「刑務所のルールブック」第5-8話あらすじと見どころ:刑務所でのど自慢大会!さて、優勝者は?BS11-予告動画

[09月17日17時50分]  【ドラマ】

「刑務所のルールブック」第5-8話あらすじと見どころ:刑務所でのど自慢大会!さて、優勝者は?BS11-予告動画
<br/>

(c) CJ ENM Corporation, all rights reserved

西部刑務所ではのど自慢大会が開催されることになり、パクサは外泊許可欲しさに練習に励むが…BS11にて放送中、韓国ドラマ「刑務所のルールブック(原題:賢い監房生活)」9月18日(水)第5-8話のあらすじとネタバレなしの見どころをご紹介、本作はDVDも好評発売中で、YouTubeにて日本版予告動画も公開している。



【「刑務所のルールブック」を2倍楽しむ】では各話のあらすじと見どころなどまとめて紹介している。

刑務所■第5話
ジェヒョクは西部刑務所に移送され、拘置所で出会ったユ・ハニャン(通称:ヘロリン)も相部屋となり、喧嘩の絶えない賑やかな新生活がスタートする。同じ監房のキム・ミンチョルたちは何か企んでいるようで…。そんな生活でのジェヒョクの心の支えは、面会に訪れるジホであった。法律が得意なコ・パクサは陳情書や請願書によって要望を通し、ミンチョルたちにチヤホヤされる。一方、木工場での刑務作業を科せられたジェヒョクは班長のヨムに気に入られる。
ジェヒョクは拘置所から刑務所へと移送される。ペン刑務官(チョン・ウンイン)も登場し、ここからますますドラマのおもしろさに拍車がかかる!同じ監房の囚人たちも個性的な顔ぶれ。ある日、収監歴最長のミンチョルが指令を出し、彼等はある計画を実行。雨が降るのを待ち、武器まで用意する、よもや脱獄か!?と思いきや、彼らが実行した仰天の計画とは!?ミンチョルに扮するのは「恋のスケッチ~応答せよ1988~」でパク・ボゴム演じるテクの父親役を演じたチェ・ムソン。彼が引き続きいい味を出し、本作を牽引していく。拘置所で出会ったヘロリンも加わり、監房内はますます賑やかになる。

刑務所■第6話
木工場で工具が紛失し、犯人を名乗り出たのはジェヒョクであった。優しくジェヒョクをかばうヨムだが、実は怪しいウワサがつきまとう人物で…。一方、部屋ではハンバーガーをかけた戦いが繰り広げられていた。拘置所で負ったケガがもとで左手にマヒをきたしたジェヒョクは、キム所長にテレビのインタビューを受けることを条件に外部での診療許可を出すと言われる。ジュノはジェヒョクを助けるために西部刑務所に異動する。
ジェヒョクを気に入る木工場の班長ヨムを演じるのは「操作」「デュエル~愛しき者たち~」などに出演したチュ・ソクテ。なんとも異様な雰囲気の人物を飄々と演じている。ミンチョルが監房内のテレビで映画を観たいと言い出し、カイスト(パク・ホサン)とジュヒョン(カン・スンユン/ WINNER)はご褒美のハンバーガーを賭けて知恵を絞るが、果たして結果は!?一方、パクサ(チョン・ミンソン)は、監房の人たちの為の嘆願書作成にせっせと励むが、彼が犯した罪とは?段々と左肩のマヒが酷くなってきたジェヒョク、左腕投手としての危機を感じたジェヒョクの今後はどうなるのか?



刑務所■第7話
西部刑務所ではのど自慢大会が開催されることになり、一位には外泊の許可が下りるとウワサに。パクサは家族のために歌の練習に励むのだった。一方、未だに外部での精密検査を受けさせてもらえないジェヒョクは刑務作業に戻され、ヨムと再会してしまう。しかし、そこでジェヒョクは思いもよらない行動に出る。そんな時、ジュノはジェヒョクの元恋人がジホだったことを知り、刑務所を訪れたジホと再会する。
外泊許可を目当てにパクサはのど自慢の練習に励むが、そこに秘められたワケとは何か!?ヨムと再会してしまったジェヒョクの思いもよらない行動とは!?だが、それによって物語は思わぬ方向に進む。いつも淡々としているジェヒョクではあるが、彼の考えや行動の緻密さを少しずつ感じられるようになってくるので、一瞬たりともお見逃しなく!西部刑務所に移動になってきたジュノが何かとジェヒョクを支えるシーンも要チェック。そして、ジホとジェヒョクが恋人に発展するまでのストーリーにも注目してほしい。二人が恋人同士だったと知ったジュノの反応は!?

刑務所■第8話
なんとか検査を受けることができたジェヒョクだが、手術は受けられず回復も難しいことを知ってしまう。一方、のど自慢大会ではパクサが見事一位になる。しかし、外泊の件はただのウワサに過ぎず、パクサはキム所長からテレビのインタビューを受けるように言われる。自分の身代わりにされたパクサを救うため、ジェヒョクはインタビューを受けることにする。カメラの前に座ったジェヒョクは衝撃の言葉を発する。
のど自慢大会で一位になったパクサだったが、監房内で誰もが耳にした美声の「マイ・ウェイ」はパクサの歌声ではなかった。果たして、あの美声は誰のものだったのか!? パクサが娘に宛てた手紙の内容に胸が痛くなる。パクサを心配するペン刑務官は彼が捕まった理由を部下から聞いてしまうが、パクサの罪とはいったい何なのか!?悪役で定評のあるチョン・ウンインが演じるペン刑務官のやさしさが随所に見え隠れし始める回。そして、肩の回復が困難だと医者から聞かされたジェヒョクの決断とは?

■キャスト
キム・ジェヒョク役:パク・ヘス「六龍が飛ぶ」
イ・ジュノ役:チョン・ギョンホ「ミッシングナイン」
キム・ジホ役:クリスタル(f₍x₎)「ハベクの新婦」
ユ・ジョンウ役:チョン・ヘイン「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」

BS11「刑務所のルールブック(原題:賢い監房生活」番組サイト
 2019.09.12スタート 月~金16:59-17:55

作品公式サイト
Youtube予告動画

kandoratop【作品詳細】【「刑務所のルールブック」を2倍楽しむ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  2. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  3. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  4. 【「オクニョ 運命の女(ひと)」(獄中花)を2倍楽しむ】各話あらすじ、時代背景、豆知識など、韓国ドラマ
  5. 【「不滅の恋人」(原題:大君)を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,885タイトル、  87,453作品!

相続の相談