“キッチリ夫”ハライチ・岩井勇気&“テキトウ妻”伊藤沙莉、性格丸出しのイエナカコーヒーの飲み方は?

[04月01日04時00分]  【商品・CM】

“キッチリ夫”ハライチ・岩井勇気&“テキトウ妻”伊藤沙莉、性格丸出しのイエナカコーヒーの飲み方は?
<br/>

サントリー食品インターナショナル(株)は、お好みの量の牛乳や水で割って楽しめる濃縮タイプコーヒー「ボス カフェベース」の新TV-CMとして、お笑いコンビ「ハライチ」の岩井勇気、女優の伊藤沙莉が出演する「キッチリ夫と、テキトウ妻」篇(15秒・30秒)を、4月1日(木)から全国でオンエア、Youtubeでも動画公開した。



新CMでは、性格も考え方もまるで正反対、だけど大の仲良しという、岩井と伊藤が演じる凸凹(でこぼこ)夫婦が、それぞれ自分好みの割り方、こだわりの作り方で、おいしいコーヒーやカフェラテを楽しむシーンを通じて、牛乳や水と割るだけでお店のような味がカンタンに作れる「ボス カフェベース」の魅力を表現している。



CMの撮影は、冒頭に登場する結婚式写真の撮影からスタートした。出迎えたスタッフの皆から盛大な拍手と、「おめでとう!」という祝福の言葉が飛び交う中、教会のバージンロードを歩く新婦さながらに、ウエディングドレス姿の伊藤が入場すると、現場は瞬く間に華やかかつハッピーな空気に包まれた。伊藤自身、これまでの撮影などで着た中で「一番かわいい!」と絶賛する純白のウエディングドレスは、美しいAラインのシルエットが特徴的。デコルテから肩、腕を覆う繊細な透かしレースと、頭上に輝くティアラ、そして、何よりも魅力的な花嫁の笑顔と相まって、周りのすべての人々に幸せな気分をもたらし、撮影中は冗談ばかり言っている(?)岩井も、思わず芸人の顔から“素”に戻り、「きれい~」と見とれていた。



夫婦役で共演する3度目の2人。息ぴったりのお芝居はもちろん、休憩中も岩井のプライベートトークや、自らが演じるコミカルな役への鋭いツッコミに対して、伊藤の楽しそうな笑い声が響き渡るなど、現場は終始和気あいあいとしたムードに包まれていた。本番では「ラブラブな感じで」という監督の指示に応えて、ハッピーオーラ全開のテイクを連発。本物の夫婦と見まがうほどキュンキュンする、仲むつまじいツーショットに、誰もが目を細めていた。



ダンスのシーンは、事前に別室で振り付けの先生と練習してから臨んだものの、グラスを持って踊る本番は一気に難易度がアップし、そこへ監督から「踊りにもきちょうめんなニュアンスがほしい」というリクエストも加わり、思わず「キャパシティオーバー中です」と苦笑いを浮かべた岩井。それでもダンス経験者の伊藤のサポートを受けて、何とか教わった通り体が動くようになると、今度は監督から「次は岩井さんがロボットダンス、伊藤さんはフリーで」という指示が入った。

その場面は本編で惜しくもカットになったが、岩井のきてれつな動きがあまりにも面白過ぎて、すっかり笑いが止まらなくなってしまった伊藤。本番中に振りが全部飛んで、相手の足を踏んでいることにも気付かないほど、岩井渾身(こんしん)のロボットダンスに心を奪われて(?)いる様子だった。

今回の舞台となるリビングでの撮影に当たり、ソファーに並んで腰掛けた2人。よく見ると、背後の写真立てを中心に、岩井サイドと伊藤サイドで、それぞれが演じるキャラクターの性格を反映したレイアウトになっている。テーブルの上から床、調度品、全体の色み、雑貨類、写真、置き物などの配置、ソファーのクッションまで、単独で登場するカットごとに、固定と手持ちで撮影手法を変えたり、BGMのニュアンスを微妙に変えるなど、画面に映らない細部にまでこだわることで、二人のキャラクターの違いを浮き彫りにしている点も見どころの一つだ。



撮影の後にはインタビューも行われた。

――撮影の感想をお聞かせください。
岩井:以前、ドラマで夫婦役をやったことがあるんですよ。その時の感じとはちょっと違いますけど、多少息は合っていたんじゃないかなと思いつつ、やっぱりこっちに合わせてもらっているというか。ギャラクシー賞女優に手を取ってもらった感を、僕はひしひしと感じていましたね。
伊藤:そんなことないですよ(笑)。とにかくたくさん笑いましたし、めっちゃ楽しかったです。岩井さんとまた夫婦役ができて良かったです。

――ラストシーンで踊ったダンスはいかがでしたか?
岩井:僕はダンスが本当に苦手なので、練習の段階から、こりゃもうキャパシティオーバー
してるなと。振りも覚えられない最中に、「もうちょっとここをこうしてください」を三つぐらい言われるので、はい、もうできません、というタイミングが3回ぐらいありましたね。

――伊藤さんから見て、岩井さんのダンスはいかがでしたか?
伊藤:なんか、最初はやっぱりすごい気になって(笑)。
岩井:笑っちゃってんじゃん。
伊藤:すごいきてれつな動きをされていたんですけど、徐々に慣れてきたら、表情豊かに
なって、私にも来いよ、みたいな感じで踊っていたので、すごいなと思いました。最後に、フリーで動いてくださいという指示があって、ロボットダンスをされてたんですけど…。
岩井:こっちは監督に「ロボットダンスをしてください」と言われたんですよ。自主的にやったわけじゃありません(笑)。

――おおらかで自由な「テキトウ妻」役を演じた伊藤さんの印象をお聞かせください。
岩井:一番ふさわしい人材じゃないでしょうか。グラスに入れようとした氷がブッ飛んじゃって、「あー、あふれちゃった~」みたいな感じとか、めちゃめちゃハマっていましたし、普段からこんな感じなんだろうなというところは要所要所に見受けられましたね。でも、「キッチリ夫」の僕から見ると、引き出しが全部しまっていないとか、脱いだものがそのへんにあるとか、イラつきつつも、「もう、ちゃんとやってよ」と言いながら片付けてあげるのが、実は楽しいのかもしれないなと思いました。

――きちょうめんな「キッチリ夫」を演じた岩井さんの印象は?
伊藤:ぴったりだなと思いました。ネチネチ言ってくるところとか(笑)。
岩井:ネチネチ? 違うのよ。キッチリ言ってるだけだから。
伊藤:おおらかな私の役からすると、いちいち突っ込んでくる感じとか、ちょっとうざくていいなと思いました。
岩井:全然褒めてないし。いいなって最後に付けりゃあいいってもんじゃないから。
伊藤:でも、いい感じでパズルがハマっている二人というか。一見、凸凹(でこぼこ)だけど、ちゃんとお互いを補い合っていて、すごくバランスの取れたいい夫婦だなと思いましたけどね。
岩井:ホント、いい夫婦だよね。

――結婚式写真の撮影で着たウエディングドレスはいかがでしたか?
伊藤:お仕事で着させていただく機会が何回かあったんですけど、一番自分が好きなタイプ
で、すっごい形がきれいだったんですよ。テンションも爆上げで、めっちゃうれしかったです。
岩井:めちゃくちゃ似合っていましたよね。初めて片膝をついて、「お手をどうぞ」とやりたくなりました(笑)。あと、やっぱり仕上げてきてるなという印象はありましたよね。結婚という大事なイベントの写真撮影に向けて、役者魂って言うんですか? 体を絞ってきたなというか…。
伊藤:1ミリも意識してないんですけど(笑)。

――普段は「キッチリきちょうめん派」と「おおらかなテキトウ派」、どちらのタイプなのでしょうか?
伊藤:私はけっこう極端で、すっごい散らかってるけど、この引き出しの中だけはきれいとか、そういうタイプなんですよね。だから、まぁ、大きく言うとおおらかな方ですかね。
岩井:役柄と逆で、意外とテキトウ派ですね。「何対何で割る」と書かれていても、量ったりしないですし、けっこう気分でガバガバっと入れて、あんまり混ぜずに飲むのが楽しいというか。

――では、将来のパートナーは、どちらのタイプがよろしいでしょうか?
岩井:どちらかというと、キッチリ目の方がいいかもしれないですね。
伊藤:私は性格的にキッチリした人といないと、ほんとにヤバイことになると思います(笑)。
岩井:どんな生活してんの?
伊藤:たとえば片付けとか、前のこと忘れちゃったりとかしません? あ、あれやんなきゃと思って、これ見たら、これやんなきゃみたいになって、あれを忘れちゃうみたいな。
岩井:あるね。
伊藤:そういうとき、私の跡をたどってくれるようなキッチリした人だと、助かるなと思います。
岩井:冷凍の肉まんをチンしたの忘れてて、めちゃくちゃ小さくなってたことない?
伊藤:それはありません(笑)。

――「ボス カフェベース」のオススメの飲み方をお聞かせください。
岩井:僕は割とコーヒーは薄い方が好きなので、薄めに「カフェベース」をちょっと割って飲めば、おいしいですし、長持ちするという。「カフェベース」自体がおいしいから、割るのは何でもいいんですけど、豆乳とかでもいいんじゃないですか。豆乳の味もしますし、それを崩さない程度にコーヒーの味を入れて。飲みながら足して、ちょっと飲んだら濃い目にして飲んでみるとか。
伊藤:私はリアルに豆乳で飲んでいるので、先に出ちゃって、すごく気まずいです(笑)。
岩井:先に言っといてよ(笑)。で、豆乳はどんな感じなの?
伊藤:おいしいですよ。合います。豆乳ラテにして飲んでますけど、私もあんまり説明とかを見るタイプじゃなくて、このCMで1対4という割り方を知ったぐらいだから、作り方的にはテキトウかもしれません。
岩井:あったかい牛乳でもいいわけだしね。

――この春、新しく始めたいことをお聞かせください。
岩井:ちょっと前にヨガをやってて、やめちゃったという話をしたら、伊藤さんが「じゃあ、囲碁はどうですか?」って。あれは、どういうことなんでしょうか?
伊藤:なんでもいいから習い事がしたいのかなと。このご時世ですし、家から出るきっかけが欲しいとか、そういう感じかなと思ったので、囲碁はどうかと。
岩井:数ある習い事の中で、なんで囲碁なの?
伊藤:なんか囲碁っぽいっていうか(笑)。
岩井:誰が囲碁っぽいだよ。めちゃくちゃアウトドアだし、めちゃくちゃアクティブだわ。
伊藤:囲碁、楽しいですよ。
岩井:知らないでしょ。やったことないじゃん。
伊藤:私は無になることがすごく好きなので、座禅がやりたいです。
岩井:無理だよ~。だって、無になれない人じゃん(笑)。
伊藤:だからこそ、無になりたいんですよ。宿坊体験とか行ってみたいです。
岩井:絶対似つかわしくないよ。すごいうるさくするでしょ。
伊藤:うるさくはしません。
岩井:変なタイミングで笑ったりしちゃうじゃん。
伊藤:それはしちゃいます(笑)。
岩井:しちゃうじゃん。煩悩の塊じゃん。
伊藤:なので、煩悩を捨てる活動を始めたいと思います。
岩井:なるほどね。

――CMご覧になる視聴者の皆さんにメッセージをお願いします。
岩井:「ボス カフェベース」がめちゃくちゃおいしいことはさることながら、CMの中では、皆さんが思い描いている強めの伊藤沙莉の姿が見れますので、どうぞお楽しみに。イメージそのままなので、ぜひそこを見ていただきたいと思います。
伊藤:私自身、このCMで描かれるのは、すごく幸せな家庭の一コマだなと感じました。そういうところに、ふっとおいしいものがあったりすると、もっと幸せな気持ちになるし、ほっこりしたいいCMになったんじゃないかなと思っています。CMを見て、楽しそう、幸せそうと思ったら、おいしそうと思って飲んでください。
岩井:最後だけ、なんかふわふわっとしちゃったね(笑)。
伊藤:あははは(笑)。

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など
  2. イ・ボヨン×キム・ソヒョン主演「MINE」ってどんなドラマ?明日から日韓同時放送!【新作韓ドラ】
  3. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  4. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  5. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,543タイトル、  85,929作品!