なつの坂場への思いはどうなる?!「なつぞら」第17週:「なつよ、どうするプロポーズ」あらすじと見どころ、予告動画

[07月27日11時43分]  【ドラマ】

なつの坂場への思いはどうなる?!「なつぞら」第17週:「なつよ、どうするプロポーズ」あらすじと見どころ、予告動画

@NHK

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第18週の「なつぞら」は、一生一緒にアニメを作りたいと思っているなつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)に別れが?!再び映画をとれることになったものの映画は大失敗!そして、坂場がついになつにプロポーズ?!第18週(7月28日~8月3日)「なつよ、どうするプロポーズ」のあらすじと見どころをご紹介、予告動画は番組公式サイトで公開中。

7月22日から放送された第17週は、テレビ班に移ったなつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)、芝居にうちこむ雪次郎(山田裕貴)と蘭子(鈴木杏樹)の二つの恋模様が展開した。雪次郎が年上で格上の女優・蘭子に対してまっすぐに告白する姿が「直球でかっこいい」「きりっとしている」「色気がある」など、ネットでも評判になった。



そして、北海道の大人気演劇ユニット「TEAM NACS」から、新たに森崎博之が「なつぞら」に参加することが発表された。雪月の主人として安田顕、天陽の父であり北海道の開拓者として戸次重幸、柴田牧場の授業員として音尾琢真と3人が出演している。そこに4人目の演者として森崎の出演が発表されたが、その役は十勝支庁長・大清水洋だ。この役名が「TEAM NACS」の大泉洋とにていることで、すでにネットでかなり話題になっている。5人のメンバーのうち、4人が出演しているので、大泉洋のゲスト出演も期待されるところである。

第18週は、再び、坂場となつが漫画映画に挑戦する。しかし、結果は、大失敗となり、坂場は東洋動画を去ってしまう。そして、なつにも以前の約束はなかったことにしてくれといってしまう。なつの恋はどうなるのか?なつを大事に思う咲太郎を前にして、坂場がついにその言葉を発するが?

■「FFJの歌」MV公開
札幌放送局では、「FFJの歌」を歌った動画を視聴者から募集し、その動画を編集してつなぎ合わせたミュージックビデオ(MV)を2バージョン制作した。この曲はドラマのために作られた曲ではなく、実際に全国の農業高校関係者が口ずさめる「日本学校農業クラブ連盟(Future Farmers of Japan)」の公式ソングである。2パターンのMVは、札幌放送局「FFJ」MVにて公開中だ。

【2019年夏ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

第17週は、テレビ班に移り、慣れない環境に戸惑いながらもアニメーターとして更に成長してゆくなつの姿や芝居に向き合う雪次郎との友情が描かれた。

昭和38年夏、なつ(広瀬すず)は東洋動画の原画担当初の女性アニメーターとなった。風車では、週刊誌に載ったなつの話で盛り上がっていた。そんな中、咲太郎(岡田将生)が、劇団の中で雪次郎(山田裕貴)と蘭子(鈴木杏樹)の仲が噂になっていると口にする。雪次郎が気にしていないか、心配になったなつは部屋を訪ねる。雪次郎は、心配するなつに男女の思いではなく、蘭子に追いつきたいという気持ちだけだという。

一方東洋動画では、大人気テレビ漫画の影響を受け、社内でもテレビ漫画を製作する班をつくる話が出て、なつや茜(渡辺麻友)とともにテレビ班に行くように命じられた。共にテレビ班へ行くように言われた坂場(中川大志)は、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)達に、東洋動画のテレビアニメに対する姿勢を問うが、納得いく回答が得られない。なつに、もう漫画映画の世界には戻れないとこぼす坂場だった。放送はすでに決まっていて、なつが現場、茜は動画担当、坂場は演出担当となる。タイトルは「百獣の王子サム」だ。

坂場はテレビ班への移動は自分が嫌われているからだという。自分が嫌われているから、なつのことも巻き込んでしまったのではないかと心配する。そこへ演出家の露木(木下ほうか)が現れ、「新しい環境で頑張れ」とエールを送り、なつには「内助の功でたすけてやれ」という。その言葉に反応するなつと坂場に、社内では二人のことがかなり噂になっていると。

その頃、劇団「赤い星座」の稽古場では、次回作の主役が発表され、雪次郎(山田裕貴)が抜てきされる。しかし、納得いかない若手劇団員達は雪次郎を呼び出し、自分たちと新しい劇団を作ろうと持ち掛ける。しかし、蘭子を裏切ることはできないと断る雪次郎だが、稽古中に蘭子の口から、以前、自分も新劇で一番大切なことを教えてくれた人がいたという。その人は戦争で死んでしまっていた。雪次郎はその人が男性なのかが気になったが、蘭子は何も言わなかった。

一方、新作「百獣の王子サム」の制作に携わるためにテレビ班に移ったなつ(広瀬すず)と茜(渡辺麻友)達だが、映画とは違い、簡略化された原画の数々を目の当たりにし、戸惑いを隠せなかった。なつは顔が固まったまま涙だけを流す絵を描き、坂場はその絵に新しい可能性を見出し、テレビ用の漫画を作っていこうとする。

雪次郎が大役を務めた舞台を観るなつや坂場、光子(比嘉愛未)だちたった。感動したなつや坂場は、その感想を雪次郎に伝える。舞台に満足した咲太郎(岡田将生)も雪次郎をほめたたえる。雪次郎は素直に喜ぶ。そして、舞台は無事に幕を閉じる。風車で芝居のことを話している坂場は、辛口の批評をする。反発するなつだった。その様子をみて、二人の関係をみなが疑っていた。雪次郎と二人になったなつは、恋愛ではなく同志だと、坂場のことを話していた。

雪次郎に蘭子は、ふたりでお祝いするために家にくるようにと言う。そして、雪次郎は蘭子に告白をする。蘭子は勘違いさせてしまったかというが、雪次郎はまっすぐに蘭子を見る。

仕事から帰ったなつは、風車に来ていたレミ子から、雪次郎が舞台の千秋楽のお祝いに、蘭子(鈴木杏樹)の自宅に招かれたことを知らされる。それを聞いた亜矢美(山口智子)は、過去の経験から、雪次郎の恋と役者人生の両面を心配する。その頃、雪次郎は、蘭子への思いや劇団が分裂してからの出来事を打ち明けていた。その話を黙って聞いていた蘭子は、雪次郎に新しい劇団にいって新しい劇をやるように厳しく言う。そして、蘭子は一人泣いていた。亜矢美も咲太郎たちも蘭子は自分の気持ちを押さえて、雪次郎の今後のために厳しいことを言ったんだろうと雪次郎にいう。

なつたちの作ったテレビ漫画「百獣の王子サム」の放送が始まった。十勝の柴田家では富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)、そして泰樹(草刈正雄)も、なつの活躍を喜んでいる。東洋動画のテレビ班では、演出の坂場と制作進行が言い争いが増す。その間で、なつも新しいアイデアを出し、作品づくりの中核を担うようになる。

その頃、帯広の雪月に、大きなカバンを抱えた雪次郎が帰ってきた。雪次郎は、雪乃助(安田顕)に頭をさげ、もう一度、菓子職人の道を目指したいという。雪次郎は芝居の夢をたったのだった。そんな雪次郎は天陽(吉沢亮)の元を訪れる。なつには追い付けなかったという雪次郎に、「人生は競争じゃない」と天陽はつぶやいた。



【第18週(2019/7/28-2019/8/3)あらすじ
■第103話(月)
東洋動画の新年会で、大杉会長からテレビ漫画に力を入れるよう言われるなつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)。新年会後、自分が映画から外されたのは、仲から嫌われているからだと言い出す坂場。だが、仲(井浦新)が才能を買っているはずのなつまで、テレビ漫画に異動させたことに疑問を持つ茜(渡辺麻友)。桃代(伊原六花)が、二人が付き合ってると思われているからではと言い出すが、坂場は付き合ってないと否定して…。

■第104話(火)
風車では、カスミ(戸田恵子)や茂木社長(リリー・フランキー)達が集まり、亜矢美(山口智子)が、かつてムーランで踊り子だった頃の悲しい恋の話がはじまる。それを聞いていたなつ(広瀬すず)は、今も結婚していない亜矢美の気持ちに思いを巡らせる。年が明け、テレビ漫画の「百獣の王子サム」が大人気となり、ますますアニメーションの仕事に追われるなつ達。そんな中、同僚の茜(渡辺麻友)が結婚することになり…。

■第105話(水)
長編映画を任されることになった下山(川島明)の誘いにより漫画映画の演出をすることになった坂場(中川大志)。再び映画に携われるとなつ(広瀬すず)に報告し、なつへの想いも伝える。そしていよいよ、下山を中心に長編漫画映画の制作が始まるが、演出の坂場のこだわりが強く、一向に脚本が進まない。見かねた仲(井浦新)は、坂場と神地(染谷将太)に声をかけるが、仲に心を開かないふたりは聞く耳をまったく持たず…。

■第106話(木)
坂場(中川大志)の思い描くイメージの要求が高過ぎて、長編映画の制作がなかなか進まない。締め切りが迫る中、坂場と折り合いが悪くなっていた仲(井浦新)が、なつ(広瀬すず)にキャラクターの入ったカット袋を託す。なつから、その動画用紙を見せられた坂場は、仲に対して抱いていた思いが誤りだったことに気づき、仲に力を貸して欲しいと頼む。帰りに風車に寄ったなつと坂場は、二人の関係を亜矢美(山口智子)に気づかれ…。

■第107話(金)
なつ(広瀬すず)が原画、坂場(中川大志)が演出を務めた漫画映画は大失敗。坂場はその責任を取り、東洋動画に退職届を提出する。その後、なつの元を訪れた坂場は、アニメーターとして終わった、自分との約束を忘れてくれ、となつに言う。坂場からの一方的な申し入れに、なつは坂場への思いを一気に話し、その場から去る。帰宅以来、部屋にこもりきりのなつを心配した亜矢美(山口智子)は咲太郎(岡田将生)に相談するが…。

■第108話(土)
なつ(広瀬すず)から事情を聞いた咲太郎(岡田将生)は、妹の不憫(ふびん)さに胸が締め付けられる。その時、なつを訪ねて坂場(中川大志)が風車にやってくる。なつに謝罪をしたいという坂場に対し、どうしても許すことができない咲太郎は、帰れと言う。しかし、なつと咲太郎、亜矢美(山口智子)を前に、坂場はこれまで口にしてこなかったなつへの思いを語り出す。なつと結婚させてほしいと懇願する坂場に、兄の咲太郎は…。

【作】大森寿美男
【出演】広瀬すず/岡田将生/山口智子/比嘉愛未/工藤阿須加/井浦新/貫地谷しほり/川島明/小手信也/渡辺麻友/山田裕貴/松嶋菜々子/藤木直人/草刈正雄ほか
【語り】内村光良
Twitter公式アカウントは「@asadora_nhk」。

「なつぞら」公式サイト
 <総合>(月~土)午前8時~8時15分/午後0時45分~1時[再]
 <BSプレミアム>(月~土)午前7時30分~7時45分/午後11時30分~11時45分[再]
   (土)午前9時30分~11時[1週間分]
NHKPRサイト「なつぞら」関連動画・記事

【2019年夏ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  2. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  3. 【「六龍が飛ぶ」を2倍楽しむ】(各話あらすじ、見どころ、キャスト、時代背景など)
  4. 【最終回拡大】「同期のサクラ」サクラ(高畑充希)花村建設に電撃復帰でブラックに!?第9話ネタバレ10話予告動画
  5. 【「トンイ-同伊-」を2倍楽しむ】あらすじと予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,915タイトル、  87,420作品!

相続の相談