唐沢寿明、7月連ドラ「ボイス 110緊急指令室」、原作の韓国ドラマ「ボイス~112奇跡~」徹底紹介!

[05月13日09時15分]  【ドラマ】

唐沢寿明、7月連ドラ「ボイス 110緊急指令室」、原作の韓国ドラマ「ボイス~112奇跡~」徹底紹介!

原作:「ボイス~112の奇跡~」

土曜午後10時枠の日本テレビ系連続ドラマ枠に、俳優の唐沢寿明(55)が真木よう子と(36)と初共演する「ボイス 110緊急指令室」が登場することが発表されたが、本作は韓国俳優チャン・ヒョク(42)の大ヒット作!今回は、原作のあらすじや見どころ、作品の魅力等を詳しく紹介、原作の予告動画は作品公式サイトで公開している。

唐沢主演「ボイス 110緊急指令室」は犯罪被害者からの110番通報に対応する警察の緊急指令室が舞台。唐沢は真木よう子(36)とともに、生きたいと願う声を手がかりに事件解決へ奔走する刑事。唐沢演じる樋口彰吾は、猟奇殺人犯に妻を殺され、犯人への復讐(ふくしゅう)に燃える敏腕刑事。妻が事件前にかけてきたSOSの電話に気付かず、重い十字架を背負いながら緊急指令室のメンバーに招集される。

原作では唐沢演じる刑事・樋口彰吾役をチャン・ヒョク(キム・ジニョク役)が演じ、真木が演じる絶対聴感能力の持ち主でボイスプロファイラー(声紋分析官)・橘ひかり役はイ・ハナ(36、キム・ジニョク役)が演じている。

■原題は映画演門chが手掛けた“112”
原作タイトルは「ボイス~112の奇跡~」。 韓国では緊急通報を受ける警察の電話番号は112番で、この番号に通報があった後、被害者の安否を分けるタイムリミットを「ゴールデンタイム」と呼ぶ。誰よりも早く現場に向かうジニョク達「ゴールデンタイムチーム」と、通報電話から事件の手がかりを特殊な聴覚で見つけ出す“ボイスプロファイラー”カン・グォンジュら「112通報センター」の面々の活躍が描かれる。

原作は、犯罪やサスペンス、サイコホラーといった特殊なジャンルの作品を得意とする映画専門チャンネルOCNの作品。他にも「バッドガイズ-悪い奴ら-」「デュエル~愛しき者たち~」などどれも予測のつかない練り込まれた緻密なストーリーと、映画のような圧倒的な世界観を演出し、ジャンルもの好きなファンはもちろん、この手の作品は苦手という方をも虜にしている。「ボイス」でも先の読めないスリル満点のストーリー展開で、児童虐待といった社会問題を織り交ぜながら骨太なヒューマンドラマを繰り広げ、2017年放送当時、全話同時間帯視聴率1位、OCNドラマ歴代最高視聴率を記録した。
2018年には第2弾「ボイス2」、2019年には「ボイス3」が放送された。

■演技もアクションも絶品!
ボイスチャン・ヒョクこのドラマを成功に導いたのは、韓国でも人気のチャン・ヒョクの存在だ。彼はこれまで「カネの花~愛を閉ざした男~」「油っぽいメロ(原題)」「バッドパパ(原題)」「輝くか、狂うか」「客主」「ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~」「推奴-チュノ-」など時代劇から現代ドラマ、シリアスからコミカルまで多種多様な演技を完璧に演じて来た韓国を代表するトップ俳優のひとり。演技幅の広い実力俳優だが、彼のもう一つのとっておきの魅力がアクションだ。武道(ジークンド)で鍛えたみごとな身体能力で時代劇アクションから現代アクションまで華麗に完璧に技を繰り出す。韓国の番組「チンチャサナイ」という軍隊に入隊し5泊6日間、兵営訓練を体験するガチ軍隊バラエティに出演したが、その訓練中、圧倒的な身体能力で指導教授を凌ぐみごとな実技を次々と披露して注目を集めたほど。詳しくはコチラで紹介。まさに刑事にハマリヤクともいえる彼が、本作で刑事役に初主演したというのも話題になった。チャン・ヒョクを知らない方は、5月17日(金)より無料BS局のBS11で「カネの花~愛を閉ざした男~」が放送される。関西地区ではひと足先にテレビ大阪で好評放送中だ。放送局、日時などはコチラでまとめて紹介。

■光る脇役たち
ボイスイ・ハナまた、多くの韓国ドラマは主人公以外のキャラクターも実に丁寧に描いている。本作もそれが魅力で、同じく家族が犯罪被害に遭った女性主人公のジニョク(イ・ハナ)も実にいい。ジュヒョク(チャン・ヒョク)はある事情から彼女を激しく憎む。そんな2人が事件解決を通して最高のバディになっていく恋愛を超越した過程も本作の大きな魅力だ。
そんな二人と共に事件解決に挑む若い仲間たちに、名子役出身のペク・ソンヒョンやK-POP人気アイドルSUPER JUNIORのイェソン、若手美人女優ソン・ウンソが花を添えた。

さらに見逃せないのは悪役!こうしたクライムサスペンスは悪役が悪ければ悪いほど面白い。「ボイス」の悪役は韓国ドラマ史に残るほどの危ない魅力を発揮し、これまでの悪役のイメージを覆すほどのカッコよさで視聴者を虜にした。演じた俳優名は、原作を未視聴の方のためにここでは名前を伏せるが、端正なルックスと演技力の高さで日本でも人気の俳優だ。
ここに挙げたキャストについてはコチラで詳しく紹介している。

原作については【「ボイス」を2倍楽しむ】で詳しい各話のあらすじと見どころ、キャストの魅力、豆知識などまとめて紹介している。

7月の日本版が待ちきれない方は、DVDが大好評発売、レンタル中なので、先にチェックしておいては?豪華なBOX版とお得な5000円シンプル版と2タイプ発売している。(Amazonでチェック

2017年/韓国/音声:オリジナル韓国語/字幕:日本語/発売・販売元:エスピーオー/ⓒ STUDIO DRAGON CORPORATION

公式サイト
予告編

kandoratop【作品詳細】【「ボイス」を2倍楽しむ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  2. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  3. 【「黄金の私の人生(原題:黄金色の私の人生)」を2倍楽しむ】あらすじ、見どころ、キャストの魅力、イベントレポート
  4. 【「不滅の恋人」(原題:大君)を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力
  5. BS12「ホジュン~伝説の心医~」第61話~65話あらすじ:一難去ってまた一難!継妃選び~教書の存在?予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,861タイトル、  87,356作品!

相続の相談