【となりの美男<イケメン>】(全16話)ドラマ紹介

韓国ドラマ(作品紹介)    動画視聴サイトへ>>

「美男<イケメン>ラーメン店」、「美男<イケメン>バンド~キミに届けるピュアビート」に続くイケメンドラマシリーズ第3弾。韓国の人気ウェブコミック「私は毎日彼を盗み見る」が原作で、心に傷を負い引きこもりとなったヒロインと近所に住むイケメンたちとのロマンチックコメディ。
【「となりの美男<イケメン>」を2倍楽しむ】ヘ≫  【配信先・関連記事一覧】へ≫

■解説
「となりの美男<イケメン>」は、韓国のケーブルテレビtvNで2013年放送された作品。ちょっと古めのマンションを舞台に、イケメンな5人が隣人。こんなマンションに住みたい!と思わせる女性にとっては夢のようなシチュエーション。パク・シネが人との交流を苦手とし部屋に引きこもる奇妙なヒロイン・ドンミを好演。引きこもりのドンミ(パク・シネ)を何とか外に引っ張り出そうとする明るく前向きなエンリケ(ユン・シユン)と、ただ影からそっと見守る超奥手男子ジンラク(キム・ジフン)の正反対のイケメンたちのハートフルな心遣いに胸キュンして切なく、じんわりと心に響く優しいドラマ。ヨーロッパ映画を思わせるような上品でキュートなセンスが光る優しく癒されるドラマ。
パク・シネ&ユン・シユンが参加し、キャラクターの個性を表現した歌声が大好評となったOSTにも注目したい。パク・シネに関しては、すでに「美男<イケメン>ですね」で劇中バンドの“ANJEL”でその透き通るような歌声を披露しており、今作で歌う「真っ黒」は、世の中を恐れているドンミの気持ちを代弁する、ドンミのテーマ曲。一方エンリケのテーマソング「付き合いたい」は甘く可愛らしいユン・シユンの歌声が印象的で、ドラマの雰囲気をより一層引き立てている。

■あらすじ
オーシャンビレッジ402号室の住人コ・ドンミ(パク・シネ)は、周囲に自身の存在を見せずに、それなりに平和な生活を送っていた。彼女は昨秋に偶然みかけた向かいの住人テジュンに一目ぼれ。毎日のぞき見ることが日課になり、自分ひとりだけのロマンスを楽しんでいた。しかし、テジュンののぞき見ているところを、テジュンの同居人エンリケ(ユン・シユン)に気づかれてしまい…。

■DVD-BOX ⇒ドラマ・OST・書籍・公式グッズなど一覧表示(amazon)
2BOX 価格:各15960円
発売:2013年7月24日
発売元:カルチュア・パブリッシャーズ
販売元:アミューズソフト

■作品紹介

字幕   吹き替え

制作国 : 韓国     制作年 : 2013年

スタッフ : 脚本:キム・ウンジョン

演出:チョン・ジョンファ

キャスト : コ・ドンミ役:パク・シネ「美男<イケメン>ですね」「オレのことスキでしょ。」「相続者たち」「ピノキオ」
エンリケ・クム役:ユン・シユン「明日に向かってハイキック」「製パン王キム・タック」
オ・ジンラク役:キム・ジフン「星をとって」「結婚の女神」「千秋太后」
ユ・ドンフン役:コ・ギョンピョ「プロポーズ大作戦」「スタンバイ」
ワタナベ・リュウ役:水田航生「テニスの王子さま」
チャ・ドフィ役:パク・スジン「僕の彼女は九尾狐<クミホ>」「千万回愛してます」「善徳女王」
ハン・テジュン役:キム・ジョンサン

DVD公式サイト

【韓流コーナー:韓ドラここが知りたい】へ≫

【「となりの美男」を2倍楽しむ】へ≫  【配信先・関連記事一覧】へ≫
(C) CJ E&M CORPORATION, all rights reserved.

[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  2. 【「トンイ-同伊-」を2倍楽しむ】あらすじと予告動画
  3. 【「イニョプの道(下女たち)」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、時代、キャスト紹介
  4. 【「青い海の伝説」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力、豆知識など
  5. 【「ホジュン 宮廷医官への道」を2倍楽しむ】各話あらすじと見どころ、時代背景、豆知識

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,837タイトル、  87,186作品!

相続の相談
このカテゴリで選択可能な配信会社