NHK朝ドラ「舞いあがれ!」福原遥の恋心がツンデレ目黒連へ向かい始める!第9週ネタバレと第10週予告

[2022年12月02日09時00分]  【ドラマ】

NHK朝ドラ「舞いあがれ!」福原遥の恋心がツンデレ目黒連へ向かい始める!第9週ネタバレと第10週予告

@NHK

NHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」第9週のネタバレと第10週「別れと初恋」(12月5日~12月9日)のあらすじと見どころをご紹介!柏木学生(目黒蓮/Snow Man)のツンデレ炸裂!予告動画は番組公式サイトで公開されている。

1990年代から今を舞台に、ものづくりの町・東大阪と自然豊かな長崎・五島列島でさまざまな人との絆を育みながら、飛ぶ夢に向かっていく舞(福原遥)の挫折と再生を描く「舞いあがれ!」の第9週が11月28日から放送された。舞は帯広で飛行訓練の実技に入り始めた。メンバーは柏木学生(目黒蓮)、水島学生(佐野弘樹)、そして教官は学校一厳しいと評判の鬼教官・大河内(吉川晃司)だ。舞の訓練の日々が第9週に放送された。



圧倒的な存在感を示したのは鬼教官役の吉川晃司だ。舞たち訓練生の前に立ちはだかる壁のような存在で、言葉はすべて敬語で丁寧なのだが、それゆえにさらに怖さが増す。もちろん、学生たちに徹底的に学んでほしいからゆえの態度だ。撮影は実際に飛行機を飛ばして撮影することもあるといい、「高所恐怖症」な吉川だが空まであがってしまうと諦められると話している。

そして、第9週は舞の恋の始まりを感じさせる週となった。まず、舞の前に現れたのは、一度は航空学校を去ろうとしたものの舞たちの努力で帯広までくることができた吉田学生(醍醐虎汰朗)。二人が親密な様子で話しているのを柏木学生(目黒蓮)がドアの外で聞いてしまう。数日後、柏木学生は舞が苦手な着陸のイメージトレーニングにつきあってくれる。今まで、舞の周りでは恋の話がなかったが、12月5日から放送される第10週で舞の恋心が芽生えてゆく。その相手は、予想通り「柏木学生」だ。

柏木学生を演じているSnow Manの目黒蓮は今、大人気となっている。現在、フジテレビで放送されている「silent」、2022年12月公開予定の映画『月の満ち欠け』、2023年3月公開予定の映画『わたしの幸せな結婚』に出演し、Snow Manとして「Snow Man LIVE TOUR 2022 Labo.」のコンサートも開催中となっている。多忙すぎる日々が心配されるほどの売れっ子だが、「舞いあがれ」での今後、どのようにヒロインとからんでゆくのか?

そして、第10週では「別れ」もある。宮崎の座学から一緒に学んできた6人だが、プリソロチェックで脱落してしまうのが水島学生(佐野弘樹)だ。皆を盛り上げ、舞と柏木のことも気にかけていた水島だが、テストに落ちては次に進むことは出来ない。

【第9週(2022/11/28-12/2)ネタバレあらすじ】
■第41話(月)
北海道・帯広でのフライト課程に臨む舞(福原遥)は、貴司(赤楚衛二)からの手紙と短歌で勇気づけられる。貴司は旅をしながら働いて、いろいろなところで自分の言葉を集めている。

帯広で舞は3人一組のチームに分けられるが、またしても柏木学生(目黒蓮)、水島学生(佐野弘樹)と同じ班になる。そして担当教官は、学生の間でも名うての鬼教官と呼ばれる大河内教官(吉川晃司)であることがわかり、戦々恐々の中、フライトシミュレーターによる訓練が始まる。大河内はまず操縦開始の手順であるプロシージャーを舞にやってみるようにいう。しかし、緊張もあって舞は途中で失念してしまった。その後柏木学生が完璧にやりこなした。

やはり完璧にこなせなかった水島学生とともにプロシージャーの練習をする。水島に電話がかかってきてしまい、一人で黙々とやっていると、柏木が手伝ってくれた。

舞と柏木学生、水島学生は、ついに初フライトの日を迎える。学生たちは、フライト前に気象状況と飛行計画のブリーフィング、安全に飛行できるか否か大河内教官へ説明を行う。舞たちはそれを無事に行い、ついに初フライトに臨む。学生3人のうち、前日に操縦開始の手順であるプロシージャーがちゃんと出来なかった舞が、大河内教官から訓練の一番手として指名される。舞は緊張しながらもプロシージャーをこなし、管制官との連絡もつけ、飛び立ってゆく。しかし、頭で考えているのと実機を動かすのでは大きく違い、離陸前は滑走路をまっすぐに走らすことも難しい。大河内の助言を受けつつ、空に飛び出した。水平飛行に移った時、舞は涙ぐんでしまった。

飛行訓練の後の反省会で教官たちから厳しい言葉を受けた学生たちは食欲もない。夜中にカップ麺を食べようとしていると、吉田学生(醍醐虎汰朗)もやってきた。吉田学生は空を飛べて楽しかったという。それも、舞が退学になりそうだった吉田学生を支えてくれたからとお礼を言う。柏木学生はそんな二人の様子をドアの外からうかがっていた。

一方、ラグビーカフェ・ノーサイドで、舞(福原遥)からのメールを久留美(山下美月)が読んでいると、舞の兄の悠人(横山裕)が現れる。久留美が看護師として救急病院では鱈いていると聞くと、自分に金を預ければ倍にすることができるという。悠人は投資アドバイザーになっていた。久留美は悠人から会社を辞めたと聞かされ、久留美は舞にそのことを伝える。心配した舞は悠人に電話をするが、悠人にええ感じで空を飛んでいるのか?と聞かれ、言葉に詰まってしまう。

大河内教官の指導は厳しく、飛行訓練は日々、その難易度を上げていた。舞は柏木学生と、舞が苦手な着陸のイメージトレーニングに励む。今まで厳しい姿しか見せなかった柏木だが、一生懸命、舞のトレーニングにつきあってくれて、優しい顔も見せた。持参した手作りのレバーを柏木に褒められて、舞はそれを作った父親の話をすると、普段は自分のことを話さない柏木学生が、国際線パイロットである父親の話を始める。父親はいつも家にいなかったが、帰ってくるとよくフライト先の国の話をしてくれたと懐かしそうに目を細めた。

翌日、飛行訓練は突然の飛行空域変更となるが、柏木学生はその空域の予習もしていると大河内教官を納得させて、一番手として訓練飛行に臨む。しかし、柏木は目標を誤り、空で迷子になってしまう。プライドの高い柏木にとって初めての失敗だ。ただ、柏木が迷子になるのはその一回では収まらなかった。さらに、舞が気象を分析して危険と感じて訓練をやめるといったことに反発し、舞と水島学生、柏木学生の間で意見が割れてしまう。大河内から班の意見位まとめろと言われ、柏木は舞と水島にひどい態度をとる。そして、水島とつかみ合いのけんかになってしまった。

舞は大河内教官に、なぜ柏木学生が操縦訓練で迷子になるのか尋ねる。大河内教官はその問いは、本人が聞きに来なくては意味がないというが、舞は仲間のことだからと粘る。すると、大河内は一人でなんでもできると思っているようでは飛行士にはなれないと一刀両断する。一方柏木学生は独りで地図に多くの書き込みをしながら翌日のフライトの予習をする。そういう柏木学生を、矢野学生(山崎紘菜)はプレッシャーを感じているんだろうと、おもんばかる。舞は柏木を「仲間」として助けたいと思い、矢野学生たちにも手伝ってもらって体育館に擬似的に街を再現し、ロストポジションした際の確認方法などを柏木学生に確認させた。柏木学生は舞にお礼をいい、なにか大事なことをいいかけた。

【第10週(2022/12/5-12/9)あらすじ】
■第46話(月)
中澤学生(濱正悟)に妻から離婚届が送られてくる。それを矢野学生(山崎紘菜)に見せると、今は単独飛行が可能かをチェックする試験に集中すべきといわれる。一方舞(福原遥)は、柏木学生(目黒蓮)のことが気になってなかなか寝付けない。飛行操縦試験のために必死で眠ろうと目をつぶる舞は、何とか眠ることが出来る。翌朝、朝食を摂ろうと食堂に行くと、舞は柏木を避けて離れた席に座ってしまう。

■第47話(火)
舞(福原遥)、柏木学生(目黒蓮)、水島学生(佐野弘樹)は緊張したプリソロチェックを終えて、大河内教官(吉川晃司)から結果を伝えられる。柏木学生は、無事に合格する。そして着陸にてこずった舞も、何とか合格する。舞は急な横風に煽られ着陸ミスをしたことを気にかけて大河内教官に尋ねると、大河内は着陸を取りやめ危険回避をしたことを評価したと答えるが、センターラインを外した着陸を改善するよう指導される。

■第48話(水)
プリソロチェックで不合格となり帯広を去る水島(佐野弘樹)を、舞(福原遥)たちは見送る。しかし舞は仲間との別れに落胆する。そんな舞を矢野学生(山崎紘菜)は、翌週から始まるソロフライト訓練に向けて予習をしようと励ます。舞たちは宮崎校からの仲間でソロフライトの予習をするのだが、そこに柏木学生(目黒蓮)の姿が見当たらない。心配した舞は、予習の後に柏木の部屋を訪ねてみる。

■第49話(木)
いよいよソロフライト訓練が始まり、舞(福原遥)も初めての単独飛行に臨む。無事に離陸し、帯広の上空を旋回する舞は、ふと隣を見る。これまでいつもいた大河内教官(吉川晃司)の姿はなく、誰もいない。舞に緊張が走る。訓練最後の山場である着陸態勢に入る舞。管制室から大河内教官(吉川晃司)や柏木学生(目黒蓮)が見守る中、舞は着陸するが、センターラインを外してしまう。

■第50話(金)
連日、大河内教官(吉川晃司)による厳しい着陸の特訓を受けた舞(福原遥)は、疲労がたたり熱を出してしまう。一方めぐみ(永作博美)と浩太(高橋克典)は、両親に近づこうとしない悠人(横山裕)が心配だが、めぐみは応援しようと言う。しかし浩太は、悠人のことが理解できないと本音を漏らす。そんな折、帯広では寝込んでいる舞にお見舞いのアイスクリームが2つ矢野学生(山崎紘菜)から届けられる。

【脚本】桑原亮子、嶋田うれ葉、佃良太
【出演】福原遥,高橋克典,永作博美,横山裕(関ジャニ∞),山下美月(乃木坂46),赤楚衛二,目黒蓮(Snow Man),吉川晃司,山崎紘菜,佐野弘樹,醍醐虎汰朗,濱正悟,他
【語り】さだまさし
公式Twitterアカウント「@asadora_bk_nhk」

 <総合>(月~土)午前8時~8時15分/午後0時45分~1時[再]
 <BSプレミアム>(月~土)午前7時30分~7時45分/午後11時00分~11時30分[再]
   (土)午前9時45分~11時[1週間分]

NHKあさドラ「舞いあがれ!」番組公式サイト
NHKあさドラ「舞いあがれ!」番組公式Twitter @asadora_bk_nhk

【2022年秋ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 百済に新王誕生!守百香の咲くころに…「帝王の娘 スベクヒャン」第69-最終回あらすじと見どころ、予告動画
  4. 新木優子、山下智久と映画『SEE HEAR LOVE』で5年ぶり共演!山P×新木2ショット、公式サイトも初解禁
  5. 【「ポッサム~愛と運命を盗んだ男~」を2倍楽しむ】韓国ドラマ、あらすじ、見どころ、キャスト紹介、時代背景など

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,724タイトル、  86,092作品!