「コントが始まる」仲野太賀、ついに芳根京子宅に結婚の挨拶へ!第9話あらすじと8話ネタバレ

[06月06日12時30分]  【ドラマ】

「コントが始まる」仲野太賀、ついに芳根京子宅に結婚の挨拶へ!第9話あらすじと8話ネタバレ

@日本テレビ

有村架純&古川琴音の姉妹愛に涙、中村倫也 “4人目のマクベス”に復活!?第9話「結婚の挨拶」で春斗(菅田将暉)と勇馬(浅香航大)の仲を潤平(仲野太賀)がとりもつ!?日本テレビ 2021年6月12日(土)よる10時から放送の「コントが始まる」第9話のあらすじとみどころ、第8話ネタバレあらすじを紹介、予告動画と関連動画は番組公式サイトで公開中だ。すべてアドリブ「マクベスの23時~皆様の質問に本当に答えます~」がHuluで独占配信中!



「コントが始まる」は20代後半で“大敗”の渦中にいる男女5人の若者の生き様を描いた青春群像劇!5月29日に放送された第8話も「#コントが始まる」はTwitterトレンドで1位に、関連ワードも続々トレンド入りの盛り上がりをみせた。

第8話「ファミレス」に、『マクベス』のマネージャー・楠木(中村倫也)が再出演。居酒屋「ボギーパッド」で『マクベス』と出会い、“4人目のマクベス”として情熱を傾けた日々を思い出す。前回、“4人目のマクベス”=瞬太の愛車との別れに涙した後に、まさかの“元祖4人目”の登場で微妙な空気に…。

楠木と『マクベス』の情熱は、なかなか実を結ばず、次第に疎遠となってしまったが、楠木がずっと『マクベス』のために尽力していたことを視聴者は知ることができた。『マクベス』との関係を諦めかけていた楠木の元に、“人を手助けする才能”を生まれ持つ、つぐみが現れるところがとても良かった。マネージャー魂のつぐみとの出会いで、楠木は今一度『マクベス』との関係を見つめなおすきっかけをもらうのだ。

久しぶりにネタ合わせに顔を出した楠木が“マクベスの解散ライブ”用に考えてきたネタ順は、これまで放送されたコントと同じ順序。《1.「水のトラブル」2.「屋上」3.「奇跡の水」4.「捨て猫」5.「カラオケボックス」6.「金の斧銀の斧」7.「無人島」8.「ファミレス」9.「結婚の挨拶」10.新ネタ》。これで、次回が「結婚の挨拶」そして、最終話が新ネタの「引っ越し」になることが明らかになった。

6月5日に放送される「結婚の挨拶」では、前振りコントと同じく、潤平が奈津美の家に結婚の挨拶に行く話が中心となりそうだ。そして、春斗と勇馬(浅香航大)の仲を裂いてしまったことにわだかまりを抱えていた潤平が、春斗のためにあることを考える。さらに、春斗と瞬太は担任・真壁(鈴木浩介)の家にバーベキューに招待され、10歳に成長した太一から「夢」について、問いかけをされる…。

いよいよマクベスの解散ライブまで残りわずか。夢に敗れた若者たちの最後の瞬間は思いもしない色彩を帯びる。ここに、初めて垣間見える彼らの本音がある。長い長い1日の中で語られる彼らのその声を聞いた時、我々は体験のしたことのない「何か」を見ることになる!


※Huluで放送後より見逃し配信!Tverで最新回を無料配信中!

■前回:第8話「ファミレス」ネタバレあらすじ
前振りコント「ファミレス」。明転したステージに現れたのは、ファミレスでフルーツパフェを注文した客役の春斗(菅田将暉)。なぜかパフェからは苦手なバナナが勝手に抜かれていて…。ウェイトレス役の瞬太(神木隆之介)と胡散臭い店員役の潤平(仲野太賀)が加わり、マクベスによるとりとめのないコントの『前フリ』が始まり…。

その日、久々に瞬太が働く焼き鳥屋「ボギーパッド」を訪れたマクベスのマネージャー・楠木(中村倫也)は、5年前初めて『マクベス』に会ってから、懸命に3人の売り込みをしてきた日々を振り返っていた。楠木は、マクベスの3人と出会う前から「ボギーパット」の常連客でほぼ毎日通っていたのだが、マクベスの解散を目前に久々に顔を出す。コントの構成やネタの選定に至るまで、『マクベス』と共に必死に過ごしたその時間は、青春時代に戻ったような熱い時間だった。しかしそんな日々も、時を重ねるうちに色褪せ、3人との距離は、徐々に広がっていた。

一方、つむぎ(古川琴音)が瞬太と付き合っていることをマクベスの3人から聞いた里穂子(有村架純)は、つむぎの引っ越しを間近に控え、些細な言い合いから冷戦状態に突入してしまう。

そして、酒屋を継ぐため実家に帰る日が多くなった潤平。当初、弓子(木村文乃)の旦那、光洋さんが、美濃輪酒店を継ぐ予定だったが、弓子の計らいもあって、長男である潤平が継ぐことに。腰を痛めていた父・龍造(金田明夫)は、実の息子が継いでくれることは嬉しいものの、何かとつけて潤平の仕事に文句をつける。自分の将来をしっかり見定めた潤平は、酒屋の仕事を精力的にこなし、父に頭を下げる。弓子は『マクベス』での時間が潤平を成長させてくれたと喜ぶ。

そんな中、瞬太の彼女がお酒を出してくれると、スナック「アイビス」に楠木がやってくる。楠木がマクベスのマネージャーだと知って名刺をくれるようにと頼むつむぎ。それは姉の里穂子に仕事について相談したときに、「“マネージャー”の仕事に付けばいい。世の中には、沢山の“マネージャー”と呼ばれる仕事があるし、“マネージャー”と呼ばれるとうれしいでしょう?私の場合は華道部の部長をしていた時だから、“部長”と呼ばれると、モチベーションが上がるし」という話がきっかけとなった行動だった。

後日つむぎは楠木の事務所を訪ね、マネージャーの採用面接を受けるの。マネージャーを志望した理由を聞かれ、姉にマネージャーが向いていると言われたからと答える。楠木は「人に与えられたきっかけをいかに大切にするかで人生は変わる」と、自分がマネージャーになったのも同じ理由だったことを語る。マネージャーの仕事の大変さを伝えられたつむぎは「夢に向かってがんばっている方であれば、耐えられる自信があります。どんなに嫌がられても、その人のためになると思えばなんでもやります。一緒に戦えるし、全然へこたれない」と答え、楠木は「いいマネージャーだったんだな…」と感慨深そうにつぶやく。

そして、未だ『マクベス』後の道を何も見つけられない春斗は解散ライブに向け、新たなネタを考えていた。ファミレスで一人、思考を巡らしていると、その後ろで交わされていた雀荘の移転話が気になり、ノートに一行「引っ越し」とコントの題名を書き込む。

新ネタに取り組む春斗の元に、母から電話が入る。引き篭もりを脱した兄・俊春(毎熊克哉)は、印刷会社で働くことになり、寮に入るため昨日家を出たという連絡だった。周囲の人間が新たな一歩を踏み出してく中、まだ何もはじめられていない春斗。マンションのベランダ越しに、里穂子に面接する会社を選定した決め手は何かと訊ねる。里穂子はその会社が気になったのはパンフレットのみごとな“生け花”だと答える。“生け花”を大事にする人が居る会社なら、やっていけるのでは…と思ったからだと。「そんな“些細なこと”で大事な就職先を決めていいのか」と問う春斗に、「決めずにまごついてるよりいい。些細なことで選んでいいんじゃないか。間違えてない気がする」と答える。

つぐみの引っ越しの日。冷戦状態のまま、あっさりと別れる姉妹に瞬太は少し戸惑う。

そして物語は終盤。残り1回となったファミレスでのネタ打合せの場所に、楠木が顔を出し、考えてきた“解散ライブのネタ順”を3人に配る。「これをたたき台にしてくれ」という楠木に、「これでいいと思います」と春斗が即答する。楠木が『マクベス』を見ていてくれたことに感激する3人。楠木を瞬太の愛車に奪われていた“4人目のマクベス”の座に復活させるのだった。「ちゃんと三人で話し合え」と言って楠木は立ち去る。

楠木から“マクベス初ライブのちらし”をプレゼントされて喜んだ里穂子は、つぐみが芸能事務所のマネージャーになることを聞かされ、就職を知らせないつぐみを怒り出す。ところが、仕事を終えて家に帰ると、キッチンカウンターの上につぐみ手作りの惣菜がぎっしりと置かれており、お礼の手紙が添えられていた。泣きながら煮物を食べる里穂子…。

再び、コント「ファミレス」のオチ直前。ファミレスの客・春斗(菅田将暉)は妻と和解し、彼女が作ったの料理を食べさせるため、ウェイトレス・瞬太(神木隆之介)と胡散臭い店員・潤平(仲野太賀)が、立ちまわっていたことに気がつく。「お客様のお食事を全力でフォローし、未来の幸せまでお手伝いする」とウェイトレスが語り、「ファミリーレスキュー」=「ファミレス。それは家族を幸せにする食事」とオチが決まる。

■第9話「結婚の挨拶」あらすじ
コント『結婚の挨拶』。明転したステージに現れたのは、プロレス実況役の春斗(菅田将暉)。そこに、チャラい若者役の瞬太(神木隆之介)と、頑固オヤジ役の潤平(仲野太賀)が登場。春斗が実況する中、雲行き怪しい結婚の挨拶は「娘さんと結婚したいんすけど」という瞬太の一言で火蓋が切られるが…。マクベスによるとりとめのないコントの『前フリ』が始まり…。

無事に里穂子(有村架純)の就職先が決まり、奈津美(芳根京子)とマクベスの3人で就職祝いをする。その会話の中で、奈津美の実家への挨拶のことを尋ねられる潤平。潤平にはずっと心のシコリになっていることがあった。それは、奈津美の元彼氏であり、現在新進気鋭の実業家として活躍している小林勇馬(浅香航大)の存在であった。そして、その関係のこじれは、ある「春斗に対してずっと抱いていた想い」に関係することがあり…。

一方、春斗は、兄・俊春(毎熊克哉)と再会し、手を差し伸べてくれた大切な人を満足させるために頑張ってみようという決意を語る俊春の言葉に耳を傾ける。そんな中、潤平はついに奈津美の実家に挨拶へ。一見柔和な笑顔で現れる奈津美の父(でんでん)だが…。

そして、春斗と瞬太は高校の担任・真壁(鈴木浩介)の家にバーベキューに招待される。二人は真壁の息子・太一からある問いかけをされる…。

日本テレビ 2021年4月スタート。毎週土曜日よる10時放送、「コントが始まる」。出演:菅田将暉、有村架純、神木隆之介、仲野太賀、吉川琴音、中村倫也 、木村文乃、鈴木浩介、松田ゆう姫、明日海りお、小野莉奈、米倉れいあ ほか。番組公式Twitterアカウントは「@conpaji_ntv」。関連動画は番組公式サイトで公開されている。

日本テレビ「コントが始まる」番組公式サイト
Huluで月額 1,026円(税込)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

【2021年春ドラマ一覧】【関連記事・各話のあらすじ】

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. テレビ東京「馬医」最終回考:ドラマのその後とイ・ビョンフン監督が伝えたかったこと
  2. 【東京五輪】男子サッカー準決勝スペイン戦!ライブ配信
  3. 真犯人は安藤政信?「ボイスII 110緊急指令室」第5話彰吾の過去が明らかに!第4話ネタバレあらすじ
  4. 【「トンイ-同伊-」を2倍楽しむ】あらすじと予告動画
  5. 【「花郎<ファラン>)」を2倍楽しむ】全話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力、豆知識など

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,573タイトル、  85,958作品!