いきいき学びの新潮流 総合的な学習の時間  全13話

(1)生きる力を育む 『生き生き健康学』 長野市立柳町中学校①

サイエンスチャンネル    動画視聴サイトへ>>

○生徒数820名余り、長野市立柳町中学校では平成7年から選択した講座の中で各自が自分のテーマを設定し、そのテーマを深めながら追求していくという選択学習を実施してきた。そして平成12年には、地域に根ざした課題解決学習「ふるさと長野学習」を総合的な学習の時間に試行し、平成14年に向けたカリキュラムづくりに取り組んできた。○選択学習の実施や総合的な学習の試行を通して、「今日的な課題と生き方にかかわる課題を3年間の中でバランスよく配列する」など、カリキュラムづくりの視点を定め、その視点に基づいて題材を以下のように配列した。・1年 前期―情報活用術 後期―生き生き健康学 ・2年 前期―ふるさと長野学習 後期―14歳の自分探し・3年 前期―地域に根ざした今日的な課題 後編―社会の中で生きる私○番組では、1年生後期の「生き生き健康学」の学習の流れを追いながら、柳町中学校の総合的な学習の追求モデルを紹介します。○「生き生き健康学」は、いきいきとした中学生活を創りあげていく礎となるものであり、学習を通じて健康や体力などの「生きる力」を育んでもらおうという取り組みである。学習は以下のような流れで行なわれる。 出会い・問題解決⇒自己課題設定⇒探究・体験・交流⇒表現・発信○柳町中学校では、一人一人の生徒が自己課題を設定できるか否かが学びの質を左右すると考えている。○個性的で創造的な学びをつくっていくために学校や家庭、地域社会がどのような支援をしているか・・・、第1回 「いきいき健康学」と第2回 「ふるさと長野学習」の2回に分けて柳町中学校の総合的な学習への取り組みをみる。

キャスト : 尾又 淑恵 ㈱シグマ・セブン ナレーター、

再生時間 : 29分    再生方法 : Real Media    帯域 : 512k

無料

(2)ふるさと長野学習 ゆぶくウォーク 長野市立柳町中学校②

サイエンスチャンネル    動画視聴サイトへ>>

○長野市立柳町中学校の総合的な学習、2年前期の『ふるさと長野学習』は善光寺と湯福川を中心とした地域研究。○そして、『ゆぶくウォーク』は善光寺界隈とゆぶく川を歩く柳町中学校の保護者がはじめた行事。5月から7月までに数回行われるその行事に柳町中学校の生徒も総合学習の郊外学習のひとつとして参加させてもらっている。○「湯福川の流れはどのように移動していったか」、「湯福川の生物」、「湯福川の水質」など、生徒は保護者や外部講師の協力を得て目の付け所を教えてもらいながら湯福川を歩き、自己課題を設定、探究していく。○『ふるさと長野学習』は現実に根差し、地域に根差した内容・活動である。『ゆぶくウォーク』という地域のプログラムを活用することによって、地域の人々や保護者との交流を積極的に取り入れた総合学習が可能となった。○学級内の発表会や学年発表会には保護者や外部講師も招いて、子供たちの成長ぶりを見てもらい、アドバイスしてもらう。○「ふるさと長野学習」が終わると、2年生後期の『14歳の自分探し』へと引き継がれ、学習は職業体験からスタートする。その受入先は医療、福祉をはじめ、製造業、販売業、建設業、農業など57の職場に及ぶ。柳町中学校では総合的な学習が、「生徒一人一人が自己を見つめ、生き方を問う学習になることを期待しており、学習には地域との連携が欠かせないと考えている。

キャスト : 上記キャストと同じ

再生時間 : 29分    再生方法 : Real Media    帯域 : 512k

無料

(3) 『BIWAKO TIME』 20年の試み 滋賀大学教育学部附属中学校

サイエンスチャンネル    動画視聴サイトへ>>

○生徒数360名、滋賀大学教育学部附属中学校は滋賀県南部の大津市、琵琶湖畔に位置している。○総合的な学習 『BIWAKO TIME』 は琵琶湖を取り巻く自然や文化、人々の生活を学ぶもの。滋賀大学の調査艇を借りて琵琶湖の水質調査を行ったり、琵琶湖に注ぐ川の生物を調べたりする。調査研究テーマには「湖の水質の違い」、「琵琶湖をきれいにするには」、「琵琶湖は生物にっとって住みやすいか?」、「ブラックバスを調査せよ」などがある。○総合的な学習 『BIWAKO TIME』は、昭和56年からはじまった『びわこ学習』が平成6年がら呼称を変えたもので、今年で20年を迎える。番組ではその学習の流れを追いながら、20年間にわたって蓄積されたさまざまな指導上の工夫を紹介する。主なものは以下の通り。①琵琶湖を取り巻く自然や文化、人々の生活など、テーマ別に12の分科会を設定する。 ②分科会は1~3年生の異学年の生徒で構成する。 ③学習の指針を示し、生徒の学習の記録や成果を残すワークブックを作成する。 ④分科会の担当教師は担当教科に関わりなく決められる。したがって、教師は学習の内容を深く指導するのではなく、学習方法の助言、生徒と違った視点から課題を投げかけるなどで生徒と関わることとなる。 ⑤郊外学習を重視する。 ⑥地域の人材を活用する。○滋賀大学教育学部附属中学校の研究主題は、創造的で心豊かな生徒を育成する教育課程の開発。それに基づいて総合的な学習を進めており、『BIWAKO TIME』は創造的な知性を育成するための学習と位置づけている。

キャスト : 上記キャストと同じ

再生時間 : 29分    再生方法 : Real Media    帯域 : 512k

無料

(4)食糧自給問題をめぐって 仙台市立田子中学校(前編)

サイエンスチャンネル    動画視聴サイトへ>>

仙台市立田子中学校・第2学年の総合学習は、5月の野外活動から始まります。山形県内での農業体験をきっかけにして、以後2つの流れで進行します。「食糧自給問題」と「大豆栽培」。前編では、食糧自給問題を中心に、それに絡めた標語づくり、文化祭での発表、そして、食糧自給率を高めるべきか否かを論議するディベート大会までを紹介します。 番組の冒頭、夏休みに各自が調べた輸入食品調査を標語として発表するという、国語科の授業が行われています。田子中学校では、体験学習を深めたり発表方法を習得する際に、教科がクロスしながら展開するという方法をとっています。 しかし、教科の中でそれを行うことは、読み書きなど基礎的な学力を学ぶ時間が少なくなることをを意味しています。総合学習の「永遠のテーマ」とも言える、教科との相互関係についての葛藤が描かれます。 一方、生徒達は文化祭からディベート大会に向けて活発に行動し始めます。 ディベート大会への過程で得たもの。それは、大会を終えた生徒達の表情が物語っています。

キャスト : 上記キャストと同じ

再生時間 : 29分    再生方法 : Real Media    帯域 : 512k

無料

(5)食糧自給問題をめぐって 仙台市立田子中学校(後編)

サイエンスチャンネル    動画視聴サイトへ>>

仙台市立田子中学校第2学年の総合学習、その後編は、大豆栽培から成育状況の観察、収穫した大豆を使った加工食品づくりまでを紹介します。 昔ながらの田園地帯と新興住宅地が入り混じった環境にある田子中学校は、休耕田を利用し、大豆の栽培をしています。6月の種まきから週3回の観察、11月の収穫まで、その一連のプロセスの充実ぶりは、幾つかの作文となって表れています。 また、総合学習は教科とクロスしながらも行われます。理科では外部から講師を招き、土壌生物の観察とその働きについての講義を受けました。 1月、加工食品づくりは「豆腐」。このような活動では、普段の授業では目立たない生徒が率先して行動し、ひとりひとりの「生活力」を垣間見ることができます。生徒達の多面的な姿を発見することができるのです。 自然との対峙、ものづくりを通して、生徒達はたしかな手ごたえを感じとっていきます。 この番組は、総合学習における「体験」することの効用を余すことなく伝えます。

キャスト : 上記キャストと同じ

再生時間 : 29分    再生方法 : Real Media    帯域 : 512k

無料

(6)ゼロからはじめる陶器づくり 茨城県立つくば工科高等学校

サイエンスチャンネル    動画視聴サイトへ>>

茨城県立つくば工科高校は、筑波学園研究都市という近隣の環境を利用しながら、総合学習にも県の指定を受けるなど先駆けて取り組んできました。この学校では、生徒達のアンケートにより、総合学習を「ふれあいの時間」と称しています。20のグループに分かれて、1・2学年合同の異学年縦割り学習が週1時間行われています。 この番組で紹介するのは、セラミックス(陶器づくり)のグループ。担当教諭は徹底して「待ち」の姿勢を貫き、ロクロなどの道具も生徒から声が上がるまで決して出しません。生徒達が自立的に活動しはじめる瞬間を待ちながら、あたたかく見守る教諭の表情が印象的です。 9月上旬、個々の生徒の意欲は様々で、授業中に集中力を欠くこともあった生徒達。しかし、学習が進むにつれ次第に目が輝きはじめ、1月には、なかなかの作品をつくりあげるほどに成長します。 その陰には担当教諭の努力があります。生徒を小グループに分けて放課後に個別指導したり、外部から講師を招き刺激を与えたり、意欲をかき立てるための工夫がなされています。陶器づくりの経験のない教諭自らが、講師から指導を受けることもあります。 陶器づくりを通して技術の歴史を振り返り、最終的にはニューセラミックスにまで思いを馳せたい、そんな教諭の思いが込められているのです。

キャスト : 上記キャストと同じ

再生時間 : 29分    再生方法 : Real Media    帯域 : 512k

無料

(7)お菓子と健康 和光学園和光中学校①

サイエンスチャンネル    動画視聴サイトへ>>

和光学園和光中学校の総合学習では、各教科で学んだ知識や力を総合して、現代社会に起こっている様々な問題を、中学生の感性と行動力を活かして、自分たちで調査、研究します。和光小学校では4年「多摩川」、6年「沖縄」というように学年ごとにテーマが決まっています。しかし、中学校では生徒自身がテーマを決めます。この番組では、橋本 暁 教諭担任の2年1組の総合学習を9月から11月にかけ取材しました。6月にクラステーマ「おかし」が決まり、7月には小テーマを決めるための訪問活動が実施され、小テーマの議論が行われましたが、決定には至りませんでした。クラステーマにしろ、小テーマにしろその決定に至る議論が白熱するところが、和光学園和光中学校のひとつの特徴です。議論が重ねられ7つの小テーマが決まったのは10月に入ってからです。①食品添加物 ②菓子職人 ③砂糖 ④遺伝子組み替え食品 ⑤塩 ⑥新製品 ⑦お菓子のCM、以上7つのテーマを7班で分担し、訪問活動を主に、調査、研究します。その結果はまとめ活動、学級中間発表会を経て、11月3日、4日の和光学園文化祭で発表されます。この番組で紹介する訪問活動食品添加物 ①日本添加物協会 ②コープ東京  遺伝子組み替え ①日本子孫基金 塩       ①東京衛学園専門学校講師―来校  菓子職人     ①洋菓子職人(和光学園卒業生)―来校

キャスト : 上記キャストと同じ

再生時間 : 29分    再生方法 : Real Media    帯域 : 512k

無料

(8)一歩踏み出せ!汗涙!秋田学習旅行 和光学園和光中学校②

サイエンスチャンネル    動画視聴サイトへ>>

和光学園和光中学校の総合学習のねらいは、「現代的課題を能動的・探求的に学びとるなかで、自立した<地球市民>として<共に生きる>知恵と力を身につける」ことです。その一環として、3年生の秋田学習旅行を和光中学校では総合学習の一つとして位置づけています。そのため、総合学習秋田学習旅行に連携した授業が理科や技術科などでも組まれています。2001年の秋田学習旅行は9月24日月曜日から、5泊6日の日程で実施されました。2日間はわらび座で観劇、祭づくりと祭づくり発表会、あとの3日間は農作業です。3年生は5クラスで190名、1クラス7班にわかれ、35軒の農家へ大型バスで向かいました。受け入れ農家は田沢湖町、角館町を中心に6つの市町村にわたりました。この番組では専業農家の藤枝さんの所で農作業をした。5組6班と、23回連続して和光中学校を受け入れている佐藤さんの所に行った4組2班の生徒たちを中心に総合学習としての秋田旅行を探ります。秋田でのさまざまな出会いから、働くこと、生きること眼を向け、自らの生き方を考える、それが秋田学習旅行の目的でもあります。

キャスト : 上記キャストと同じ

再生時間 : 29分    再生方法 : Real Media    帯域 : 512k

無料

(9)まちづくりプランの作成 浦安市立美浜北小学校

サイエンスチャンネル    動画視聴サイトへ>>

浦安市立美浜北小学校5年生の総合学習は、平成12年度、「食」という身近かなテーマから解決策を見出す学習を展開し、その様子はサイエンスチャンネルでも放映されました。今回はその一年後、6年生になったクラスの総合学習。昨年放映された番組の続編に当たります。 平成13年度のテーマは、「まちづくり」と「福祉」。「福祉」は6月の障害者・高齢者体験を経て、地域の高齢者施設との交流を実現してきました。この番組で取り上げる「まちづくり」は、福祉の視点を持ちながら駅前広場のあり方を考えるという課題から始まっています。 しかし、思いがけない問題に直面。市民向けの発表会に聴衆が少なかったことと、テーマを駐輪場問題に限定し過ぎたために、生徒たちのまちづくりへの意欲が減退してしまったのです。一学期末のことでした。 この番組では、挫折した総合学習を再び軌道に乗せることができるのか、教諭の葛藤と試行錯誤を中心的に描きます。 2学期、生徒達はまちづくりについて自由に発想します。恐竜のオブジェのある広場、ハワイのような緑溢れるまち、魅力的なイベントの開催など。教諭は、生徒たちの意欲が高まると見るやいなや、新たな手を次々と打っていきます。 総合学習への意欲をどのように盛り立て、どのように維持していくのか、実践的な参考例となる映像です。

キャスト : 上記キャストと同じ

再生時間 : 29分    再生方法 : Real Media    帯域 : 512k

無料

(10)25年目の「自主研究」 お茶の水女子大学附属中学校①

サイエンスチャンネル    動画視聴サイトへ>>

お茶の水女子大学附属中学校が行っている『自主研究』の時間を始めたのは昭和52年。゛ゆとりの時間゛の一環として行われたのがきっかけでした。 『自主研究』は生徒自ら関心あるテーマを選び研究を進めていく時間です。お茶の水中では1年生から3年生前期までの長期にわたってこの時間を設けています。一年生の前期にはまず課題の設定の仕方、研究方法などの基礎を学び、後期からは実際に課題を見つけて研究をしていきます。一年間で2回のグループ内発表、2年生後期にはポスターのみで行う発表(ポスターセッション)、さらには3年間の集大成である自主研究発表会では3年生の中で選ばれた生徒たちが講堂で発表していきます。探求することの大切さ、発表する方法、さらに発表を聞く力、自主研究はさまざまな要素を含んでいます。25年前、始めた当初は 「課題を見つけられない、どうやって研究していったらいいかわからない」といった生徒たちも多かったといいます。現在、どのような生徒にも取り組めるようにと作りだされた『自主研究』ノートなどもあり、生徒たちにも『自主研究』という時間が浸透してきました。今回は課題設定から研究方法、グループ内発表を通しての先生と生徒たちの様子を紹介していきます。 

キャスト : 上記キャストと同じ

再生時間 : 29分    再生方法 : Real Media    帯域 : 512k

無料

[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「不滅の恋人」(原題:大君)を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 韓国ドラマ「不滅の恋人」第15話あらすじと見どころ:夢にまで見た再会だけど…豆知識:トリカブト
  4. 【「オクニョ 運命の女(ひと)」(獄中花)を2倍楽しむ】各話あらすじ、時代背景、豆知識など、韓国ドラマ
  5. 韓国ドラマ「不滅の恋人」第16話あらすじと見どころ:共に戦う同志!豆知識:王族の名前

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,906タイトル、  87,396作品!

相続の相談
このカテゴリで選択可能な配信会社