17日「家栽の人」で船越英一郎が人間を愛し、植物を慈しむ変わり者の家裁判事を熱演!あらすじと予告動画

[05月16日10時00分]  【ドラマ】

17日「家栽の人」で船越英一郎が人間を愛し、植物を慈しむ変わり者の家裁判事を熱演!あらすじと予告動画

(C)テレビ朝日

船越英一郎が“火災”から“家栽”に転身!?人々の心にやさしさの種を植える感動の物語「家栽の人」16年ぶりにドラマ化!原作の大ファンの船越がドラマにも珠玉のセリフが多々と絶賛!日曜プライム・ドラマスペシャル「家栽の人」5月17日(日)夜9時よりテレビ朝日で放送、予告動画は番組公式サイトで公開されている。

「家栽の人」は植物を慈しむ、家庭裁判所の判事・桑田義雄が“少年審判”“家事審判”を解決していく話を中心に、人間の心情を描くヒューマンドラマ。

原作は、全15巻の単行本が刊行された毛利甚八作・魚戸おさむ画の青年漫画『家栽の人』(小学館)。植物をこよなく愛し、人間に寄り添う、信念の家裁判事・桑田義雄は、植物も人間も“愛”と“育てる時間”が大切だと語る。そのため、家庭裁判所の略称は「家裁」だが、この作品の題名は栽培するの「栽」となっている。



連載終了から20年以上経た今もなお“人間の本質を描く名作”と語り継がれる『家栽の人』は、片岡鶴太郎主演で1993年と1996年に、時任三郎主演で2004年にTBSでドラマ化されている。

主演の船越英一郎は、出演のオファーに「本当にうれしかったですね!実は僕、原作連載時からのファンだったんです。“いつかこの作品をやりたい…”。そんなかすかな思いが、自分の中に“種”のようにずっとあったのですが、今回、その種をようやく芽吹かせてもらった気がしています」と喜びと感謝を語る。

そして、原作について「普遍的な名作だと思います。これを読んで法曹界を目指した人も多いと聞きますし、“人の道”、“少年の心の機微”、それに大人がどう向き合うべきなのかが描かれ、まさに名言、金言の坩堝(るつぼ)! 今後も読み継がれていくべき作品」と魅力を力説し、「ドラマをきっかけに多くのみなさんが原作を手に取っていただけたら素敵だなと思います。もちろん今回のドラマにも珠玉のセリフが多々ちりばめられていますよ」とコメント。

また、「本作は推理しながら見ていただくサスペンス…というより、見ていただいた方々の心の中に“やさしさ”という種を植えるような、ヒューマンサスペンス。暗いニュースが多い今だからこそ、人間の原風景みたいなものをじんわりと感じていただけるドラマになればと思います」とドラマの魅力を語った。

個性あふれる前崎家庭裁判所のメンバー、池上所長を角野卓造が、バツイチで小学生の息子を育てている岡本調査官を佐藤仁美が、日向子に好意を抱いている石川調査官を堀井新太が、少年犯罪に強い思い入れを持っている戸張調査官を山中崇が、前崎家裁の生き字引のような存在・田之倉書記官を森下能幸が演じる。

少年・立花晃役の望月歩は、連続テレビ小説「エール」(2020/NHK)の川俣銀行の若手行員・松坂寛太役や、「鈍色の箱の中で」(2020/テレビ朝日)の庄司悟役など躍進目覚ましい若手俳優。殺人事件の容疑者となった少年を繊細に演じている。

さらに、新山千春、西岡德馬ら百戦錬磨のベテラン勢が脇をかためる。

さまざまな苦しみを抱える現代人に、大切なことを思い出させてくれるヒューマンドラマ「家栽の人」。感動の物語をじっくり味わおう!

■あらすじ
東京から新幹線で1時間ほどの地方都市にある、前崎家庭裁判所――。ここへ新任判事としてやってきたのは“出世の道を蹴った変わり者”という噂の桑田義雄(船越英一郎)だった。桑田は着任当日、大きな植木を背負って現れ、司法修習生の樋口日向子(足立梨花)や調査員たちの度肝を抜く。

そんな中、地元の名士・佐々木建造(西岡德馬)が殺害される事件が起き、19歳の少年・立花晃(望月歩)が自首、前崎家裁に送致されてくる。晃は1年ほど前、暴行事件で審理が行われたことがあったが、戸張調査官(山中崇)が彼の本質を信じ「更生の意思あり」と、不処分の決定が出ていた少年だった。

期待を裏切られた思いの戸張は今回こそ厳しく調査すると意気込むが、池上所長(角野卓造)が岡本調査官(佐藤仁美)を指名したため、家裁に不協和音が生まれはじめる。

晃は遊ぶ金ほしさに佐々木の家に押し入り、もみ合った末に殺害したことを認めるが、桑田は“侵入の際、佐々木家の庭にあったビワの木の枝を折った”という彼の証言に疑問を抱き…。

ドラマスペシャル「家裁の人」5月17日(日)夜9時よりテレビ朝日で放送/原作:毛利甚八・魚戸おさむ『家栽の人』(小学館ビッグコミックオリジナル)/出演:船越英一郎 足立梨花 角野卓造 佐藤仁美 望月歩 堀井新太 西岡德馬ほか/脚本:両沢和幸/監督:猪原達三/企画:古賀誠一/ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)/制作協力:サフール/制作著作:テレビ朝日/PR動画は番組公式サイトで公開されている。

スペシャルドラマ「家裁の人」番組公式サイト

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. NHK総合「100日の郎君様」第10話ネタバレなしあらすじと見どころ:ウォンドク、胸キュン台詞連発!
  2. 【「不滅の恋人」(原題:大君)を2倍楽しむ】韓国ドラマ各話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力
  3. 【「ホジュン~伝説の心医~」を2倍楽しむ】(全135話)韓国ドラマ各話のあらすじ、見どころ、キャストの魅力など
  4. 最終回「不滅の恋人」第20話あらすじと見どころ:兄チュ・サンウクと弟ユン・シユン最後の戦い!豆知識:若き王は王役ご用達の子役
  5. テレQ<師任堂>の次は「不滅の恋人」を7/20より放送!あらすじ・見どころ、予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,784タイトル、  86,501作品!