あの大怪獣『ゴジラ』が可愛い人形劇になって登場!怪獣人形劇「ゴジばん」東宝特撮chにて放映!

[2019年08月09日17時00分]  【アニメ】

あの大怪獣『ゴジラ』が可愛い人形劇になって登場!怪獣人形劇「ゴジばん」東宝特撮chにて放映!

TM & (C) TOHO CO., LTD.

誕生から65周年を迎える<ゴジラ>は、増々進化中!そんなゴジラが人形劇になった『怪獣人形劇 ゴジばん』が「東宝特撮チャンネル」にて毎週金曜17時~放映開始することが分かった!Godzilla Channel ゴジラ(東宝特撮)チャンネルにてゴジラ関連動画が公開されている。



映画『ゴジラ』の第1作目は1954年に公開され、今年で65周年を迎える<ゴジラ>!5月31日(金)にはハリウッド版の映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が公開され、全世界で大ヒットを記録している。また、先月、柔道日本代表選手団とゴジラが協働プロモーションを進めることとなり、柔道日本代表選手団の呼称を「ゴジラジャパン」とすることが発表された。

『怪獣人形劇 ゴジばん』は、オーディションプロジェクト「GEMSTONE」で入賞した人形劇団「アトリエこがねむし」による人形劇。

「GEMSTONEクリエイターズオーディション」は、東宝株式会社とAlphaBoat合同会社が共同運営するYouTube及びSNSを活用したオーディションプロジェクト。第1弾企画は「ゴジラ」をテーマに全国から映像・イラスト作品を募集し、1000件を超える応募があった。『怪獣人形劇 ゴジばん』は、「GEMSTONE」記念すべき第一回目の入賞クリエイター、人形劇団「アトリエこがねむし」と東宝が共に企画の開発に着手し、成立した企画となっている。

ゴジラとして実に14年振りとなる人形劇企画「ゴジばん」。GEMSTONEに応募された動画はすでに60万回再生を突破している。お子様向けのスタンダードな人形劇はもちろん、人形を使ったドラマ形式の作品や、ショートストーリーでシュールな笑いを誘う作品など、人形劇としても新しい表現に挑戦している点も「ゴジばん」の大きな魅力だ。平成が終わり、令和という新しい時代を迎えた今、あえてレトロな人形劇という表現とゴジラを掛け合わせる挑戦。今までゴジラと関わりのなかった女性や小中学生のみんなも、「ゴジばん」の可愛いキャラクターやストーリーをきっかけに、ゴジラに親しみ、楽しんでは?

<怪獣人形劇『ゴジばん』概要>
【放映開始】 2019年8月9日(金)17時~(以降毎週金曜日17時更新予定)
●監督・脚本・造形・音楽:小林英幸
●出演:高橋由美子、大村将弘、下村梨乃、勝浦まりえ、湯原愛子、クレア、るな、天海祐子
●スタッフ
製作:大田圭二/エグゼクティブ・プロデューサー:上田太地、山内章弘/チーフ・プロデューサー:東幸司/
プロデューサー:樋口貴登/アシスタント・プロデューサー:金聡一、柳澤俊介/タイトルロゴ:豊田幸秀/
イラスト:久保田純子、まるなな、おにぎり、ヨシジマシウ/撮影:井野口功一、島崎淳/音楽:諸星奈々/美術・人形劇製作:アトリエこがねむし/人形操作:劇団こがねむし、中山弘人、川野芽久美(人形劇団ポポロ)、滝田恵水(人形劇団ポポロ) 造形:Mile Paxton/オープニング・エンディング・タイトル 歌・声:大谷美起、金子はりい
●制作協力:AlphaBoat合同会社、GEMSTONEプロジェクト

【放映チャネル】ゴジラ(東宝特撮)チャンネル

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「善徳女王」を2倍楽しむ】(歴史背景と全話あらすじ、キャストの魅力など紹介)
  2. 【「オクニョ 運命の女(ひと)」(獄中花)を2倍楽しむ】各話あらすじ、時代背景、豆知識など、韓国ドラマ
  3. 唐沢寿明「24 JAPAN」第15話、「夜のとばり作戦」で家族を失ったテロリストの報復が!第14話ネタバレと予告動画
  4. 【「武神」を2倍楽しむ】(全話あらすじと見どころ、時代背景)
  5. 【「六龍が飛ぶ」を2倍楽しむ】(各話あらすじ、見どころ、キャスト、時代背景など)

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,566タイトル、  85,969作品!