【KCON 2016 Japan×M COUNTDOWN】4/10 公式ライブレポートとMnet放送予定!PR動画

[2016年04月14日16時22分]  【芸能】

【KCON 2016 Japan×M COUNTDOWN】4/10 公式ライブレポートとMnet放送予定!PR動画

2PM
(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved

4月9日(土)、10(日)に、幕張メッセにて開催された世界最大級のK-Culture フェスティバル「KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN」が開催され、2日間で約3万人が熱狂した!4月9日のオフィシャルレポートが到着したのでご紹介、イベントサイトにはPR動画が公開されている。4月9日のレポートはコチラ
また、この模様はMnetにて4月14日(木)、4月16日(土)、4月17日(日)に放送される。

 ●その他のライブ写真を見る<9日> / <10日>

■Mnet Japan 『KCON 2016 JAPAN × M COUNTDOWN』 放送情報
本放送:(字幕なし) 4月14日(木)午後6:00-
再放送:(字幕なし) 4月16日(土)午後6:00-
(字幕あり) 4月17日(日)深夜11:15-、4月19日(火)午前11:00-
5/1(日)10:00~12:00、5/9(月)25:00~27:00

<4月10日>
1. TWICE
昨年韓国デビューし、今最もホットなガールズグループとして注目される9人組グループTWICE。韓国人メンバーに加え、3人の日本人メンバーが所属するグループで、1曲目『Like OOH-AHH』の後のあいさつやMC、曲紹介など、日本語で大活躍。その後、『もう一度して』で見せるキュートなパフォーマンスに、男性ファンを中心に客席の雰囲気が一気に盛り上がった。

2. KangNam
バラエティを中心に韓国で大ブレイクした日韓ハーフのKangNam。今年5月には日本デビューも決まり、今最も勢いに乗っているKangNamは、甘いラブソング『CHOCOLATE』を歌いながらステージに登場した。韓国で大ブレイクしたきっかけとなった抜群のトークセンスで会場を大爆笑させた彼は、最後に日本デビュー曲となる『Ready to fly』を披露し、観客を楽しませた。

3. DAY6
クオリティの高いパフォーマンス力で人気を集める5人組バンドDAY6は、本ステージが日本初演だ。メロディアスな『Letting go』、そして韓国デビュー曲『Congratulations』の2曲を披露した彼らだったが、メインボーカル以外のメンバーもそれぞれボーカルやラップを担当しているのが特徴的だ。曲の間には日本語でのあいさつも披露したが、まだ得意ではないらしく、日本語はカタコト。完成度の高いパフォーマンスに少し下手な日本語というギャップに、女性ファンからは「かわいい!」の嵐だった。

4. ジミン(AOA)+Heize
『UNPRETTY RAP STAR2』でアイドル以上のラップの実力を見せたAOAジミンと、同番組に共に出演したラッパーHeizeのスペシャル・ステージ。赤いジャケットに黒いボディスーツというセクシーな衣装のジミンと、ラッパーらしくオールブラックでカリスマを見せるHeizeという、見た目は対照的なふたりだったが、同番組で披露したなど、ぴったりと息の合ったパフォーマンスで、さすがの実力を見せた。

5. Heize
新曲を披露したHeizeは、2014年からアンダーグラウンドで活躍していた実力派ラッパーだ。『UNPRETTY RAP STAR2』の出演をきっかけにさらに大衆から注目を集める彼女だが、K-POP界ではあまり例がないほどの圧倒的で強烈なラップが魅力だ。新曲は切ないメロディが印象的で、ラッパーであるHeizeの甘いボーカルにも注目だ。

6. BOYFRIEND
韓国で巻き起こった“ナムチンドル”(彼氏にしたいアイドル)ブームを先導したグループのひとつだった6人組アイドルBOYFRIENDはイメージを一新し、男らしいワイルドな印象に。白いバックにシルエット姿という強烈な登場から始まり、『BOUNCE』を歌った。日本語でのMCでは、あいさつする前にライブの告知を始めてしまうという“うっかり”シーンにファンから笑いを誘った。2曲目『君という女』の後、3曲目は日本語バージョンの『Be my shine』を披露。サビ部分のダンスをファンと共に踊り、会場を盛り上げた。

7. チョンジン(SHINHWA)
韓国の最長寿アイドルとして世界中にファンを持つレジェンドグループSHINHWAから、ソロアーティストとしても活躍するチョンジンがステージに登場ントロのダンス・パフォーマンスに始まり、『WOW WOW WOW』『Hey Ya!』など、グループ内で最高のダンスマシーンとして人気の彼らしく、息をつく暇も忘れてしまうほどの強烈なダンス・パフォーマンスで観客を魅了した。

8. Block B
1年7ヵ月ぶりに新曲を発表すると話した7人組グループBlock Bは、新アルバムから『A Few Years Later』『TOY』を披露。新曲はこれまでのBlock Bのイメージとは違うコンセプトだと自身たちが話す通り、しっとりした曲調にファンからも「意外!」という声が。新たな一面で、また違った魅力を見せてくれた。その後歌ったアップテンポの人気曲『HER』『Very Good』(日本語バージョン)で彼ららしい“愛すべき悪ガキ”姿を披露し、会場のファンを盛り上げた。

9. 2PM
6人組グループ2PMは、さすがの人気だ。登場前、動画が流れ始めた瞬間から会場は一気に最高潮に。『My House』から始まった彼らのパフォーマンスは、2曲目『GO CRAZY』、3曲目『Higher』と進むにつれて会場も熱気に満ちてきた。ステージを駆け回り、ファンへのサービスも忘れていない。日本語でのMCの合間に韓国語も交え、韓国ファンへの配慮も完ぺきだ。

10. 2PM with TWICE
2PMの『Higher』後にサプライズ登場したのは、2PMの後輩のTWICE。彼女たちの登場に会場は再び歓声が上がり、共に『Hands up』を披露。最高潮に盛り上がった観客の中心でパフォーマンスを披露し、最後はステージ中央で2PM、TWICEの全員でポーズも決まり、会場は大歓声に包まれた。

 4月9日のレポートへ≫

【KCON 2016 Japan×M COUNTDOWN 4月10日(日)セットリスト】

■KCON 2016 Japan×M COUNTDOWNプレショー

NO 曲名 アーティスト名
1 会いたい(JP Ver) TRITOPS*
2 どう説明できますか? BILY ACOUSTIE
3 騒がしかった時代に
4 High Hills(JP Ver.) CLC
5 しるし CODE-V

スペシャルMC : ハン・スンヨン、ソリョン(AOA)、ユナク(超新星)
KCON 2016 Japan×M COUNTDOWN
NO 曲名 アーティスト名
1 Intro+Like OOH-AHH TWICE
2 もう一度して
3 CHOCOLATE KangNam
4 Ready to fly (日本語ver)
5 Letting go DAY6
6 Congratulations
7 スペシャルパフォーマンス ジミン(AOA) + Heize
8 帰ってこないよ Heize
9 BOUNCE BOYFRIEND
10 君という女
11 Be my shine (日本語ver)
12 INTRO Dance + WOW WOW WOW チョンジン(SHINHWA)
13 Hey ya!
14 A Few Years Later Block B
15 TOY
16 HER (日本語 ver)
17 Very Good (日本語 ver)
18 My House 2PM
19 GO CRAZY
20 Higher
21 Hands up 2PM with TWICE

『KCON 2016 Japan』
開催日:2016年4月9日(土)、10(日)
開催場所:幕張メッセ国際展示ホール5~8ホール

『KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN』
開催日:2016年4月9日(土)、10(日) 18:00開場/19:00開演 予定
開催場所:幕張メッセ国際展示ホール7,8ホール

■Mnet Japan 『KCON 2016 JAPAN × M COUNTDOWN』 放送情報
本放送:(字幕なし) 4月14日(木)午後6:00-
再放送:(字幕なし) 4月16日(土)午後6:00-
(字幕あり) 4月17日(日)深夜11:15-、4月19日(火)午前11:00-
5/1(日)10:00~12:00、5/9(月)25:00~27:00

KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN 詳細ページ
『KCON 2016 Japan』イベントサイト

kandoratop【K-POPコーナー】【韓流イベントレポ】





[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  2. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  3. 【「イニョプの道(下女たち)」を2倍楽しむ】各話のあらすじ、見どころ、時代、キャスト紹介
  4. 【「不滅の恋人」(原題:大君)を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力
  5. 【最終回】「凪のお暇」お暇終了!凪(黒木華)は慎二(高橋一生)ゴン(中村倫也)どちらを選ぶ!?予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,876タイトル、  87,492作品!

相続の相談