広瀬すず、結婚相手紹介のために十勝へ!「なつぞら」第19週:「なつよ、開拓者の郷へ」あらすじと見どころ

[08月03日09時56分]  【ドラマ】

広瀬すず、結婚相手紹介のために十勝へ!「なつぞら」第19週:「なつよ、開拓者の郷へ」あらすじと見どころ

@NHK

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)第19週の「なつぞら」は、坂場(中川大志)との結婚を報告するために十勝に向かうなつ(広瀬すず)!十勝ではひと波乱、ふた波乱が?!十勝編の懐かしい面々が登場!第19週(8月5日~8月10日)「なつよ、開拓者の郷へ」のあらすじと見どころをご紹介、予告動画は番組公式サイトで公開中。

7月29日から放送された第18週は、なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)、下山(川島明)と茜(渡辺麻友)の結婚が話題になった週であった。茜が結婚するということは前週に公開されていたが、相手が下山ということも視聴者には驚きであった。神地(染谷将太)が好きだった茜が結婚するということで、最後に申し込んだダンスも、神地らしいとの声もあがっていた。そしえ何といっても、坂場のプロポーズ!会社の階段の踊り場で「もしこの長編映画が成功したら、僕の人生には君が必要だということになります」と、最初は回りくどい言い方をしていたが、最後に、「僕と、僕と、僕と、僕と!結婚して下さい!結婚してくれませんか?」とド直球でのプロポーズとなり、ネットでも、「直球でいい!」という声が多数上がっていた。



2日に放送された107話で坂場への思いを余すことなくかたったなつや、3日に放送された108話で、なつへの思いを直球で伝える坂場の姿に話題が集まった。

第19週は、結婚の話をするために、十勝になつと坂場がゆく”プチ十勝編”の週となる。なつかしい十勝のメンバーが登場する。俳優の道をあきらめた雪次郎(山田裕貴)は雪月で新しい菓子を制作していたり、東京に駆け落ちしてきたこともある夕見子(福地桃子)は農協に勤めバター制作に挑戦していたり、相変わらず農業をしながら絵を描き続ける天陽(吉沢亮)など、なつを取り囲んでいた人々の成長している姿を見るのが楽しみとなる一週間となる。

【2019年夏ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

第18週は、映画に戻ったなつと坂場の二人の仕事への取組みと、二人の結婚へ向けた紆余曲折が描かれた。

東洋動画の新年会で、大杉会長からテレビ漫画に力を入れるよう言われたなつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)であった。新年会後、坂場は、自分が映画から外されたのは、仲から嫌われているからだと言い出す。だが、茜(渡辺麻友)は、仲(井浦新)が才能を買っているはずのなつまで、テレビ漫画に異動させたことに疑問を持つ。桃代(伊原六花)が、二人が付き合ってると思われているからではと言い出すが、坂場は付き合ってないとあっさり否定してしまう。なつは煮え切らない態度の坂場のことを「あんなに煮え切らないとは思わなかった。つきあっているのかどうかくらい…」と文句を言いながら、家路についていた。

風車では、カスミ(戸田恵子)や茂木社長(リリー・フランキー)達が集まり、亜矢美(山口智子)が、かつてムーランで踊り子だった頃の悲しい恋の話がはじまる。ムーランに来ていた大学生が相手で、脚本を書いてムーランに持ち込み、その主役に亜矢美を抜擢したという。その後、二人は楽しい日々を過ごしたが、時は太平洋戦争中であり、相手の人は学徒出陣で戦死してしまった。それを聞いていたなつは、今も結婚していない亜矢美の気持ちに思いを巡らせる。

年が明け、テレビ漫画の「百獣の王子サム」が大人気となり、ますますアニメーションの仕事に追われるなつ達。そんな中、同僚の茜(渡辺麻友)が結婚することになったが、その相手は下山(川島明)だった。茜に思いを寄せていた神地(染谷将太)は、ショックを受けるが、最後にダンスを踊ってほしいを茜に頼む。茜の眼鏡をはずさせ、いつもは縛っている髪もほどくと、驚くほどきれいで、なつたちもみな驚いた。

長編映画を任されることになった下山(川島明)の誘いにより漫画映画の演出をすることになった坂場は、再び映画に携われるとなつに報告し、なつへ「結婚してください」といきなりプロポーズをする。なつは驚きながらも「はい、わかりました」と坂場に告げた。

そしていよいよ、下山を中心に長編漫画映画の制作が始まるが、演出の坂場のこだわりが強く、一向に脚本が進まない。見かねた仲は、坂場と神地に声をかけるが、仲に心を開かないふたりは聞く耳をまったく持たない。坂場の思い描くイメージの要求が高過ぎて、長編映画の制作がなかなか進まない。なつも坂場に「あなたがどうしたいのか考えて書くのは無理」とさじを投げる。締め切りが迫る中、坂場と折り合いが悪くなっていた仲が、なつにキャラクターの入ったカット袋を託す。仲はアニメーターとしての限界を突き付けられたようで悔しいと言っていた。

なつから、その動画用紙を見せられた坂場はその絵に驚く。自分が考えていたものを具現化していた。坂場は仲に対して抱いていた思いが誤りだったことに気づき、仲に力を貸して欲しいと頼む。仲もその思いを受け、映画の作画担当として積極的に参加してゆく。

仕事帰りに風車に寄ったなつと坂場は、二人の関係を亜矢美に気づかれた。亜矢美は嬉しさを隠し切れない。二人は映画が完成したら、ちゃんと挨拶するという。坂場の父親は大学教授で、母親は元教師、兄は医者と弁護士、姉は教師だと聞かされ、なつは少しひるむが、坂場は「君に不憫な思いはさせない」と強く言う。

なつが原画、坂場が演出を務めた漫画映画は大失敗だった。坂場はその責任を取り、東洋動画に退職届を提出する。その後、なつの元を訪れた坂場は「アニメーターとして終わった、自分との約束を忘れてくれ、結婚はできない、君を幸せにする才能がなかった」となつに言う。坂場からの一方的な申し入れになつはショックを受け、坂場への思いを一気に話し、涙ながらに「あなたのことが好きになった。才能を好きになったわけではない」とその場から去る。坂場は仲たちに引き留められるも、大事なものを亡くしてしまったといって去ってゆく。

帰宅以来、部屋にこもりきりのなつを心配した亜矢美は咲太郎に相談する。なつから事情を聞いた咲太郎(岡田将生)は、妹の不憫(ふびん)さに胸が締め付けられる。その時、なつを訪ねて坂場が風車にやってくる。なつに謝罪をしたいという坂場に対し、どうしても許すことができない咲太郎は、帰れと言う。しかし、なつと咲太郎、亜矢美(山口智子)を前に、坂場はこれまで口にしてこなかったなつへの思いを語り出す。なつと結婚させてほしいと懇願する坂場に、兄の咲太郎は先になつに謝罪しろといい、改めてなつにプロポーズする。なつも結婚に同意した。なつの背中を押したのは、亜矢美の「生きているんだから、失敗したっていい」という言葉だった。

そして、二人は、会社の同僚に挨拶をして、北海道の十勝に挨拶へと向かった。



【第19週(2019/8/5-2019/8/10)あらすじ
■第109話(月)
昭和41年の秋。ついに結婚を決めたなつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)は、十勝の家族に報告するため北海道にやってきた。緊張しながらも、柴田家の面々に結婚の挨拶をする坂場。家族が増えると喜ぶ富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)達だったが、なぜか煮え切らない坂場の言葉に、泰樹(草刈正雄)は難しい顔をする。そんな泰樹に対して、坂場はさらに周囲を不安にさせるような発言をしてしまい…。

■第110話(火)
十勝に戻ってきたなつ(広瀬すず)は、農協に勤める夕見子(福地桃子)がバター作りをしようとしていることを知る。翌日、なつと坂場(中川大志)は帯広の雪月を訪れ、すっかり菓子職人になった雪次郎(山田裕貴)や、雪之助(安田顕)達に結婚報告をし、大歓迎で迎えられる。そこへ、かつてなつがお世話になった高校演劇部員達も現れ、再会を懐かしむ。一方、農協では工場を新設しようとしていたが、ある問題が起こる。

■第111話(水)
剛男(藤木直人)や夕見子(福地桃子)が勤める農協では、酪農を守るため、工場を新設し、乳業会社を造ろうという案が出ていた。しかし、反対派と折り合いがつかず、組合長・田辺(宇梶剛士)をはじめ、泰樹(草刈正雄)や天陽(吉沢亮)ら酪農家が集まり、激しい議論になる。その時、坂場(中川大志)の言葉を思い出した菊介(音尾琢真)が、酪農への純粋な思いを語りだし、なつ(広瀬すず)を始め、皆はその話に耳を傾け…。

■第112話(木)
農協の工場建設問題は無事解決する。なつ(広瀬すず)の育った環境を知った坂場(中川大志)は、なつが多くの人からの愛情を受けて育ったことを実感し、絵を生み出す力の源を知る。そして坂場はある思いをなつに打ち明ける。組合長の田辺(宇梶剛士)に呼ばれたなつは、入院している病院を訪れる。すると田辺からあるお願いされる。一方、その頃、雪月では、雪次郎(山田裕貴)が何やら企てており…。

■第113話(金)
雪次郎(山田裕貴)に呼び出され、なつ(広瀬すず)や坂場(中川大志)、天陽(吉沢亮)、そして夕見子(福地桃子)までもが雪月に集まった。そこで雪次郎は、雪月で初めて自分が考案したお菓子の新作を一同に披露する。雪次郎に促されるまま、十勝の素材で作ったお菓子を口にする一同。その瞬間、普段は厳しい夕見子までもがお菓子を絶賛する。そして父の雪之助(安田顕)も食べてみるが…。

■第114話(土)
なつ(広瀬すず)を嫁に出すことになり、わが子同然に育ててきた富士子(松嶋菜々子)は、1冊のノートをなつに手渡す。そこに書かれた内容に、なつは深い愛情を感じる。その後、なつは坂場(中川大志)と天陽(吉沢亮)の家を訪れる。以前から天陽の描く絵に感銘を受けていた坂場は、描かれた絵を見つめ、いつものようにある疑問を天陽に投げかける。すると、天陽は坂場の想像を上回る返答をするのだった…。

【作】大森寿美男
【出演】広瀬すず/岡田将生/山口智子/比嘉愛未/工藤阿須加/井浦新/貫地谷しほり/川島明/小手信也/渡辺麻友/染谷将太/山田裕貴/松嶋菜々子/藤木直人/草刈正雄ほか
【語り】内村光良

「なつぞら」公式サイト
 <総合>(月~土)午前8時~8時15分/午後0時45分~1時[再]
 <BSプレミアム>(月~土)午前7時30分~7時45分/午後11時30分~11時45分[再]
   (土)午前9時30分~11時[1週間分]
NHKPRサイト「なつぞら」関連動画・記事
Twitter公式アカウント「@asadora_nhk」

【2019年夏ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  2. 激動の最終回!「オクニョ 運命の女(ひと)」第51話 新たな時代の幕開け!あらすじと見どころ、予告動画
  3. 【「オクニョ 運命の女(ひと)」(獄中花)を2倍楽しむ】各話あらすじ、時代背景、豆知識など、韓国ドラマ
  4. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  5. 「オクニョ 運命の女(ひと)」第50話 オクニョが逆賊?大妃逝去…あらすじと見どころ、予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,914タイトル、  87,398作品!

相続の相談