劇中歌は小泉&中井のデュエット!17日、「続・最後から二番目の恋」15分拡大版でスタート!SP動画公開中

[2014年04月16日23時03分]  【ドラマ】

小泉今日子と中井貴一のW主演の“大人による大人のための恋愛喜劇”の続編が、いよいよ4月17日(木)からフジテレビで放送開始する!2年待ったドラマファンのために続編では、主演2人によるデュエットも劇中歌として聴けるとか…放送は15分拡大で夜10時から放送!番組公式サイトで予告動画が視聴できる。

キャストもストーリーも前作を踏襲したもので、小泉ふんする千明は管理職に昇格はしたがドラマの現場に携われなくなり、大人のサラリーマンの悲哀も描いていく。スペシャルドラマはあったものの2年待ちわびた視聴者と一緒にキャストたちが過ごした時間もそのまま具現するような内容になっている。パリロケもあるのでお楽しみに。

もう一つ大きな注目を集めているのは、小泉と中井によるデュエット。クレイジーケンバンドの横山剣が作詞・作曲を手がけた「T字路」という楽曲。前回のシリーズの時に、二人がふざけてそんな話をし、打ち上げで実際に二人がデュエットしたことで実現した。小泉にとっては、昨年リリースし「潮騒のメモリー」以来のレコーディング。中井にとっては1987年にリリースした「黒の似合うひと」以来、およそ27年ぶりのレコーディング。また、デュエットソングとしては、小泉は映画『快盗ルビイ』(1988年11月公開)の挿入歌「たとえばフォーエバー」を共演者の真田広之とデュエットして以来、およそ26年ぶり。中井にとっては初めてのデュエット!ドラマのストーリー同様大いに気になる。

■第1話
JMTテレビ勤務の吉野千明(小泉今日子)と鎌倉市役所観光推進課課長の長倉和平(中井貴一)の関係はは相変わらず。仕事では、千明は副部長に昇進し、後輩の指導育成をする立場になっているものの、制作現場を離れたことで内心さみしくもあった。和平は相変わらずさえない。世界遺産の登録に失敗した責任を押し付けられ、秘書課長も兼務させられている。
2人を取り巻く面々も変わりない。千明にその才能を見いだされた和平の妹万理子(内田有紀)は脚本家修行中で、万理子と双子の弟で、カフェ『ながくら』オーナーの真平(坂口憲二)は、和平の部下の大橋知美(佐津川愛美)と順調に交際中。千明の家に入りびたりだった和平の上の妹で専業主婦の水谷典子(飯島直子)も、夫・広行(浅野和之)の浮気を疑い、相変わらず『ながくら』にやってきては、和平や千明らに相談を持ち掛けている。
ある夜、仕事を終えて帰宅した和平は、極楽寺の駅で、娘のえりな(白本彩奈)がボーイフレンド・原田蒼太(中島凱斗)と一緒にいるところを目撃。その際、蒼太と一緒にえりなを送ってきた母親・薫子(長谷川京子)と知り合う。
そんな折、和平と千明は、偶然にもそれぞれの仕事でパリに赴くことに。

初回は、2年を過ごしたメインキャストたちの今を紹介しながらも、新たなキャストを紹介する。続編から視聴しても面白いが、前シリーズを知っているともっと楽しめる本作。前シリーズを観ていない方は、17日現在、フジテレビ午後2時からの「ドラマチックα」で再放送している。また、フジテレビオンデマンドでも全話配信中。
ざっくりと確認したい方はこちらをどうぞ⇒【前作の紹介と各話のあらすじ】

「続・最後から二番目の恋」の放送は、フジテレビにて毎週木曜日夜10時から。初回の17日は、15分拡大版で放送。主題歌は「Hello new me」。前回同様、浜崎あゆみの楽曲。

フジテレビ「続・最後から二番目の恋」番組公式サイト















[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 「帝王の娘 スベクヒャン」第66-最終回あらすじと見どころ:ついに実の父娘が向き合う!TVO
  2. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  3. 百済に新王誕生!守百香の咲くころに…「帝王の娘 スベクヒャン」第69-最終回あらすじと見どころ、予告動画
  4. Netflix「愛と、利と」第13-14話:ユ・ヨンソク、涙の決別…。二股疑惑の真相!ネタバレと見どころ
  5. 【ペイバック~金と権力~(原題:法銭)】(全12話)韓国ドラマ紹介

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,725タイトル、  86,093作品!