宮本浩次、55歳誕生日にバースデイライブ「宮本浩次縦横無尽」敢行!セトリ&レポート

[06月16日08時00分]  【音楽】

宮本浩次、55歳誕生日にバースデイライブ「宮本浩次縦横無尽」敢行!セトリ&レポート

ソロ活動中の宮本浩次が55歳の誕生日である6月12日に、東京ガーデンシアターでバースデーコンサート「宮本浩次縦横無尽」を敢行!オフィシャルチャンネルには、当日披露した「sha・la・la・la」ミュージックビデオなど公開している。



2020年3月のソロ1stアルバム「宮本、独歩。」発売後に予定されていた初ソロツアーが、感染防止で全公演中止となったため、バンドセットでのソロワンマンライブは2年以上に及ぶソロ活動で初の開催となった。アンコールを含め全25曲。時に床に頭をつけ渾身の力を振り絞り、ステージの端から端まで疾走し観客と心を通わせながら、全身全霊で歌った2時間15分だった。

miiyamoto第1部は“宮本浩次ショー”の趣。生命の誕生を思わせる映像から暗転し、真っ暗闇の中を下手側からランタンを手に登場。待ちに待ったこの瞬間に、観客から大きな拍手が沸き起こる。始まったのは「夜明けのうた」。暗闇を自ら照らすように小さな灯りを提げて歌う。やがて背景映像が朝焼けの赤みを帯び、徐々に明るくなるにつれステージの全貌も明らかになっていく。古代建築のような4本の柱と堂々たる4人のミュージシャン。宮本はシックな黒のダブルジャケットに黒スキニー。映像が効果的に使われた、時勢を映すような美しいオープニングだ。新しい明日を約束する優しく真摯な歌声に、早くも涙する観客も。続いて久保田早紀「異邦人」をカバー。昨年11月にリリースしチャート1位に輝いた大ヒットカバーアルバム「ROMANCE」からの選曲だ。小林武史によるドラマチックなアレンジで、ギターは名越由貴夫、ドラムは玉田豊夢、ベースはキタダ マキ、キーボードは小林。強者4人の緻密で重厚なサウンドが空間を圧倒する。宮本のカバーは、原曲に深い敬意と愛を注ぎながら、他人事ではなく当事者として歌うことで説得力を持つ。早くも床に這いつくばって全力を振り絞る。アウトロの激しいシャウトは宮本の真骨頂。会場は息をのみ、一気に心をつかまれる冒頭2曲だった。

miyamoto

ソロオリジナル曲から、「ROMANCE」のカバー曲、椎名林檎、東京スカパラダイスオーケストラとのコラボレーション曲、「今宵の月のように」などエレファントカシマシの曲まで、MCする暇はないとばかりに次々とたたみかけていく。中島みゆき「化粧」のカバーでは恋を失った主人公が憑依し、胸を締め付けられるような切ない歌声を聞かせる。横山健との共同プロデュース曲「Do you remember?」で力尽きるほどパンクな絶叫をしたかと思えば、続く「冬の花」で一転、人生の最終章の機微をしなやかに情感たっぷりに歌う。「解き放て、我らが新時代」でせり上がるリフターに乗ったり、「獣ゆく細道」で白いスーツに着替えたりと、第1部はソロならではの見せ場で楽しませ、第2部はロックバンドの音を存分に鳴らす。楽曲や演出のこのめくるめく多彩さに、掛け声と合唱を禁じられた観客は精一杯の拍手、振り上げる腕、リズムに合わせ揺らす体で応える。宮本は何度も「届いてるぜ!」「気合が伝わってくるぜ!」「いい顔してるぜ!」と叫ぶ。歓声はなくとも、双方が心の交感を確信できただろう。

miyamoto全編を通して、バンドの音の厚みは圧巻だった。手練れ4人のスーパープレイにハンドマイク1つで食らいつく。序盤の「きみに会いたい -Dance with you-」から激しいピアノとの対決、バンドとの真剣勝負の様相を呈していた。長年、日本ロック界の至宝と称されるトップボーカリストと、音楽家として信頼し合ったトップミュージシャンたちが、プロの誇りをかけて奏でる音の集合。これこそ宮本が50歳を過ぎ、歌手として挑戦したかったことなのだろう。ミュージシャン一人一人のソロパートが見せ場となる「あなたのやさしさをオレは何に例えよう」をセットリストの最終局面に組み込んだのは、彼らへの敬意の表明だったように思えた。

MCで世の中の現状に一切触れないのも宮本らしかった。怒りと前進の歌「ガストロンジャー」や、「悲しみの果て」や、「P.S. I love you」で「立ち上がれ」の歌詞を歌わず叫ぶことにすべてが込められていると受け取った。歌で伝えるのだ。いよいよ終盤、「みんなの前で歌えて俺たち幸せです。届いたと思う」「素敵な日がやってきますように!」と叫び「ハレルヤ」へ。直筆の歌詞が映し出され、観客を、そして自分を励ますように最後の「幸あれ」を繰り返す。大きく手を振り、本編ラストは「sha・la・la・la」。6/16(水)にシングルリリースされる最新曲だが、まるで長年歌い込んだかのような浸透力で、自身の現在地を皆に語りかけていく。いかした大人になりたいと願った昔の自分。でも白髪まじりになった今も、気づけば心の中で“いかした大人になりたい”と叫び続けている。「お前は今どのあたりなのさ?」の歌詞に、「教えてくれ」と付け足した。

miyamoto

24曲を演奏し終了後、アンコールとして小林と再登場。2人で作ったばかりという新曲を、歌詞を記した紙を手に持ち披露した。本編で触れ忘れていた「バースデー」を思い出し、会場に向かって「誕生日おめでとう」と言い笑う。同じ6月生まれの小林とタッグを組んだ2002年のエレファントカシマシのアルバムから約20年後。「冬の花」で再会するまでに何度も小林の夢を見たと打ち明ける宮本。ピアノの演奏で静かに始まったバラードは、自分の覚悟を確かめるような言葉が散りばめられていた。最後までどんどん伸びていく誠実な歌声で会場を感嘆させ、退場時の言葉は「また会おう!」「音楽って素晴らしい!」だった。

miyamoto

1曲でも多く届けようと詰め込んだセットリスト、まさに縦横無尽の多彩さと全身全霊の歌唱、鉄壁のバンドサウンドとの勝負、そして何度もメンバー紹介する初々しさ。55歳の誕生日に立ったこのスタート地点から、ソロ宮本はどう羽ばたいていくのか。人生は前に進むしかない。本編ラストで小林と握手した際のあの満面の笑顔が、これから歩む道を照らすだろう。一所懸命に生きる人の存在は、泣けるほどに光り輝いて明るい。
 


【セットリスト】

第一部
M1夜明けのうた
M2 異邦人
M3 解き放て、我らが新時代
M4 going my way
M5 きみに会いたい -Dance with you-
M6 二人でお酒を
M7 化粧
M8 ジョニィへの伝言
M9 あなた
M10 shining
M11 獣ゆく細道
M12 ロマンス
M13 Do you remember?
M14 冬の花
M15 悲しみの果て
M16 P.S. I love you

第二部
M17 passion
M18 明日以外すべて燃やせ
M19 ガストロンジャー
M20 今宵の月のように
M21 あなたのやさしさをオレは何に例えよう
M22 昇る太陽
M23 ハレルヤ
M24 sha・la・la・la

宮本浩次HP
YouTube
Instagram
Twitter


[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「馬医」を2倍楽しむ】(全話あらすじ、見どころ、時代背景など)
  2. 【東京五輪】23日(金)東京オリンピック2020開会式をライブ配信!
  3. 最終章へ!「馬医」第46話あらすじと見どころ:チニョン、決意の告白!大妃の嫌った賤民とは?
  4. 韓国ドラマ「カンテク~運命の愛~」第21-最終回あらすじと見どころ:ウンボ、自らの正体を明かす!テレビ東京
  5. 【「帝王の娘スベクヒャン」を2倍楽しむ】時代背景、全話あらすじと見どころ

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,566タイトル、  85,952作品!