長澤まさみ、今度は八百屋の店員に!来店した皆川猿時、パックンと「世界の食料問題」を見つめる

[05月13日04時00分]  【商品・CM】

長澤まさみ、今度は八百屋の店員に!来店した皆川猿時、パックンと「世界の食料問題」を見つめる

株式会社クボタは、企業 TV-CM の最新作『クボタが描く未来 スマートアグリソリューション』篇(30 秒)を、2022年5月14日(土)にオンエア開始し、Youtubeでも公開する。



「GMB2030」において「豊かな社会と自然の循環にコミットする“命を支えるプラットフォーマー”」というめざす姿を掲げ、食料・水・環境の分野で社会に貢献すべく取り組んでいるクボタ。今回のCMは、世界の食料問題を解決するために、農作物の「生産」だけでなく流通、消費にわたるフードバリューチェーンのトータルサポートをめざす、クボタが描く未来を表したものとなっている。

CMの舞台はとある八百屋。たくさんの野菜を買い物カゴに入れる来店者(皆川猿時)に、“未来が見える”店員(長澤まさみ)が「テレビ出られるよー!」と一言。するとテレビの取材で現れたリポーター(パックン:パトリック・ハーラン)が、「フードロス問題、ご存知ですか?」と問いかける。皆川は「わが家は残しません!」と回答。すると長澤は「からの解説」と、パックンの次の行動を予想。パックンは「重要なのはサステナブルな食料システム。生産から消費のトータルバランスを…」と予想通り解説を始めます。そこでメガホンを片手に持った長澤は「大丈夫、それクボタがやる!」と叫ぶ。

長澤が言う「クボタがやる」とは、「スマートアグリソリューション」のこと。世界の食料問題の解決に向けて、農業機械と ICT による“農作物の生産性向上”に加え、食料の生産から消費までの「フードバリューチェーン」全体を支えていく。

Youtube「TheKubotaChannel」クボタが描く未来

「クボタのスマート農業」詳細
「クボタのオープンイノベーション」詳細

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【最終回】「やんごとなき一族」第11話でまるで別人“記憶喪失”健太と“闇”明人が最終対決!第10話ネタバレと予告
  2. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  3. BS12「嘘の嘘」第17-最終回あらすじ:残酷な宣告~隠し続けた嘘
  4. 「馬医」第33話あらすじと見どころ:クァンヒョン、女心を知る命がけの治療!治療の褒美のご褒美は?
  5. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,645タイトル、  86,029作品!