NHK総合「グッド・ファイト2」第3話<422日目>あらすじと見どころ:恋愛リアリティ番組と弁護士皆殺し予告!

[2020年11月16日00時00分]  【ドラマ】

NHK総合「グッド・ファイト2」第3話<422日目>あらすじと見どころ:恋愛リアリティ番組と弁護士皆殺し予告!

Photo: Patrick Harbron/CBS
(c) 2017 CBS Interactive,Inc. All Rights Reserved.

アメリカの「今」を映し出す本格的法律ドラマとして話題の「グッド・ファイト」のシーズン2が、NHK総合で毎週日曜夜11時から放送中だ!11月22日放送の第3話「422日目」あらすじと見どころを紹介、予告動画は番組公式サイトで視聴できる。



「グッド・ファイト」は、日・韓でもリメイクされた「グッド・ワイフ 彼女の評決」(2009~2016年、全7シーズン)のスピンオフ(【日本版】【韓国版】)。アメリカで2017年より放送され、2020年現在シーズン4まで制作されており、日本ではAmazonプライムでシーズン1~3を配信中だ(Amazonでチェック
【「シーズン2」各話のあらすじ】

15日に放送の第2話では、「巨額の投資詐欺事件」の容疑者ヘンリーがついに逮捕された。娘のマイアと妻レノアに罪を押し付け、自分は愛人と隠し金でイタリア豪遊生活を続けていたとは全く呆れる父親だが、法廷で自らの偽証罪も恐れずマイアを守った母レノアの愛にはホロリとさせられた。何はともあれ、これでマイアの美脚から電子装置も外され、前シーズンから引きずっていた詐欺事件にも決着がついた。そんなマイアの裁判で激突したルッカとコリンだが、この2人の関係が今後どうなるのか要注目だ。

そして気になるのが、今シーズン冒頭から話題に上っていた「弁護士殺し」事件。22日放送の第3話で、ついにL&Bにも殺人予告が!いったい誰が誰を狙うのか?

以下、詳しいあらすじを知りたくない方は「■見どころ」をチェックして、「■あらすじ」は見逃した時や視聴後の確認用にどうぞ。

■キャスト(声の出演)
ヒロイン3人紹介
ダイアン・ロックハート役:クリスティーン・バランスキー(小宮和枝)
マイア・リンデル役:ローズ・レスリー(鷄冠井美智子)
ルッカ・クイン役:クシュ・ジャンボ(鈴木美園)
エイドリアン・ボーズマン役:デルロイ・リンドー(辻 親八)
コリン・モレロ役:ジャスティン・バーサ(足立りょう太)
リズ・レディック=ローレンス役:オードラ・マクドナルド(近内仁子)

■第3話「422日目」あらすじ
レディ&ボーズマンでエイドリアンとダイアンが担当する次の案件は、リアリティ恋愛番組「シカゴ・ペントハウス」で起こったレイプ事件。メラニー・クラークが出演していた頃にブレイク・マスターズから暴行を受け、テレビ局側に450万ドルの賠償金請求する。局側では、当事者間の問題というが、メラニーはブレイクも被害者で、視聴率のために暴行されている間もカメラを回し続けたテレビ局側の責任を訴える。

そんな中、「弁護士皆殺し」事件で自分が次の殺人の犠牲者になることを恐れるダイアンは、L&Bに立ち入った髭の男が気になり、マリッサに調べるよう指示する。

法廷で局側は、行為は全て合意のもとだったと反論し、むしろ誘ったのはメラニーだと主張する。実際の映像(シーズン14)を見ても確かにメラニーが誘っていたように見える。メラニーはブレイクに暴行されたときに既に気を失っていたらしいが、それを明らかにする映像が見当たらない。

一方、マリッサは郵便物の整理をしながらマイアと気楽なおしゃべり。マリッサが次の封筒を開けると、中から茶色い粉がこぼれ落ち、マイアが手の甲でその粉を受け止める。同封していた手紙には、『破産した。妻を失った。子供も失った。お前のせいだ』という脅迫文と、『粉はリシンで弁護士皆殺し』と書き添えてあり、宛先はダイアン。マリッサは毒物かもしれないと判断し、マイアがダイアン達に異変を知らせる。エイドリアンが事務所の人払いを指示し、騒ぎを知ったルッカは、ナプキンを湿らせ2人の顔を覆ってやる。

危険物処理班が到着し、ドリュー・ロヴァートが手際よく二人を救出する。結局この粉は重曹だったことが判明する。警察ではダイアンのクライアントのリスト提出を求めるが、秘匿特権を理由にこれを断り、ジェイがダイアンのクライアントを調べることに。調査の結果、手紙はビル内から来たものだと判明する。ジェイはダイアンのクライアントに目をつけるが、結局、ダイアンからの仕事がきつくて、締め切りを伸ばそうとしたアソシエイトが狂言事件を起こしたことを突き止める。

毒物騒ぎも一旦収まり、「シカゴ・ペントハウス」局側との協議を続ける。番組プロデューサーも同席し、メラニーに不利な証言をする。ところが、マリッサが別角度で撮影するカメラがあることに気づき、プロデューサーがメラニーをけしかけたことが判明する。その後も次々とメラニーの言い分が正しかったことを証言する人物が登場する。そしてマリッサが気づいた第3のカメラの存在が決定打となり、全てはプロデューサーが仕組んだことが証明され、請求金額からは少ないが、局側が提示した3万5千ドルを大きく超える320万ドルの賠償金を勝ち取る。

■見どころ
「シカゴ・ペントハウス」はペントハウスで過ごす男女が意中の相手と結ばれることを目指す恋愛リアリティ番組。前回のルッカとコリンの法廷闘争はにぎやかで裁判官の行動が笑えるが、今回もパワーアップ。実際の映像の開示を求めるL&Bとプライバシーの侵害だと拒否する局側で大もめの時に、裁判官が何をするのか?実にユニークなこの裁判官は、終盤で、極度に落ち込むダイアンに笑顔を取り戻させるのでお楽しみに。

今回も、調査員のジェイとマリッサが大活躍する。特に、情報通のマリッサは「シカゴ・ペントハウス」の大ファンで全シーズン視聴済のようだ。膨大な映像の中から素早く問題のシーンを選び出すなど、大手柄!ついにL&Bのボスであるエイドリアンに名前を覚えてもらい、「うちの調査員だ」とまで言ってもらえるので、マリッサファンはお楽しみに。

ところで3話で気になるのは、「リシン」と「トランプ大統領がホワイトハウスでミニブタを飼った」というニュース。ググってみたところ、「リシン」はあのサリンより強力で、ほんのひとつまみで成人を死亡させる猛毒だそうで、実際に2013年4月当時のアメリカのバラク・オバマ大統領に郵送で送りつけられるという事件があった。NATIONAL GEDGRAPHICサイト【2013.04.13】で詳しく報じている。
そしてもう一つ「トランプ大統領のミニブタ」の方だが、果たしてこれが事実かどうかは3話で確認しよう。

また、マリッサとマイアを、アメリカンジョークを交えて手際よく救出した危険物処理班のドリュー・ロヴァートにも注目しておこう。

■スタッフ
製作総指揮:リドリー・スコット
企画・製作総指揮:ロバート・キング、ミシェル・キング、フィル・アルデン・ロビンソン
監督:ブルック・ケネディ

NHK総合「グッド・ファイト2」番組公式サイト
 2020.11.8スタート 日・23:00-23:45

【作品紹介】【各話のあらすじ】


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「善徳女王」を2倍楽しむ】(歴史背景と全話あらすじ、キャストの魅力など紹介)
  2. 【「オクニョ 運命の女(ひと)」(獄中花)を2倍楽しむ】各話あらすじ、時代背景、豆知識など、韓国ドラマ
  3. 【「武神」を2倍楽しむ】(全話あらすじと見どころ、時代背景)
  4. 【「六龍が飛ぶ」を2倍楽しむ】(各話あらすじ、見どころ、キャスト、時代背景など)
  5. 上野樹里「監察医 朝顔2」第10話、志田未来が感染症に?!解剖時のミスで感染したのか?新春SPネタバレと予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,569タイトル、  85,975作品!