヨンとチャン・ボンファン|全20話版

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,725タイトル、  86,098作品!