「TOMORROW X TOGETHER ONLINE GLOBAL PRESS CONFERENCE」で「Blue Hour」披露!MV公開

[10月28日04時00分]  【音楽】

「TOMORROW X TOGETHER ONLINE GLOBAL PRESS CONFERENCE」で「Blue Hour」披露!MV公開

‘清涼感溢れる最高峰’と呼ばれ、颯爽とカムバックしたTOMORROW X TOGETHER。10月26日16時に「TOMORROW X TOGETHER ONLINE GLOBAL PRESS CONFERENCE」が韓国で開催され、『minisode1 : Blue Hour』についてメンバーが語り、リード曲「Blue Hour」のパフォーマンスを披露!Youtubeにてミュージックビデオも公開した。



グローバルに活躍する韓国5人組グループTOMORROW X TOGETHERが10月26日に3rdミニアルバム『minisode1 : Blue Hour』でカムバック!

 『minisode1 : Blue Hour』は、メキシコ、ブラジル、ロシア、インド、フィリピンなど全世界30の国と地域のiTunesのトップアルバムチャートで1位を獲得。リード曲の「Blue Hour」も全世界の15の国と地域のiTunesのトップソングチャートで1位を獲得している。(*iTunesチャート数字は10月27日AM8時までの数字)

‘清涼感溢れる最高峰’と呼ばれ、颯爽とカムバックしたTOMORROW X TOGETHER。10月26日16時に「TOMORROW X TOGETHER ONLINE GLOBAL PRESS CONFERENCE」が韓国で開催され、『minisode1 : Blue Hour』についてメンバーが語り、リード曲「Blue Hour」のパフォーマンスを披露した。

3rdミニアルバム『minisode1 : Blue Hour』について、SOOBINは「『minisode1 : Blue Hour』は友達との関係が変わってすべてが見慣れてないように感じ始めた少年たちのストーリーを取り入れたアルバムです。タイトルについて説明すると‘minisode’は今までのアルバムで続けてきた‘The Dream Chapter’シリーズから新しいシリーズに移る前の小さなエピソードという意味で、‘Blue Hour’は昼から夜に移る直前、空の色が多彩で複雑な色になる瞬間を指します。」と語り、TAEHYUNは「全5曲が収録されています。ディスコ、ポップロック、フューチャーR&Bまで様々なジャンルの曲が入っていてTOMORROW X TOGETHERの新しい魅力を感じていただけます。」と語っている。

リード曲「Blue Hour」について、YEONJUNは「ディスコジャンルのダンス曲ですが、スウィートな魅力と活気あふれるエネルギーを同時に感じていただける曲です。全体的に明るくて楽しい雰囲気で、楽しく聴いていただけると思います。BTSさんに続いて再びディスコ旋風を巻き起こし続けます!」と語っている。

「Blue Hour」の振り付けについては、BEOMGYUが「タイトルのように5時53分を指す時計をイメージした振り付けで始まり、途中にコートと帽子を使うダンスブレイクがあります。数人のダンサーさんと息を合わせてもっと豊かで生き生きするパフォーマンスが特徴です。」と語っている。

他の収録曲に関してTAEHYUNは「まずはインディーロックを基にした「Ghosting」はビンテージ風の楽器サウンドで始まる曲です。「Ghosting」は急に人とのコミュニケーションを断絶し、消えてしまう行動を意味する新造語ですが、会話を交わしていた相手といきなり連絡がつかなくなって、いろんな感情の変化を経験し、戻ってきてほしいという気持ちを伝える曲です。
僕とSOOBINさんが作詞に参加し、コミュニケーションが切れた少年の混乱する気持ちを表現しました。」と語り、SOOBINは「続く「We Lost The Summer」という曲はコロナ禍で今までは完全に変わった世界を経験する10代の物語です。皆が平凡な日常を失ってしまった今、どのようにこの時代を反映して曲に表現できるか悩んでいる中、パン・シヒョクプロデューサーさんがアイデアをくださいました。歌詞はコロナ禍で平凡な日常を失ったという内容で、たくさんの方が共感してくださるんじゃないかと思います。懐かしいけど爽やかなダンスホールジャンルの曲でイギリスのポップアーティストCharli XCXさんが楽曲作業の全般に参加しました。」と語っている。

 続いて、HUENINGKAIは「「Wishlist」という曲は明るい雰囲気のポップロックジャンルで、僕とYEONJUNさん、TAEHYUNさんが作詞に参加しました。好きな人の誕生日に最高のプレゼントをしたいけど、何が欲しいかを教えてくれなくて焦っている少年の震えている心を歌詞で表現しました。」と語り、YEONJUNは「そして最後の曲の「Way Home」は懐かしい感じのフューチャーR&Nジャンルの曲です。授業が終わって一人で帰る道が今までとは違って見慣れないように感じ、寂しい気持ちもするが、僕たちがお互いを思っていればいつも一緒であることを信じる少年の物語です。」と語っている。

 そして、26日18時にはTOMORROW X TOGETHERは「Blue Hour」のミュージックビデオを公開した。

「Blue Hour」はTOMORROW X TOGETHERが初めて披露するディスコジャンルの曲で、5人のメンバー特有の爽やかさと少年美が混ざり合った‘TOMORROW X TOGETHER流ディスコ’が楽しめる。

夢幻的な雰囲気のアコースティックギターリーフとボーカルハミングが交わった音楽ではじまるミュージックビデオは止まってしまった魔法の時間の中でTOMORROW X TOGETHERのメンバーが体験する美しいファンタジーを描いている。CG演出を通じて具現化された異色的な世界で一緒に時間を過ごす5人メンバーの姿で快活で愉快なエネルギーが伝えられる。だが、これはまもなく消えることになる美しい時間で、メリーゴーラウンドの明るいあかりが消える。遠く回る観覧車を見守るBEOMGYUの目つきがおぼろげな感じを増している。これと同時に流れ出る叙情的なアコースティックギターサウンドが長くて穏やかな余韻を残す。

「Blue Hour」ミュージックビデオで記憶に残っているエピソードについて、SOOBINは「大関嶺(テグァルリョン)で撮りましたが、僕たちも景色に感心しながら撮影しました。空も本当に素敵な日でした。山に囲まれた野原で踊るのが簡単ではなかったのですが、きれいな空を見て涼しい風も感じながら踊っていて楽しかったです。」と語り、HUENINGKAIは「ワイヤーアクションも初めてでしたが楽しかったです。安全装備をきちんとつけて撮影したので怖くなかったです。撮影中メンバー全員が楽しんでいました。」と語っている。

TOMORROW X TOGETHERの『minisode1 : Blue Hour』は‘The Dream Chapter’シリーズから次のシリーズに移る前に5人の少年が聞かせてくれる小さな物語。コンセプトフォトとトラックリスト、7本のミュージックビデオティーザーに続き、音源プレビュー映像、ミュージックビデオまで多様なコンテンツを次々に公開し、全世界ファンの注目を集めている。

TOMORROW X TOGETHERの今後の動向に目が離せない。



TOMORROW X TOGETHER 日本公式サイト
Twitter TXT OFFICIAL
TOMORROW X TOGETHER
TXT JAPAN OFFICIAL
Instagram
facebook
YouTube
Weibo
YOUKU

韓流コーナー ⇒ kandoratop

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. パク・シネ主演!Netflix映画『ザ・コール』ってどんな映画?11月27日(金)より独占配信開始
  2. 「35歳の少女」柴咲コウが冷たい大人に豹変?竜星涼200万全額でギャンブル!第7話ネタバレと第8話で予告動画
  3. 【「善徳女王」を2倍楽しむ】(歴史背景と全話あらすじ、キャストの魅力など紹介)
  4. 【「王になった男」を2倍楽しむ】韓国ドラマ、各話あらすじ、見どころ、評判など
  5. 「監察医 朝顔2」まさか桑原君(風間俊介)が不倫?おおじいじ(柄本明)の告白も!第4話ネタバレと第5話予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,619タイトル、  86,062作品!