★四季シリーズ:秋の童話、冬のソナタ、夏の香り、春のワルツ ⑥ 音楽(OST)秋の童話編

【特集/韓ドラここが知りたい/四季シリーズ】

★四季シリーズ:秋の童話、冬のソナタ、夏の香り、春のワルツ ⑥ 音楽(OST)秋の童話編

少々間が空いてしまったが、今回からは四季シリーズの音楽の3回目、主題歌について紹介しよう。

前回は、イメージ曲に世界中で愛されている洋楽を選ぶことで、視聴者に共通のイメージを植えつけたと紹介したが、今回は主題歌やエンディングなどのOST(オリジナル・サウンドトラック)について作品毎に見ていこう。注意!思いっきりネタバレあり。

まずは、【秋の童話】のドラマのおさらいから。
簡単に言ってしまえば、兄ジュンソ(ソン・スンホン/子役:チェ・ウヒョク)のいたずら(?)が原因で、生まれたばかりの妹と同じ日に生まれた少女ウンソ(ソン・ヘギョ/子役:ムン・グニョン)が入れ替わって、ジュンソとウンソが兄妹として育つ。ところがウンソが中学になったとき真相が分かり離れ離れになる。再会した二人は愛し合うが、さまざまな障害が二人の行く手を阻む。その一番の障害がウンソの不治の病。と、こんなストーリー。

つまりドラマの悲劇は、オッパ(兄)ジュンソのいたずらから始まったのだ。もっともジュンソも幼児だったわけで、名札を間違えた看護婦が一番悪い!とにかく、ジュンソは自分のせいだと思っている。

ドラマの随所でウンソの「ノエ チェル サアノラ(汝を許す)」というセリフが出てくる。このセリフを憶えておいて欲しい。

【秋…】はドラマとして完成度の高い作品だが、音楽的にもとても素晴らしい。韓ドラのOSTをここまでメジャーにしたのは【秋…】といっても過言ではないだろう。

主題曲として使われたのは「Reason」(作詞:キム・ウォニ、作曲・編曲:ユ・スンボム)。イメージ曲の「Romance(禁じられた遊び)」は、ギターサウンドで徹底的にこっちの切なさを攻めたてたが、「Reason」ではフルートの調べが、ウンソの優しく、だけどどこかはかない人生を視聴者に予感させる。監督自身もこの曲をとても大切にしているのだろう。ドラマの随所で効果的に使っている。エンディングでは、歌入りのピアノバージョンが使われている。同じ曲でも使う楽器でこんなにもイメージが違うのかと改めて感心させられた。
(聞き比べてみよう→01=フルート、02=歌入りピアノ『amazon』で試聴する

ドラマ最終話のエンディングでこの曲が流れる。意識が遠のくジュンソはこれまでのウンソとの人生を回想したのだろう。歌っているのは、チョン・イリョンという男性ソロ歌手。なんて切ない声を出すんだろう・・・。この歌詞に注目してほしい。この1曲にドラマ全18話のジュンソのウンソへの気持ちが全て込められている。

♪Reason♪
 僕を振り返らないで 僕の涙を見て
 前世が真っ白だったあの時の約束を忘れてしまったの?
 どうして僕をあきらめようとするの? 君はそれが楽なの?
 僕だけがこんなに辛いの?
 初めから 僕たちは始めてはいけない愛なんだと
 涙まじりの願いが なおさら君を放っておけない
 僕にとって君は消えてはいけない光だということをわかっているの?
 君が離れると僕の世界すべても 消えてしまうことを忘れないで
 息をしたいよ 君の愛の中で~

そして、ウンソの声で  -ノエ チェル サアノラ-
この瞬間、ジュンソは長年の罪の意識から解き放たれ、ウンソの元へ旅立った。あまりの悲しい結末に辛くて辛くて・・・でも、ジュンソのどこか肩の荷を下ろしたようなほっとした顔に救われた思いがした。

【秋…】のOSTは秀作揃いだが、もう1曲どうしても紹介したい曲がある。「祈り」だ。(作詞:チェヒジン、作曲・編曲:チョンジンス、歌:チョン・イリョン)

♪祈り♪(聞いてみよう→『amazon』04で試聴する
 もしかして僕から離れようとする君の心は
 辛い僕のため そんな理由からなの
 一日くらい離れても大丈夫だよ
 君がどこにいても 愛を信じているよ
 あの時 僕は考えもしなかったよ 僕を見ていた君のまなざしを
 小さな君の肩さえも 抱いてあげられなかった僕が嫌いだったかい?
 いつまでも悲しい運命が 僕たちを離れさせようとも
 もう再び 君の心を泣かしたりしないよ
 どんなことも 僕には君に代えられないから
 もう君より大切なものは 僕にはないということをわかって
 僕を見て笑う君の微笑が 僕には十分すぎるほどの幸せなんだ
 もっと近くに来ても大丈夫だよ
 君の息づかいを感じる 今この瞬間のように
 いつまでもここにいるよ 小さな手が届く所に
 君の愛が僕を呼んだだろう? 君の側に

この曲もドラマのいろいろなシーンで使われている。最終回のジュンソとウンソの最期の旅でも使われているが、テソグ(恋敵でウォンビンが演じている)とのシーンで使われているのが個人的に気に入っている。特にイチオシなのがこれも最終回。死ぬ前にジュンソに一目会いたいと願うウンソのために、テソグがジュンソをウンソの元へ連れて行くシーン。

叶わぬ恋に封印し、そっと二人を見守る貴方=テソグ(ウォンビン)は素晴らしい!主役のソン・スンホンもかすんでしまうほどの熱演に、もう、涙腺決壊~!ウォンビンよ、貴方も間違いなくこのドラマも主役だ!ソン・スンホン、ソン・ヘギョ、ウォンビン誰一人が欠けてもこのドラマは成り立たない。
そして、なにより【秋…】をこんなにも感動作にしたのは音楽の力かもしれない。

音楽って本当にいいですね♪ 次は【冬のソナタ】のOST。

[韓ドラここが知りたい!TOPへ][四季シリーズメニューへ]

KBS Download Mallで「秋の童話」配信中
KBS Download Mallで「冬のソナタ」配信中
KBS Download Mallで「夏の香り」配信中

配信サイト  :  韓国ドラマ(作品紹介)    動画番組視聴or特集ページへ>>

再生方法 :  不明

(C)KBS&KBSi All rights reserved.
秋の童話:ソン・スンホン、ソン・ヘギョ、ウォンビン
冬のソナタ:ペ・ヨンジュン(ヨン様)、チェ・ジウ(ジウ姫)
夏の香り:ソン・スンホン、ソン・イェジン
春のワルツ:ソ・ドヨン、ハン・ヒョジュ
監督:ユン・ソクホ

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  2. 韓国で視聴率49.4%!「たった一人の私の味方」第51-最終回あらすじ:ドランと再婚すると宣言したデリュクだが…WOWOW-予告動画
  3. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  4. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  5. テレビ東京「たった一人の私の味方」第56-60話あらすじ:重要な証人はあのホームレス!予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,886タイトル、  86,951作品!

相続の相談