巨大怪獣が日本に降臨!おいでやすこがと、もう中学生が仰天!? 「巨大怪獣お披露“目”イベント」レポート

[08月03日12時37分]  【映画】

巨大怪獣が日本に降臨!おいでやすこがと、もう中学生が仰天!? 「巨大怪獣お披露“目”イベント」レポート

8月13日(金)に全国公開となる映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』の巨大怪獣お披露“目”イベントが8月2日(月)に開催され、おいでやすこがと、もう中学生が登壇した!映画公式サイトで予告動画が公開中だ。

本作は、ぶっ飛んでクレイジーな悪党14名で結成されたスーサイド・スクワッドが、世界の脅威「怪獣」計画をぶっ潰すために、壮絶なサバイバル・アクションを繰り広げるアクション超大作。



【巨大怪獣お披露“目”】は、新宿住友ビルの三角広場にて行われた。イベントには、日本の特撮文化を愛してやまないジェームズ・ガン監督が生み出した巨大な一つ目を持つ巨大怪獣を再現した巨大オブジェが初披露目され、昨年 M-1 ファイナリストで今大ブレイク中のおいでやすこがの小田とこがけん、再ブレイク中のもう中学生も登壇し、一夜限りの新コンビ“お笑い版「スーサイド・スクワッド」”として、【おいでやすこが中】を結成し、初のネタを披露するなど、大きな盛り上を見せた。

ohirome

本作のキャラクターピースメイカーに扮した小田と、もう中学生が舞台に現れると、マスコミからは一斉にフラッシュが焚かれた。愛すべきクソやばいヤツら 14 人による即席チーム スーサイド・スクワッドに因み、一夜限りという限定で結成された奇跡のユニット“お
笑い版「スーサイド・スクワッド」”。本作に登場する怪獣にちなんだ新ネタを披露すると、会場は大いに沸いた。ジェームズ・ガン監督の大ファンであるこがけんは「この作品はジェームズ・ガンの作品の中でこれまでにない最高に刺激的な内容でぶっ飛んだ映画です。」と絶賛し、「ジェームズ・ガンは我々の期待に応えてくれました!」と熱く語った。

巨大怪獣の序幕は、日本のポップカルチャーを愛してやまないジェームズ・ガン監督の掛け声でスタート。監督が『3・2・1、ゴクアク!』とカウントすると、ついに世界を恐怖に陥れる巨大怪獣の全貌が明らかになった。天高くそびえ立つその全長は、なんと15メー
トル巨大怪獣を見上げながら、小田は「迫力ヤバイ!」と大きい声で一言、巨大怪獣の迫力に圧倒された 3 人は思わずステージにひれ伏した。そして 3 人は、スクリーンから飛び出してきたかのような巨大怪獣を間近にみた興奮で、本作の見どころについて、熱いトークを繰り広げた。本作に登場する個性溢れるクセの強いキャラクターたちについて、もう中学生と小田はハーレイを激推し。「ハーレイが果敢に敵に挑む姿に興奮すると共に、何故か感動の涙が出ました」(もう中学生)、「どんどん強く、カッコよくなっていく姿に、心をわしづかみにされました」(小田)と語り、こがけんは、「僕は、ポルカドットマンが一番好きですね。まずは見た目に共感しましたね。彼は、名前通り“水玉マン”でダサいですが、能力はすごくヤバイです。そして、彼の生い立ちもすごく面白いです。」とポルカドットマンの推しポイントを明かした。スーサイド・スクワッドたちと、巨大怪獣との壮絶な戦いを描く本作にちなみ、登壇した 3 名に“巨大怪獣とどう戦うか?”というお題を出題。3 名はそれぞれ「鬼太郎を呼んで説得して帰ってもらう」(こがけん)、「大きな竜に丸呑みさせて、その竜を倒す」(小田)、そしてもう中学生は「早朝樹液!」という謎の解答をし、場内を大いに沸かせた。

魅力あふれるキャラクターも然ることながら、本作はジェームズ・ガン監督ならではのギャグ満載のユーモアも見どころの一つ。お笑いの世界で活躍しているもう中学生は「僕は、お笑いを 20 年やって、この映画でまた新しい笑いを発見することができました!」と絶賛。監督のセンスに脱帽した。本作の監督ジェームズ・ガンは、『ウルトラマン』や『仮面ライダー』など、日本の特撮文化を愛してやまない監督。こがけんは「特にこの巨大怪獣は、監督の特撮愛が前面に出していると感じられますよ。二つに繋げたら完全にペスターですよね」と本作で監督ならでは日本の特撮愛を感じさせる演出について熱く語った。さらに小田は、「冒頭5 分~10 分くらいで“えー!!???”と大声を上げてしまいました。普通の映画館だったらつまみ出されているくらいです。その後何度も叫んでしまうシーンが続きます。そしてはぐれ者同士がいがみ合いながら、次第にチームになっていくストーリーが全く違和感なく、ドキドキ、ワクワク、夢中に見れる作品だと思います。」と試写中に思わず大声を上げてしまったことを告白した。

ohirome

最後はこがけんが「とにかく面白くて、僕も膝を叩いて観ていました。悪党たちがデス・ミッションに挑むの姿がかっこよくて、ジェームズ・ガン監督がそれぞれのキャラクターが輝けるように描いたので、是非、劇場で見てください。」と語り、この夏、日本中のテンション爆上げするサバイバル・アクション超大作の公開を待ち望むファンに向けて熱いメッセージを贈り、会場を後にした。

政府に緊急招集されたのは、サメ人間・悪カワ・武器オタク・水玉の陰キャ・筋肉野郎…全員終身刑の愛すべきクソやばい悪党たち 14 人。たった 10 年の減刑と引き換えに、人類の脅威「怪獣」プロジェクトに立ち向かう、成功率 0%のデス・ミッションがいま幕を開
ける! この夏 #新スースクが日本中のテンションをぶち上げる!
★8月13日(金)全国公開!吹替版/IMAX®/4D/Dolby CinemaTM 同時上映

■作品概要
監督/脚本: ジェームズ・ガン『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズ 製作総指揮: ザック・スナイダー、デボラ・スナイダー、ウォルター・ハマダほか
キャスト:マーゴット・ロビー『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』、イドリス・エルバ『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』、ジョン・シナ『バンブルビー』、ジョエル・キナマン『スーサイド・スクワッド』、ピータ
ー・キャパルディ『ワールド・ウォー Z』、シルベスター・スタローン「エクスペンダブルズ」シリーズ、ヴィオラ・デイヴィス『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』
配給:ワーナー・ブラザース映画 上映時間:132 分 レイティング:R15+ 製作年:2021 年 © 2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC Comics

映画公式サイト
#新スースク #新スースク飛ぶぞ
DC 公式 Twitter
DC 公式 Instagram

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. 【「花郎<ファラン>)」を2倍楽しむ】全話あらすじ、見どころ、時代背景、キャストの魅力、豆知識など
  2. 「花郎(ファラン)」最終回(第20話)ネタバレあらすじと見どころ:花郎たちが選んだ新しい神国の王は?|全20話版
  3. Netflix新作韓国ドラマ「マイネーム: 偽りと復讐」ってどんなドラマ?あらすじ・キャスト紹介、新アクション映像も
  4. BS11ヨーロッパミステリー「RIG45 絶海に潜む闇 シーズン1」第1-6話(最終回)あらすじ
  5. 【最終回前話】NHK「花郎(ファラン)希望の勇者たち」第19話ネタバレなしあらすじ:2人の王の夢とは?

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,579タイトル、  85,964作品!