『ライトハウス』過酷労働シーン&ウィレム・デフォー、パティンソン監督インタビュー映像解禁!

[06月22日22時00分]  【映画】

『ライトハウス』過酷労働シーン&ウィレム・デフォー、パティンソン監督インタビュー映像解禁!

スリラー『ムーンライト』『ミッドサマー』など次々に斬新で良質な作品を⽣み出し続け、最も勢いのある制作・配給会社A24が製作、2020年のアカデミー賞撮影賞ノミネートほか世界中の映画賞を席巻した傑作『ライトハウス』7⽉9⽇(⾦)公開!ロバート・パティンソンが過酷労働に耐え抜くシーンと、監督 W・デフォー、R・パティンソンのインタビュー映像が解禁された。



謎めいた孤島にやって来た2⼈の灯台守たちが外界から遮断され、徐々に狂気と幻想に侵されていく――⼈間の極限状態を恐ろしくも美しい映像で描いた本作。北⽶ではA24の配給で公開され、わずか8スクリーンでスタートしたミニシアター系の映画としては異例の興⾏収⼊ 1,000万ドル以上の⼤ヒット!
⻑らく⽇本での公開も待たれていた本作の監督を務めるのは、⻑編デビュー作『ウィッチ』がサンダンス映画祭で圧倒的⾼評価を受け、⼀躍スター監督へと躍進したハリウッド屈指の才能、ロバート・エガース。そして、少しずつ狂気の世界に⾜を踏み⼊れていく2⼈の灯台守を演じるのは最新シリーズの『バットマン』の主演に決定し、2020年に公開し⼤ヒットしたクリストファー・ノーラン監督『TENET テネット』で⼈気が爆発したロバート・パティンソンと、⾔わずとしれた世界の名優ウィレム・デフォー。実⼒と⼈気を兼ね備えた2⼤スターがW主演を務めている。

『ライトハウス』ウィレム・デフォー&パティンソン、監督のインタビューも!
ロバート・パティンソンが耐え抜く!孤島での過酷労働シーン映像集も解禁と合わせて解禁映像は「なぜ前の奴は辞めた?」⾷事中にイーフレイムが何気なくトーマスに問うと「死んだんだ、気が狂って」と、嘘か本当かわからないような答えを返されるシーンから始まる。その後切り取られているのは、気が滅⼊るようなハードな雑⽤を黙々とこなしていくイーフレイムの姿。井⼾から重い飲⽔を汲み上げ、油の⼊ったタンクを引きずりながら階段を上がり、暴⾵⾬の中で台⾞を押し、古びた屋根を修理する⽇々に思わず海辺に佇む罪の無いかもめにさえ、イラついてしまう。

ベテランの灯台守のトーマスからまるで奴隷のように扱われ、⽇々のハードワークを押し付けられる悲惨な役を演じたロバート・パティンソンについて本作のロバート・エガース監督は「ロブ(ロバート・パティンソン)は誰よりも働いていた」「バスター・キートン並みに体を張って表現する」と、チャップリンと並びアメリカの3⼤喜劇役者として数えられ、史上最⾼のスタントマンとも⾔われる俳優名を挙げてその⾒事な働きっぷりに感嘆。
ウィレム・デフォーも「2⼈だけだと頼り合うしかない、⼀⼼同体だ」と語るがその⾔葉とは裏腹に、外壁を塗るために灯台の⾼台から吊ったイーフレイムを不注意で岩場の上に真っ逆さまに落下させてしまうと⾔うまるで喜劇としか⾔えないような展開が映し出されている。
その後、予定の⽇に迎えの船が来ないことが分かり、徐々に常軌を逸していく⼆⼈。ロバート・パティンソンが「撮影が待ち遠しい場⾯があった」「崖から⾶び降りる気分だ」「ほぼ全部の場⾯かな」と撮影を振り返るように過酷ながらも忘れられない現場であったことを明かしている。

1801年にイギリス・ウェールズで実際に起きた事件がベースになっている本作。より⼈間の感情を際⽴たせることのできるモノクロームの映像や、サイレント映画からトーキーへの移⾏期に隆盛した正⽅形に近い画⾯サイズにこだわったことでシネマティックな映像美も実現。そのこだわりと美しさによってアカデミー賞撮影賞にノミネートされるなど世界的評価も獲得、緊迫感を増⼤させるこだわり抜いた⾳響も評判を呼び、カンヌ国際映画祭監督週間でのプレミア上映では⼤喝采で迎え⼊れられた。やがて嵐が訪れ、⼆⼈きりの孤独な世界に取り残さたとき、おぞましくも美しい狂気の扉が開いていく――。
劇中、ほぼパティンソンとウィレム・デフォーの2⼈しか登場しないことでも話題の本作。絶海の孤島という極度の緊張感が強いられる空間の中、互いの魂をぶつけ合うような⻤気迫るやり取りを繰り広げる彼らの壮絶な演技合戦は数多くの映画祭で⼤絶賛! 狂気に取り憑かれた男達の恐怖や愛憎を描き出し、スリリングで謎めいていながらも⼈間の本質に迫るような、凄みを持った物語に観客は魅了されること必須!

■あらすじ
1890 年代、ニューイングランドの孤島に二人の灯台守がやって来る。彼らにはこれから四週間に渡って、灯台と島の管理を行う仕事が任されていた。だが、年かさのベテラン、トーマス・ウェイク(ウィレム・デフォー)と未経験の若者イーフレイム・ウィンズロー(ロバート・パティンソン)は、そりが合わずに初日から衝突を繰り返す。険悪な雰囲気の中、やってきた嵐のせいで二人は島に閉じ込められてしまう……。

過酷労働に耐え抜くシーン&R・パティンソンのインタビュー映像

監督:ロバート・エガース『ウィッチ』
脚本:ロバート・エガース/マックス・エガース
撮影:ジェアリン・ブラシュケ『ウィッチ』 製作:A24
出演:ウィレム・デフォー『永遠の門 ゴッホの見た未来』、ロバート・パティンソン『TENET テネット』
2019年/アメリカ/英語/1:1.19/モノクロ/109 分/5.1ch/日本語字幕:松浦美奈 原題:The Lighthouse
提供:トランスフォーマー、Filmarks 配給・宣伝:トランスフォーマー
公式HPtransformer.co.jp/m/thelighthouse/
Twitter:@TheLighthouseJP
(C)2019 A24 Films LLC. All Rights Reserved.

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. テレビ東京「馬医」最終回考:ドラマのその後とイ・ビョンフン監督が伝えたかったこと
  2. 【東京五輪】男子サッカー準決勝スペイン戦!ライブ配信
  3. 真犯人は安藤政信?「ボイスII 110緊急指令室」第5話彰吾の過去が明らかに!第4話ネタバレあらすじ
  4. 【「トンイ-同伊-」を2倍楽しむ】あらすじと予告動画
  5. 【「花郎<ファラン>)」を2倍楽しむ】全話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力、豆知識など

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,573タイトル、  85,958作品!