紳助の秘蔵っ子RYOEI、26日遂にメジャーデビュー!「ひらり」PV配信開始!!

[2009年08月06日18時55分]  【音楽】

紳助の秘蔵っ子RYOEI、26日遂にメジャーデビュー!「ひらり」PV配信開始!!

「羞恥心」から始まった紳助劇場に秘蔵っ子「RYOEI」が登場!8月26日、シングル「ひらり」でRYOEIのメジャーデビューが決定した。公式サイトでは、本日8月5日より、同曲のPVの配信を開始している。

RYOEIは、中学生の時に、父親の影響でギターを手にし、オリジナル曲を作り始めた。高校卒業後、大阪でストリートで歌い始め、インディーズで「見えない世界の中で」を発売し、沖縄の音楽祭でグランプリを受賞している。その後、島田洋七原作の映画「佐賀のがばいばあちゃん」に主題歌を提供し、本格的な歌手活動を開始した。2006年11月から、島田紳助プロデュース「BAR HASEGAWA」で歌い始めた彼は、2008年、カシアス島田(作詞家としての島田紳助のペンネーム)の作詞、高原兄作曲の「我が敵は我にあり」をリリースした。作曲家としても実力のあるRYOEIは、2009年、紳助の作詞した「泣いてもいいですか」の作曲も手がけている。

YRCN90075紳助は、自身の番組でもRYOEIのことを話題に上らせ、彼のアーティストとしての実力を高く評価していた。そのRYOEIが、今月26日、紳助が作詞し、本人が作曲した「ひらり」でデビューする。本日、5日放送の「クイズ!ヘキサゴンII」(フジテレビ系)で同曲を披露した。恋を終わらせた女性の切ない心を、みごとな歌唱力と表現力で歌い上げたRYOEIは、感激屋の紳助はもちろん、いつもは騒がしいヘキサゴンファミリーたちまでも涙ぐませた。

「ひらり」は、8月中、「クイズ!ヘキサゴンII」で毎週披露される。

RYOEI公式サイト「ひらり」PV 視聴サイトへ

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  2. 【「オクニョ 運命の女(ひと)」(獄中花)を2倍楽しむ】各話あらすじ、時代背景、豆知識など、韓国ドラマ
  3. 【「ミスティ~愛の真実~」を2倍楽しむ】韓国ドラマ、各話のあらすじと見どころ、キャストの魅力
  4. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  5. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,905タイトル、  87,385作品!

相続の相談