ちゃんみな初単独公演『THE PRINCESS PROJECT - FINAL - 』レポート&ライブ写真&セトリ

[10月17日12時00分]  【映画】

ちゃんみな初単独公演『THE PRINCESS PROJECT - FINAL - 』レポート&ライブ写真&セトリ

カメラマンクレジット:井手康郎
ライブレポートクレジット:山田宗太朗

10月15日(金)、ちゃんみなの日本武道館初単独公演「THE PRINCESS PROJECT - FINAL - 」が開催された。以下、その様子をレポート!ライブでも披露した「ハレンチ」などのミュージックビデオはYoutubeにて公開している。



ちゃんみなステージには中世ヨーロッパの城を思わせる巨大なセットが組まれている。中央に赤いピンクの大階段、その脇にバンドがセットされ(左からDr. Ba. Gt. Key.)、LEDスクリーンが2枚。さらにはステージの横にも275インチの大スクリーンが設置されている。城の塔の先端は天井の日本国旗に届きそうなほどの高さだ。とにかくセットに迫力がある。1964年以来続く日本武道館の歴史の中で、これほど巨大なセットが組まれたことがこれまであっただろうか?

チャンみな客電が落ちると、ステージの城がピンクに浮かび上がり、フロアもピンクのペンライトに染まる。「Princess」のイントロが流れ、エレキギターの音色が静寂を切り裂く。大階段の頂上にはゆっくりと玉座が登場。座っているのはもちろんちゃんみなだ。威風堂々たる登場に、フロアのペンライトが一斉に揺れ、大胆にバンドアレンジされた「Princess」でライブがスタートした。

明滅する光と大量のスモークに包まれ、ダンサーたちがステージに登場し、ちゃんみなの背中のマントを広げる。それは数メートル先の大階段下にまで届くほどの長さで絨毯のように階段を覆い、巨大な文字で「THE PRINCESS PROJECT – FINAL - 」と記されている。こうして本公演の開幕がド派手に宣言された。

ちゃみなちゃんみなの髪はピンクに染められている。重低音鳴り響く「FXXKER」「未成年」「You can’t win me」と初期の楽曲をメドレーでつなぎ、先日発表された3rdアルバム『ハレンチ』収録の「ディスタンス」を披露。ダンサーたちはステージ上でペアになり優雅なワルツを踊る。まるで「THE PRINCESS PROJECT – FINAL - 」というパーティーに招待されたオーディエンスをもてなしているかのようだ。その様を玉座から見下ろしていたちゃんみなも、やがてダンサーにエスコートされて階段を降りてくる。

「I’m a Pop」「美人」とヒット曲を続け、「日本武道館のステージに立つことができました。みなさまのおかげです。心からの感謝を伝えさせてください。みなさまのために、幼い頃の私のために、心を込めて歌わせていただきます」と最初のMCをしているあいだに、センターステージにはLEDの板でつくられた電話ボックスが登場。「Call」のイントロとともに電話ボックスに幻想的な映像が映し出される。ちゃんみなが中に入ると、ステージ横の大スクリーンには電話ボックス内に設置されたカメラを通したちゃんみなの姿が映される。電話ボックスの中と外の両方でパフォーマンスを楽しめるわけだ。この演出は、かつて彼女が閉じられた空間で孤独な時間を過ごしながら書きつづられた曲が、電話線を通して自分だけの耳元に届くように、今まさに多くの人々の心に届けられているさまを表現しているようだった。

続いて「CHOCOLATE」ではダンサーたちと踊りながらフロアに語りかけるように歌い、視線を送り、手を振る。このようなオーディエンスとの親密なコミュニケーションは、2017年の初ライブから現在まで一貫して続けられてきたものだ。ラスサビではステージにダンサーたちと一列に並び、多幸感溢れる前半のハイライトになった。

ちゃんみな照明を落としてぐっと雰囲気を変えたポエトリーリーディング調の「想像力」では、彼女の半生を振り返るようなアニメーションがLEDスクリーンに映し出され、ラスサビでは大量のスモークが彼女を包み隠す。その煙が引いた時、ステージに彼女の姿はない。次に彼女が現れるのは大階段の上だ。黒いドレスに身を包み、スタンドマイクで「She’s Gone」を熱唱。続く「As Hell」「You made me」「ダリア」ではステージで火柱が吹き上がり、フロアに炎と油の匂いが漂ってくるほどだった。

J-POPに最接近した最新作「ハレンチ」「太陽」では、愛用のギター「ジュリー」を片手にロックスター然としたステージングを披露し、アウトロではバンドの演奏を背景に、息を呑むようなエアリアルティシューが繰り広げられる。もはや音楽ライブの概念を超えた展開に、フロアからは大きな拍手が起きた。

この日、もっとも意外な反応をフロアから引き出したのは、「ホワイトキック」が始まった瞬間だったかもしれない。というのも、ちゃんみなが猫耳とキャットグローブをつけて登場したからだ。そのキュートな姿を見た瞬間、声を出せないオーディエンスは大きな拍手で応え、同じく猫になったダンサーたちとじゃれ合い腰をくねらせるさまに悶絶しているようだった。

チャンみな悶絶させた後は「Doctor」「Picky」で踊らせ、さらには「ボイスメモNo.5」で盛り上げる。「BEST BOY FRIEND」とその続編的な「Never」で恋人役のダンサーと絡み合うのはこれまでのライブでも定番だったが、回転ベッドの上でのセクシーなやり取りは、おそらくちゃんみな史上もっとも過激だっただろう。オーディエンスが拍手もできずに見入ってしまう展開で、マスクの下から発せられるうめき声のようなものがそこかしこから聞こえた。

「君からの贈り物」ではバブルの時代を思わせるようなオーバーサイズ&ハイウエストのセットアップにサングラス姿という出で立ちで現れ、ダンサーたちと景気の良いダンスを踊る。ステージにはミラーボールが、スクリーンにはカラオケの本人映像風にアレンジされた映像が映され、コロナ禍でなければ武道館は巨大ディスコと化していただろう。演奏後のスクリーンに「消費カロリー1015kcal」と表示された時には、多くのオーディエンスのマスクの奥で笑いが起きた。

その後「Angel」「Never Grow Up」と人気曲を続けてフロアの熱を上げたところで、多くのファンが気になっていたことを語り始めた。

「物心ついた頃から歌手になりたくて、いろんな人に助けられ、傷つけられ、愛し愛されてきて今があります。こんな私でもここに立てるんだから、みなさんならもっとすごいことができると思います。 代官山での初ライブから始まって、PRINCESS PROJECTもこれで6回目で、今回がFINALです。FINALってどういうこと?と思ったかもしれないけど、私はどこにも行きません。ずっとみなさんのそばにいます。みなさんがそうしてくれたように、わたしもそばにいます。私はずっと”プリンセスになりたい”と思っていたけど、そこから先を目指したいなと思いました。だから、これは始まりであって終わりじゃないです。改めて、本当にありがとうございます。心から愛してます」

ちゃんみな本編ラストはアルバムに収録された新曲2曲。「東京女子」では東京の夜景を背景にエアリアルフープを披露し、「花火」ではステージで花火があがり、そうかと思えば天井からも花火がシャワーのように降り注ぎ、この夜につけられた火がステージとフロアの両方を照らした。

フロアからの拍手は止まることがない。アンコールでは「LADY」と「OVER」をメドレーでつなぎ、ダンサーたちが写ルンですやGoProで撮影しながらハッピーなムードに。ラストは「SAD SONG」。サビではオーディエンスも一斉にジャンプし、武道館が揺れた。

最後は出演者全員で一列に並んで挨拶したあと、「こんな素敵な人たちと作り上げてきた今日を一生忘れません。私はまだ夢を追いかけ続けます。みんなもどんどん大きな夢を追いかけて、一緒に生きていこうね」という言葉を残してちゃんみなは大階段をあがっていく。

そうして玉座に戻ると、スクリーンに映像が流れる。「THE PRINCESS PROJECT - FINAL - 」という文字の後に表示されるのは、世界各国の言葉による感謝の言葉だ。日本語、英語、フランス語、中国語、ポルトガル語、タイ語……と様々な言語で感謝の言葉が表示され、最後に彼女の顔のアップとともに映されたのは、母語である韓国語ーー。こうして「THE PRINCESS PROJECT – FINAL - 」は幕を閉じた。

さて、総括すると、本公演は、音楽と映像とあらゆる種類のダンスが織り交ぜられた総合的なエンターテインメントだった。その見せ方にも様々な工夫が凝らされ、単なる音楽ライブの範疇を超えていたと言えるだろう。ちゃんみなのライブは、2017年の初ライブにてダンサーとの物語を始め、2018年からの「THE PRINCESS PROJECT」では生バンドやエアリアルを取り入れるなど、回を追うごとに武器を増やしてきた。さらにはMV風ライブやストーリー仕立てのライブなど、見せ方にも毎回新しい要素を加えてきた。そうした蓄積がすべて集積され、なおかつアップデートされた集大成が本公演だったと言える。そして、それだけ披露すべき武器が多かったからこそ、武道館史上最大レベルのセットが必要だったのかもしれない。

最後に、ラストの演出について一言触れて本レポートを締めたい。アンコール時、去り際にスクリーンに映し出された多言語による感謝という演出は、いったい何を意味していたのだろうか? ひとつ仮説をあげるならば、日本語話者以外にも音楽を届けようという彼女の意気込みが反映されていたと解釈することができるだろう。

これまでの彼女の活動は、あくまでも国内に向けられたものだった。しかし音楽に国境はない。そう考えると、「THE PRINCESS PROJECT- FINAL -」とは、「ちゃんみな」が「CHANMINA」へと進化することを宣言した場だったのかもしれない。

ちゃんみなも公演中に語っていた通り、今回の日本武道館公演はこれまでのライブの集大成であると同時に、彼女の描く物語の新章の幕開けとも言える機会となったはずだ。10月13日(水)に発売された最新アルバム『ハレンチ』とともに、今後のちゃんみなの動向からも目を離さずチェックしていて欲しい。

【セットリスト】
1. Princess
2. 懐かしメドレー
(FXXKER 〜 未成年 〜 You can’t win me)
3. ディスタンス
4. I’m a Pop
5. 美人
6. Call
7. CHOCOLATE
8. 想像力
9. She’s Gone
10. As Hell
11. You made me
12. ダリア
13. ハレンチ
14. 太陽
15. ホワイトキック
16. Doctor
17. Picky
18. ボイスメモ No. 5
19. BEST BOY FRIEND
20. Never
21. 君からの贈り物
22. Angel
23. Never Grow Up
24. 東京女子
25. 花火

En1.メドレー
(LADY 〜 OVER)
En2.SAD SONG

「ハレンチ」Music Video
「太陽」Music Video

ちゃんみな オフィシャルサイト
ちゃんみな オフィシャルInstagram
ちゃんみな オフィシャルTwitter
ちゃんみな オフィシャルTikTok

[PR]
[PR]

クローズアップ


ライブ中継情報


アクセスランキング

  1. テレ東 松重豊×仲村トオル×岸谷五朗「第三の時効」横山秀夫サスペンス第3弾!あらすじと関連動画
  2. 【「イ・サン」を2倍楽しむ】(歴史背景、全話あらすじ、キャストの魅力など)
  3. NHK「アンという名の少女3」第1話あらすじと見どころ: 知りたい秘密!S2最終回から始まる愛と夢とルーツ探しの旅
  4. 【「善徳女王」を2倍楽しむ】(歴史背景と全話あらすじ、キャストの魅力など紹介)
  5. 「ノクドゥ伝~花に降る月明り~」第19-最終回(20話)あらすじと見どころ:想定外の謀反の結末!BSフジ

カテゴリーから番組を選ぶ新着情報

ニュースニュース

エンタテインメントエンタテインメント

ドキュメンタリー・情報ドキュメンタリー・情報

趣味趣味

知識・教養知識・教養

観光観光

ショッピングショッピング

学ぶ学ぶ

全11,596タイトル、  85,981作品!