「ドクターホワイト」“ぷんすか”浜辺美波と“ブチ切れ”瀧本美織がカワイイ!第2話ネタバレと第3話予告動画

[01月25日12時00分]  【ドラマ】

「ドクターホワイト」“ぷんすか”浜辺美波と“ブチ切れ”瀧本美織がカワイイ!第2話ネタバレと第3話予告動画

@カンテレ・フジテレビ

宮田俊哉(Kis-My-Ft2)のイケボと高橋文哉の酩酊演技が話題に!「ドクターホワイト」2022年1月31日夜10時より放送される第3話に堀未央奈が初の医者役でゲスト出演、あらすじとみどころ第2話ネタバレを紹介、予告動画は番組公式サイトで公開、カンテレドーガで見逃し配信される。



「ドクターホワイト」は、圧倒的な医療知識と類まれなる診断能力を持つ謎の女性・雪村白夜が、医師たちの診断を「それ、誤診です!」と覆し、卓越した医学の才能で患者の命を救っていく、新感覚の医療ミステリードラマだ。⇒ドラマ概要と主要キャスト役柄紹介

1月24日に放送された第2話で、白夜が自分の意志で、診断に特化した総合診断協議チーム、通称CDTのチームに参加することに。白夜は医者になりたいのではなく、患者の症状に興味があり、本当はなんの病気なのか、その答え合わせがやりたいという。感情や記憶を失っている白夜だが、「患者を診断する仕事をしたい」という強い使命感を抱いていることが解かった。

感情が理解できず、人の気持ちが読めないのは、これまで他人といっさいかかわりを持たず、自分の心も動かない暮らしをしていたからなのだろう。本当の患者や医師と関わるようになり、初めて他人の怒り(ブチ切れ)や、自分の怒り(ぷんすか)を体験した白夜は、これからは患者だけでなく、自分の変化にも興味を覚えるかもしれない。

パワー全開でブチ切れする麻里亜(瀧本美織)と、自覚なくプンスカする白夜、対照的な2人の怒りの表し方が可愛らく、おもわず笑ってしまった。対照的なふたりが中心になるのだから、良いチームができるにちがいない。

視聴者からは、患者の村木(石田佳央)と香織(工藤美桜)が、結局は浮気をしていたというオチに「浮気はノー」「浮気で終わったのがモヤる」といった感想が寄せられた。Twitterでは高橋文哉の泥酔演技が“可愛い”といった話題や工藤美桜のあざとかわいい演技、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)の電話報告のイケボも話題に。

1月31日に放送される第3話で総合診断協議チーム・CDTが本格始動!アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバーで女優の堀未央奈が、小児科の医師・沙月役でゲスト出演。堀は現在BSテレ東、テレビ大阪で放送されている「まったり!赤胴鈴之助」でヒロイン・ヨシ子を熱演中。今回は初の医師役を務める。

一方、白夜の保護者を名乗る人物が現れるのだが、白夜はその人物を知らないと言い“家族”もわからないという。今回、白夜と会って話をした奥村刑事(宮田俊哉)は明らかに警察のことを警戒していることから、何か覚えていることもあるのではないかと推測しており、次回予告では、何か大きな力がからんでいるのではないかと語る。奥村の捜査手腕次第では、白夜の正体が早々に明かされることになるのかも?

■白夜の診断:細菌感染ではなくエコノミークラス症候群
エコノミークラス症候群は飛行機に乗らなくても起こる症状。今回原因となったのは、村木が長時間座り続けて仕事をしていたこと。さらに、冬の室内は乾燥しやすく脱水症状が血液粘度の上昇を加速させ、村木がベルトをきつく締める傾向があったことで血栓ができるリスクが増大した。細菌感染ではないときづいたのは、患部がむくんでいるのに熱を持っていなかったこと。夏樹が触診と血液検査を怠っていなければ、細菌感染ではないことがすぐに気づけたはずだった。

■前回:第2話 ネタバレあらすじ
公園で将貴(柄本佑)に救出された白夜(浜辺美波)は、晴汝(岡崎紗絵)の脳動脈瘤破裂の誤診を正して命を救った。白夜の正体は依然として謎に包まれる中、巌(石坂浩二)は病院内の各科から精鋭を集め、診断に特化した総合診断協議チーム、通称CDTを立ち上げる。麻里亜(瀧本美織)はリーダーに、高い診断能力を買われた白夜もチームの一員に選ばれ、将貴(柄本佑)は白夜のサポート役に任命される。

ところが、院長肝いりの部署にも関わらず、メンバーとして名乗りを上げたのは精神科医の西島耕助(片桐仁)だけだった。人員不足に悩む麻里亜に、かつて腕の立つ外科医だった皮膚科医・夏樹拓実(勝地涼)をスカウトしてはどうかと西島は助言する。夏樹は優秀な反面プライドが高く、診察も効率重視で、少しクセのある人物だった。

その頃夏樹は、足の腫れを気にして、婚約者とともに来院した村木健哉(石田佳央)を診察していた。症状を見た夏樹は、すぐに細菌による感染症と診断する。足を引きずりながらあるく村木の様子が気になり触診した白夜は、血液検査をしておらず情報が足りず診断の根拠が不十分。細菌感染は「誤診です」と指摘。夏樹や麻里亜を怒らせてしまい、さっそく麻里亜にクビを言い渡される。

人の心を知らなすぎ空気を読まない白夜とは一緒に仕事が出来ないと巌にキレる麻里亜。巌は「心を知ると人間が見えなくなることもある」と白夜を友護する。 将貴は“怒り”を知らない白夜に、声をあらげたり不機嫌になったりキレたりするのが怒りだと教える。

ところが、点滴中の村木の病状が一転悪化する。夏樹と佐久間(高橋文哉)が合コンから病院に呼び戻され、血液検査をする。「抗生剤を打つ前に血液を調べるべきです」と白夜はそれが誤診につながると発言。村木はここ一週間のスケジュールを提出するが、白夜はそれにうそがあり、本当は海外に渡航していたのではないかと訊ねる。村木はそれを憤慨しながら否定。医者でもない白夜の診断を馬鹿にした夏樹は、自分が間違っていたらなんでもしてやると約束する。

将貴が白夜の診断を訊ねると「あの患者は早ければ今すぐにでも死にます」と答える。“二度聞かれて怒る奴は、隠したいことがあるんだよ”と上司から教わっていた将貴は、事情を知っていそうな社長秘書の香織(工藤美桜)のもとへ走る。

血液検査の結果、細菌感染ではないことが明らかとなり、村木が呼吸困難を起こし始めたと連絡が入る。咳の症状もあると確認した白夜は「あの患者はエコノミークラス症候群を発祥しています」と診断。村木は海外には行っていなかったが、香織のミスで徹夜でデスクワークをしていたことで、足に血栓が生じたのだ。

仙道(高橋努 )が執刀医として名乗りをあげ、すぐに緊急オペが行われ、村木は一命を取り留めた。今回のできごとで、夏樹と佐久間、そして仙道がCDTのメンバーに加わることとなった。

■次回:第3話 あらすじ
CDTにようやくメンバーがそろい動き始めた矢先、小児科に検査入院していた岡本優馬(森島律斗)が白夜(浜辺美波)と麻里亜(瀧本美織)の前で倒れた。優馬は、その前日に公園の遊具から落ちて頭を打ち、検査した結果、脳に異常はなく、退院する予定だったという。早速、CDTのメンバーが集まり、優馬が倒れた原因を探ろうとするが、優馬は気難しい性格で、問診もままならない。しかし唯一、白夜にだけは心を開いて…。

そんななか、病院に白夜の保護者を名乗る女性がやってくる。行方不明だった白夜との久しぶりの再会に喜ぶ女性。麻里亜も将貴(柄本佑)も、白夜の身元が分かりホッとするが、当の白夜は、自身の記憶をたどった末に、予想外の反応をみせ周囲を驚かせる。

フジテレビ、カンテレ「ドクターホワイト」は2022年1月17日(月)夜10時スタート。原作:樹林伸『ドクター・ホワイト 千里眼のカルテ』、『ドクター・ホワイト 神の診断』(角川文庫刊)/出演:浜辺美波 柄本佑 瀧本美織 勝地涼 片桐仁 高橋努 小手伸也 石坂浩二 岡崎紗絵 高橋文哉 宮田俊哉(Kis-My-Ft2)/第3話ゲスト出演:堀未央奈 ほか。番組公式Twitterアカウントは「@dr_white2022」。

カンテレ、フジテレビ「ドクターホワイト」番組公式サイト
カンテレ、フジテレビ「ドクターホワイト」番組公式Twitter @dr_white2022

【2022年冬ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 『THE DANCE DAY』予選2位の“KUROKO”が優勝!日本ダンスNo.1優勝コメントと全員得点も
  2. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  3. 5月22日開催!オークス 東京競馬場ライブ配信!
  4. 韓国ドラマ「七日の王妃」第19-最終回あらすじと見どころ:新しい王の誕生~永遠の愛!予告動画-WOWOW
  5. 【最終回ネタバレ】TBS 「リバース」広沢(小池徹平)を殺したのは本当に深瀬(藤原竜也)なのか!?第10話見逃し配信

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,633タイトル、  86,017作品!