「KINGDOM : LEGENDARY WAR」ABEMAで日本語字幕付きで国内独占無料配信中!世界トレンド1位~3位まで奪取!

[04月12日19時31分]  【芸能】

「KINGDOM : LEGENDARY WAR」ABEMAで日本語字幕付きで国内独占無料配信中!世界トレンド1位~3位まで奪取!

(C)AbemaTV,Inc.

BIGBANGやBLACKPINKなど世界で活躍するアーティストが所属するYG ENTERTAINMENT。TWICE、NiziUらが所属するいま最も注目を集めるJYP ENTERTAINMENTなど韓国大手芸能プロダクションに所属する人気と実力を兼ね備えたボーイズグループ6組が、K-POP界の王座を懸けて本気のパフォーマンス対決を繰り広げる新番組『KINGDOM : LEGENDARY WAR』♯2が、「ABEMA」にて独占配信された。



『KINGDOM : LEGENDARY WAR』は、あらゆるコンセプトや強みをもつ人気ボーイズグループが、アーティスト人生を賭けて参加する、これまでに類を見ないサバイバル番組だ。参加グループは、BTOB、iKON、SF9、THE BOYZ、Stray Kids、ATEEZの6組で、王座をかけて史上最高のパフォーマンス対決を繰り広げる。

6組の対決は、1次、2次、3次、そして生放送で行われるファイナルの4回戦実施され、各対決で獲得した累積点数が1位だったグループが王座に輝く。また、点数については、出演者独自の評価が25%、専門家評価が25%、ファンが投票で参加できるグローバル評価が40%、そして10%がYouTubeで公開されるパフォーマンス映像の再生回数で決定する。

kpop

#2では、初回放送で行われた対面式での100秒パフォーマンスの1位、2位、6位の順位が明らかになった。100秒パフォーマンスで集まった全体のグローバルファン投票数は、332万を超え、3位は54万621票でBTOB、4位は53万3458票でSF9、5位は50万4215票でATEEZということまで発表されていた。本放送回では残りの順位すべてが発表され、1位は69万971票でStray Kids、2位は57万3026票でTHE BOYZ、そして最下位の6位が489,971票でiKONとなった。Stray Kidsは当然、喜びを爆発させメンバー同士で抱き合った後、「これからも本当に多くの方を満足させて、僕たちのカラーを刻むことができる素敵なチームにならないと」とコメント。一方、6位となったiKONは、予想順位で1位とされていただけに、かけ離れた順位に愕然とした表情を見せる。何とか自身らを奮い立たせるため、メンバーは「一歩ずつ上げればいいんだよ」、「順位が出ることによってプレッシャーが減った。次の対戦はもう少し楽しみながらやろう」と気合を入れなおした。

KPOP

番組の後半では、改めて始まる1次バトルのテーマが発表された。今回のテーマは「TO THE WORLD」。世界に披露したい歌、世の中に見せたいメッセージを、それぞれの自分たちの曲から選び4分以内で仕上げるという内容だ。ちなみに、トータルの点数は2万点となり、内訳については、出演者独自の評価が25%、専門家評価が25%、ファンが参加できるグローバル評価が40%、10%が映像の再生回数で決まる。

ステージを披露する順番は、対面式の100秒パフォーマンスで1位を獲得したStray Kidsに与えられ、その結果、前哨戦『Road to Kingdom』で勝ち上がった、サバイバルステージの覇者であるTHE BOYZに決定。指名されたTHE BOYZは、「最初ですからね、ちょっと戸惑いますけど、気を引き締めてオープニングを格好よく飾りたいと思います」と気合い十分。メンバーたちは、パフォーマンス曲の会議をメンバーで行い、その結果『No Air (A Song of Ice and Fire)』に決定。「次は感情や表現力をうまく見せれば、別の感動があると思う」、「(歌詞は)切ない愛の話。練習室で鏡を見てやるより、水のパフォーマンス。体を重くできるような環境がいいと思う」など、様々なアイデアも話し合われた。

本番が始まり、オープニングのパートでは、苦労して撮影された水中映像が映し出される。まるで水族館に迷い込んだような魅惑の演出に、他のグループは度肝を抜かれ、「水?本物?」とざわつきを見せた。その後もスタジオでは派手なパフォーマンスにくわえ、雪や火といった演出が次々と展開。見ていた他のグループも、「ゲームをやってるみたい」、「すごくかっこいい」、「コンセプトの巨匠だよね」、「アイデアがすごいよ」と絶賛した。

2番目のグループは、100秒パフォーマンスでまさかの6位となり一気に崖っぷちへと追い込まれてしまったiKON。これまでにもたくさんのアルバムをリリースし、楽曲数も多いiKON。それぞれが歌の候補を挙げるものの、なかなか「これぞ」という1曲が見えず悪戦苦闘。そして、「第三者のアドバイスを聞いてもいいと思う」と言うアイデアから、後輩グループのSF9や仲良しのWINNER、スンユンに電話をして選曲を募った。議論の結果、『LOVE SCENARIO』と『KILLING ME』の2曲をメドレー方式でパフォーマンスすることに決定した。



いざ本番を迎え、照明を落としたムーディなオープニングからパフォーマンスがスタート。BOBBYが『LOVE SCENARIO』の出だしを歌うと、後輩グループからは、「すごいかっこいい、どうしよう」と早くも歓喜の声が。その後、『KILLING ME』へと切り替わると、「あああああ!」と立ち上がって興奮し、「この歌大好き!」、「『KILLING ME』がここで出てくるの?」と終始、iKONによる本気のパフォーマンスに魅了されていた。終了後、メンバー同士も拍手をし合い、「うまくできたと思うよ!」「悪くなかったよ!」と、うれしそうな顔を見せた。

その後、3番目のグループとしてBTOBもパフォーマンスを披露。バラード曲で歌唱力という強みを浮き彫りにするのか、それともパフォーマンスで見せていくのか、4人で和気あいあいと意見交換をした結果、「最後のチャンスなら“こんな歌を歌ったチームです”となったほうが」、「チャンスがあるときにやったほうがいいね」と、持ち味を生かす作戦に決まり、『Missing You (Theatre Ver.)』で挑むことになった。

本番を迎え、オープニングが流れると、他のグループからは「伝統音楽のバージョンだ!」と驚きの顔を見せ、メンバーたちの圧倒的歌唱力にも「すばらしい」、「本当にキレイ」と改めて魅了されていた。中盤、メンバーのミンヒョクが剣を使ったアクションを披露すると、「ドラマみたいだ」「アレンジがすごい」と画面を食い入るように見つめた。終了後、メンバー4人は、「お疲れ様」と握手をしあい、「ミンヒョクが本当にベストを尽くしてくれた」とねぎらった。ミンヒョクは、「やけどをして血も流しました。『KINGDOM : LEGENDARY WAR』に出たときに、みんなをここまで説得してきたので、自分が言った以上の成果を出さないといけないなと思いました」と笑顔を見せていた。

ついに開始した1次コンテストに対し、視聴者からは、「iKONの6位は衝撃すぎる…」、「iKON一生推すから頑張って」「iKONのパフォーマンスがレベチ」といったiKONへの応援コメントや、「BTOB先輩さすが」、「BTOB見てたら涙が」といったBTOBに関するコメントも殺到。さらには、放送後「BTOB」や、「iKON」といった番組関連のワードが世界トレンドの1位から3位までを独占するなど、日本だけでなく、全世界から熱い注目を集めました。

次回4月15日(木)の放送回では、SF9、Stray Kids、ATEEZの3組によるパフォーマンスが披露される予定だ。

■『KINGDOM : LEGENDARY WAR』 概要
#2ビデオURL:https://abema.tv/video/episode/458-13_s1_p20

次回配信日時:2021年4月15日(木) 夜7時50分~夜10時
配信日時:毎週木曜  夜7時50分~夜10時
<字幕配信>
配信チャンネル:ABEMA SPECIAL
配信ページ

<通訳配信>
配信チャンネル:K WORLD
配信ページ

韓流コーナー ⇒ kandoratop

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ
  2. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  3. 【「華政(ファジョン)」を2倍楽しむ】各話のあらすじと見どころ、時代背景紹介
  4. 【「ヘチ 王座への道」を2倍楽しむ】歴史背景、各話あらすじ、見どころ、評判など
  5. 巣から落ちた郭公!消えたスベクヒャン王女…「帝王の娘 スベクヒャン」第64-68話あらすじと見どころ、予告動画

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,540タイトル、  85,927作品!