タイトルの謎「キツネちゃん、何してるの?」

【特集/韓ドラここが知りたい/ドラマの不思議】

タイトルの謎「キツネちゃん、何してるの?」

2005年に大ヒットした『私の名前はキム・サムスン』の脚本家、キム・ドウが贈るラブコメ第2弾の『キツネちゃん、何してるの?』は、ちょっとエッチな雑誌の女記者ビョンヒと 、9歳年下の青年チョルスが綴る愛のメッセージ。

さすが、名脚本家キム・ドウが執筆したというだけあって、ストーリーは分かりやすいし、とても面白い。思わずメモりたくなるような名セリフもポンポン飛び出して、文句無しに楽しめる。しかし、タイトルの「キツネちゃん、何してるの?」にはどんな意味があるの?という疑問の声をよく聞く。そこで、ナビコン「韓ドラおすすめ隊?」が調査に乗り出した。

ドラマのオリジナルタイトルは「ヨウヤ、ムウォハニ?」。これを直訳すると「ヨウ=狐、ヤ=呼びかけ、ムウォハニ?=何しているの?」と日本版タイトルとなる訳だ。「狐」という言葉は、韓国でも狡賢いという意味で使われることがあり、たちの悪い女=雌狐という表現を使うことがある。タイトルとあらすじだけを読むと、年上女を揶揄するつもりでつけたタイトルとも読み取れる。しかし「~ヤ」という呼びかけには揶揄する響きはなく、むしろ、親しみを込めて呼びかけるときにつける接尾語だ。韓ドラなどで名前の後に「○○ヤ」と呼ぶのをよく耳にする。ということで、“雌狐説は”却下!…いろいろ調べたところ、おもしろい事実が分かった。

「勝って嬉しい花いちもんめ~♪」「負けて悔しい花いちもんめ~♪」や「だるまさんが転んだ!」など、幼い頃、こんなお馴染みの唄で仲間を取り合いっこする遊びをよくした。韓国にもこれに似たような遊びがある。「ヨウヤ、ヨウヤ、ムウォハニ~?(キツネちゃん、キツネちゃん、何してるの)」「チャムチャンダ!(寝てるの)」(*^_^*)このあと、ある言葉を合図に、相手側から好きな子を捕まえて、こちら側に引き入れるという遊び。

ドラマのタイトルはこの唄のフレーズをもじってつけたのだろう。では、なぜ、このフレーズを使ったのか?それは、第9話、第11話で真相が明らかになる。ヒントは1枚の写真!その写真に写っているのは、「チョルスとビョンヒ、そしてキツネのぬいぐるみ!」キツネは捕まえたい相手のこと!このキツネのぬいぐるみ、誰が誰にあげたものか?そして、キツネだけが知っている秘密は? ここから先は、ドラマを観てご自分でお確かめあれ!

[韓ドラここが知りたい!TOPへ][ドラマの不思議]

MBC JAPANlで「キツネちゃん、何しているの?」配信中

配信サイト  :  韓国ドラマ(作品紹介)    動画番組視聴or特集ページへ>>

再生方法 : 紹介したページには上の※印から移動できます

(C) MBC&iMBC All right reserved.
キャスト:コ・ヒョンジョン、チョン・ジョンミョン、チョ・ヨンウ、コ・ジュンヒ
監督/演出:クォン・ソクチャン、脚本:キム・ドウ

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  2. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  3. 【「イニョプの道(下女たち)」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、時代、キャスト紹介
  4. 【「王女の男」(姫の男)を2倍楽しむ】全話あらすじと予告動画
  5. 【「黄金の私の人生(原題:黄金色の私の人生)」を2倍楽しむ】あらすじ、見どころ、キャストの魅力、イベントレポート

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,877タイトル、  87,505作品!

相続の相談