navicon[ナビコン]のおすすめ動画番組一覧 - 邦画

【エンタテインメント/邦画/歴史・時代劇】
武蔵・高橋英樹、小次郎・田宮二郎、加藤泰が描く『宮本武蔵』。

吉川英治原作「宮本武蔵」の映画は、稲垣浩、内田吐夢の傑作があるが、いずれも三部作、五部作ととにかく長い。

【エンタテインメント/邦画/ドラマ】
『二十四の瞳』 高峰秀子主演、木下恵介監督の抒情的な作風を代表する傑作。

子どもの頃の懐かしい情景は、たいてい小学校や級友、それに教師とともに思い返される。

【エンタテインメント/邦画/ドラマ】
『復讐するは我にあり』 佐木隆三のノンフィクションを、今村昌平が映画化。

たとえば、無差別殺人が起きたときに感じる「怖さ」は、そうした理由なき殺人が、もしかすると自分をも被害者にするのではないかという惧れのせいでもある。

【エンタテインメント/邦画/歴史・時代劇】
『御法度』 新撰組の世界を大島渚が独自の解釈で描く異色時代劇。

この『御法度』と、かつて大島渚が撮った『戦場のメリークリスマス』を重ねてみると、テーマがさらに深まった気がする。

【エンタテインメント/邦画/コメディ】
スターと大部屋俳優の男、そして落ち目の女優の奇妙な人間関係。大ヒット人情喜劇『蒲田行進曲』。

評判の舞台を映画化すると、たいてい上手くいかない… これは原作ものの映画と同じで、イメージが固定してしまっているせいだろう。

日本の映画史に残る傑作時代劇『十三人の刺客』。

【エンタテインメント/邦画/歴史・時代劇】
日本の映画史に残る傑作時代劇『十三人の刺客』。

剣客同士が対峙し、一瞬のうちに勝負が決まる…、そんな剣豪ものも面白いが、武士の集団対集団が入り乱れて闘うのも見応えがある。

横山やすしが怪演。小林信彦の同名小説を映画化『唐獅子株式会社』。

【エンタテインメント/邦画/コメディ】
横山やすしが怪演。小林信彦の同名小説を映画化『唐獅子株式会社』。

[2008年08月01日 ~ ]

昔から、「お笑い」の人が映画やテレビドラマに出る例は少なくないが、いまは亡き漫才師、横山やすしという人は、そうしたジャンルにはほとんど興味がなかったようだ。

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  2. 【「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」を2倍楽しむ】時代背景、キャスト、あらすじ・見どころ
  3. 【「階伯〔ケベク〕」を2倍楽しむ】全話あらすじと見どころ
  4. 【「トンイ-同伊-」を2倍楽しむ】あらすじと予告動画
  5. 【「六龍が飛ぶ」を2倍楽しむ】(各話あらすじ、見どころ、キャスト、時代背景など)

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,395タイトル、  84,027作品!

キャプチャーイット