8/11無料BS初放送『ほえる犬は噛まない』は、パラサイトのポン・ジュノ監督の長編初監督作【韓国映画】

[08月10日19時00分]  【映画】

8/11無料BS初放送『ほえる犬は噛まない』は、パラサイトのポン・ジュノ監督の長編初監督作【韓国映画】

「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノの劇場長編初監督作『ほえる犬は噛まない』(2000)が、BS12 トゥエルビにて明日8月11日(水)よる7時から無料BS初放送する!予告動画はYoutubeで視聴できる。



『ほえる犬は噛まない』は、とあるマンションを舞台に、連続おイヌ失踪事件をめぐって繰り広げられる騒動をテンポ説く綴るちょっぴりシュールなシニカルなブラックコメディ。

そのあらすじは…
中流家庭の住む閑静なマンション。うだつの上がらない大学の非常勤講師ユンジュは、出産間近の妻ウンシルに養われながら教授を目指している。だが最近、飼うことを禁止されているはずの犬の鳴き声がマンション内に響き渡り、なかなか出世できない彼をイラつかせていた。そしてある時、彼はたまたま犬を見つけると地下室に閉じこめてしまう。一方、マンションの管理事務所で働くヒョンナムは、平凡で退屈な毎日を送っていた。そんな時、団地に住む少女の愛犬ピンドリがいなくなったと知り、正義感を燃やしてビラ貼りを手伝い始めるのだった…。

正義感の強いヒョンナムを演じるのはペ・ドゥナ。ほぼノーメークに近い形で出演したペ・ドゥナは、本作での好演で、百想芸術大賞最優秀女優賞などを受賞し高い評価を受け、ブレイクを果たした。2003年にはパク・チャヌク監督の『復讐者に憐れみを』に出演し、その後、『グエムル-漢江の怪物-』、『麻薬王』などの話題作に出演し、ドラまでも「秘密の森」シリーズで圧倒的な演技力でドラマファンからも人気が高い。また、2021年クランクインの是枝裕和監督がメガホンをとる韓国映画『ブローカー(仮題)』にこれまでにも共演することが多かったソン・ガンホやカン・ドンウォンと出演する。

妻に頭の上がらない大学の非常勤講師ユンジュを演じるのはイ・ソンジェ。『美術館の隣の動物園』(1998)、『公共の的』(02)や、ドラまでは「怪しい家政婦」(13)、「王の顔」(14)などの作品に出演している演技派俳優だ。韓国には珍しく線の細い俳優で、それがユンジュ役に起用した理由と監督は語っていた。

監督を務めたポン・ジュノ監督は、韓国映画史上最高の興行収入を記録し、アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞を受賞、英語ではない作品として初めて作品賞を受賞した『パラサイト 半地下の家族』で、日本でも誰もが知る韓国を代表する監督となったが、当時はまだ海外での知名度も低く、本作は2000年に韓国で劇場公開されたものの、日本での公開はなかなか実現しなかった。長編第2作目『殺人の追憶』(03)の韓国での大ヒットを受けて、2003年10月になってようやく日本での劇場公開が実現した。

『グエムル-漢江の怪物-』(06)、『母なる証明』(09)などの大ヒット作を視聴したという方も、ポン監督の劇場長編のデビュー作である本作は観ていないという方も多いだろう。だが、ポン監督のメッセージ性の強く、シニカルな笑いで視聴者を魅了するポン監督の原点となったのが本作。今回、BS12で無料BS初放送されるこの機会をお見逃しなく。

■スタッフ
監督:ポン・ジュノ

■キャスト
ヒョンナム:ペ・ドゥナ
ユンジュ:イ・ソンジェ
チャンミ:コ・スヒ
ウンシル:キム・ホジョン
ツバ吐きばあさん:キム・ジング
ピョン警備員:ピョン・ヒボン
謎の男:キム・ルェハ

BS12番組公式サイト
Youtube予告動画




[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【最終回】NHK「花郎(ファラン)希望の勇者たち」第20話ネタバレなしあらすじ:花郎が選ぶのはパク・ソジュンか、パク・ヒョンシクか?
  2. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  3. 【最終回】「100日の郎君様」第16話詳しいあらすじと見どころ:世子、戦地へ!ウォン・シムカップルの初恋は?豆知識:ペスク
  4. 【「武神」を2倍楽しむ】(全話あらすじと見どころ、時代背景)
  5. 【「花郎<ファラン>)」を2倍楽しむ】全話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力、豆知識など

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,579タイトル、  85,964作品!